「インハンド」第9話|黒幕登場、BSL4施設をめぐる福山と瀬川の繋がり

ドラマ「インハンド」

「インハンド」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS金曜10時「インハンド」第9話。

ついに瀬川が浮上してきた~。
利重剛さんの悪い顔が最高です。

最終回に向けて文字通り役者が揃ってきた感じで、ワクワクします。

第9話のあらすじとキャスト

第9話のあらすじ

  • 紐倉(山下智久)の研究所に高家(濱田岳)の母・良子(宮崎美子)がやって来る。高家の恩師であり、地元・相羽村唯一の病院で院長を務める陽子(市毛良枝)が入院していることを知った高家は、紐倉と共に陽子が入院する台田病院を訪ねる。
  • 陽子の担当医は、かつて高家に懲戒解雇を言い渡した黒野院長(正名僕蔵)だった。黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉と共に調査に乗り出す。
  • 一方、牧野(菜々緒)らSM対策室のメンバーは、フューチャージーンのCEO・福山(時任三郎)が秘密裏に進めている〝メディカルセンタープロジェクト〟について調査していた。福山は厚生労働省の瀬川(利重剛)の後ろ盾を得て、危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設を建設しようとしていた。
  • 陽子がセリアック病にかかってることを知った紐倉と高家は、陽子を別の病院に移し、入谷(松下優也)の未完成の論文をもとに治療を施す。牧野は福山が陽子の治療に非協力的だったことに疑念を抱き、陽子について調査する。
  • 陽子は瀬川が購入しようとしていたBSL4施設の建設予定地の地主のひとりで、施設の建設に反対していたことがわかる。瀬川は陽子が喘息の発作で倒れたのをいいことに、自分の息がかかっている台田病院に入院させ、黒野院長に命じて密かに抹殺しようとしたのだった。
  • その頃、瀬川は相羽村の土地を手に入れていた。福山は緊急会見を開き、栃木県相羽村にBSL4施設を建設することを発表。栃木県は次期首相と噂される大物政治家・金子盛夫(内場勝則)の地盤で、瀬川の裏で糸を引いていたのは金子だと判明する。

第9話のキャスト

紐倉哲……山下智久
高家春馬……濱田岳
牧野巴……菜々緒
御子柴隼人……藤森慎吾
網野肇……光石研

ゲスト
福山和成……時任三郎
小泉陽子……市毛良枝
高家良子……宮崎美子
福山新太……磯村勇斗

第9話の感想

紐倉博士が高家くんに遊ばれている……。
高家くん、完全に博士の性格を読み切っていますね。

夏蜜柑
高家母にどう対応していいかわからず、硬直する紐倉博士もよい。

今回は高家くんが辞めさせられた台田病院の黒野院長が再登場。

病院を辞めて医師という肩書きを失った高家くんと、肩書きに固執して医師としての矜恃を失った黒野院長の対比が気持ちよく描かれていました。

入谷さんと紐倉博士が共同執筆しようとしていた未完成の論文が、今回のセリアック病の治療に生かされるという展開も感動的だった。

入谷さんは亡くなったけど、これからも彼の研究が生かされれば、未来にも生き続けることになる。入谷さんもそれを望んでいるのでは。

物語は後半のクライマックスに突入。
フューチャージーンの福山、厚生労働省の瀬川、厚生労働大臣の金子の繋がりが明らかに。

しかし腹黒い瀬川と金子はわかるとしても、福山さんの目的が不明です。
金目当てとは思えないし……何かのっぴきならない事情があるのかな。

やはり第5話で語られた5年前の事件は、まだ終わっていないと考えるのが妥当かも。

福山さんはエボラウイルスの開発に関わっているようでした。
BSL4施設の建設を強引に進めるのも、そうせざるを得ない事情があるのでは。

この「BSL4」って最近なにかで聞いたなぁと思ったら、このニュース↓でした。

参考 夏にもエボラウイルス搬入、専用施設稼働へ日本経済新聞 電子版

タイムリーですね……。

※BSLはバイオセーフティーレベルの略で、ウイルスや細菌などの病原体を扱う施設基準。4はレベルの高さを示し、エボラウイルスなど最も危険な病原体に対応できる

次回が最終回かと思ったら残り2話らしいです。
最近11話までやってくれることあまりないので嬉しい。

しかし次回の予告を見るとタイトルが「裏切り者は誰だ!?」になっている……。

紐倉・高家・牧野の3人は盤石だよね?
ここは大丈夫だよね?

このドラマは、Paraviで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください

「インハンド」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「インハンド」 「インハンド」第5話|紐倉博士の悲しい過去と義手の秘密 ドラマ「インハンド」 「インハンド」第1話|寄生虫トリビアがグッとくる