「神の手」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

連続ドラマW「神の手」

「神の手」

どうも、夏蜜柑です。
2019夏ドラマの紹介です。

WOWOWの連続ドラマ「神の手」(全5話)。

現代日本に安楽死は必要なのか?“終末期医療における安楽死の是非”という近い将来に起こりうるかもしれない重大な社会問題を真正面から取り上げながら、全ての人が迎える“人生の終焉”に問いかける社会派医療サスペンス。(公式サイトより)

原作は、現役医師でベストセラー作家の久坂部羊さんの小説『神の手』。

椎名桔平さんが久坂部作品の主演を務めるのは、2015年に放送された医療ドラマ「破裂」以来2度目となります。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2019年6月23日(日)から毎週日曜夜10時~【全5話】
  • 原作:久坂部羊『神の手』
  • 脚本:田中洋史(「予告犯-THE PAIN-」「Re:Mind」)
  • 監督:兼重淳(「キセキ-あの日のソビト-」「泣くな赤鬼」)
  • 音楽:横山克

あらすじ

腕利きの外科医・白川泰生(椎名桔平)のもとに、21歳の古林章太郎(葉山奨之)が診察にやって来る。章太郎は肛門がんと診断され手術の後退院するが、数カ月後に転移が判明。がんが進行し悪化するにつれ耐え難い痛みに苦しみ、回復の見込みはなくなっていった。その状況に付き添っていた伯母の晶子(坂井真紀)も精神的に追い込まれ白川に安楽死の処置を懇願。白川はそれを拒否し、章太郎に寄り添い懸命に治療を行なうも、手の施しようがなくなる。そしてついに、苦悩の末、安楽死の処置を行なう。しかし章太郎の死を知った母親でジャーナリストの康代(鈴木砂羽)により白川は告発されてしまう。
白川の行為は殺人か過失致死かと連日取り沙汰される中、すでに議論されていた安楽死法案の成立が現実味を帯びる。その背後で日本の医療改革を企てる団体、さらに反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流にのみ込まれていく。(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、久坂部羊さんの長編小説『神の手』(2010年刊)です。

著者はベストセラー作家であると同時に現役の医師でもあり、これまでも「廃用身」「破裂」など現代医療を題材にした作品を数多く発表されています。

登場人物(キャスト)

武蔵野総合医療センター

白川泰生……椎名桔平
腕利きの外科医。患者からの信頼も厚い。苦渋の選択で章太郎に安楽死の処置を施す。

山名啓介……杉本哲太
白川と同僚の外科医。今の医局制度に不満を持ち、医療行政の改革を目的とした団体〈ジャモ〉に入会する。

和田登紀夫……矢島健一
院長。保守的な考えの持ち主。白川の安楽死処置を糾弾する。

安楽死法案推進派

新見偵一……北村有起哉
心臓外科医。医療行政の改革を目的とした団体〈ジャモ〉を設立し、山名ら医師を取り込む。

柴木香織……芦名星
フリーの麻酔科医。〈ジャモ〉で新見の右腕となり補佐する。ジャモ副会長。

村尾由美子……河井青葉
仁武レジェンド製薬・MR。新見の考えに賛同し、〈ジャモ〉に入会する。

佐渡原一勝……近藤正臣
元内閣総理大臣。政界を引退後も大きな力を持つ。〈ジャモ〉の後見人となる。

安楽死法案反対派

大塚彰彦……井上肇
東京三田橋病院の医師。安楽死の法制化に反対する団体〈阻止連〉を立ち上げる。

古林康代……鈴木砂羽
古林章太郎の母。ジャーナリスト。息子・章太郎の安楽死を巡り、白川を告発する。

青柳公介……忍成修吾
ジャーナリスト。康代とともに、メディアを通じて白川を追及する。

そのほかの人々

古林章太郎……葉山奨之
白川の患者。肛門がんと診断され手術を受けるが、数か月後に転移が判明。21歳の若さで亡くなる。

古林晶子……坂井真紀
章太郎の伯母で、育ての親。苦しむ章太郎の姿を見て精神的に追い込まれ、白川に安楽死処置を懇願する。

本村雪恵……星野真里
横浜南部市民病院の看護師。かつて白川の下で働いていた良き理解者。

平野孝夫……正名僕蔵
警視庁捜査一課の刑事。白川の安楽死処置を殺人容疑として取り調べる。


ほかの記事を読む?

「長閑の庭」 長閑の庭|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・原作 「グッド・ドクター2 名医の条件」 「グッド・ドクター2 名医の条件」第5話・第6話|ショーンとリアが同居