「警視庁捜査資料管理室(仮)」第5話|監禁された明石、どうなる?

ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」

「警視庁捜査資料管理室(仮)」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
BSフジ月曜深夜「警視庁捜査資料管理室(仮)」第5話。

今回は、2017年の「中央区女子大生監禁事件」。
「勘弁してほしい」とか言いつつ、やっぱり妄想にハマる明石。

犯人は本当に小説家なのか?
2人は本当に付き合っていたのか?
ピーちゃんは本当にサクラちゃんなのか?

なぜピーちゃんは喋らないのか……?

夏蜜柑

今回も妄想推理が止まりません。

ふぐ丸

そして緊急事態発生。

以下、ネタバレを含みます。

第5話の概要

あらすじ

  • 明石幸男(瀧川英次)は、明後日に12才の誕生日を迎える娘・結佳(渡邉このみ)のために手紙を書こうとするが、何を書けばいいかわからず悩む。
  • 明石は娘が好きだったガチャピンとムックの絵を描くが、総務課庶務係の野添(小橋めぐみ)や、電話機交換員(遠藤史也)が描いた絵とは雲泥の差。落ち込んだ明石は先に仕事を終わらせることに。
  • 明石は、2017年2月に発生した「中央区女子大生監禁事件」の捜査資料をデータ化するが、やはり妄想推理が止まらなくなってしまう。
  • 資料によると、小説家・大瀬川守(宮島健)が大学生の神崎弥生(真上さつき)を電話で自宅に呼び、その後別れ話がこじれ、大瀬川が神崎を監禁殺害した後に自殺したとされていた。
  • だが、明石は大瀬川の自宅に設置されていたペット見守りカメラの映像から、大瀬川と神崎、そして発見者で大瀬川の担当編集者・敷島あかり(飯沼貴玖代)が三角関係にあったと妄想、敷島の犯行だと推理する。
  • 明石は先に手紙を書いてポストに投函しようとするが、うっかり電子レンジと電気ケトルを同時使用し、ブレーカーが落ちてしまう。電子ロックの扉も動かなくなり、部屋に閉じ込められる明石。
  • 暗闇の中で慌てふためいた結果、眼鏡を落として踏みつけ、スマホは手の届かない棚の下に入り込んでしまう。電話機は昼間やってきた電話機交換員が持ち去っており、Wi-Fiも繋がらず、外部との連絡手段が完全に断たれてしまう。

事件の関連人物

大瀬川守……宮島健

「中央区女子大生監禁事件」の被疑者。
65歳。小説家。

小説「青い桃」が某新人賞を受賞。その後はヒットに至らず。現在は新作執筆の傍ら、小説の書き方講座を担当。
若い女性とよく飲みに行っては連絡先を交換していた。
情緒不安定で、しょっちゅう「俺なんか死んだほうがいいんだよ」と言っていたらしい。

自宅で「サクラちゃん」と名付けたインコを飼っていた。
玄関にペット見守りカメラを設置していたが、スマホを持っておらず、打ち合わせ中は編集者のスマホを借りてカメラの映像をチェックしていた。

神崎弥生……真上さつき

「中央区女子大生監禁事件」の被害者。
22歳。大学生。

包丁で腹部を刺され、出血多量で死亡。
発見時、大瀬川と2メートルのロープで手首を繋がれていた。

自宅には大瀬川の小説がすべて揃っており、大瀬川に憧れて小説家を目指していたらしい。大瀬川の好きな「鳥」に関する書物をたくさん持っており、返却していないレンタルDVD(ヒッチコックの「鳥」)が残されていた。

敷島あかり……飯沼貴玖代

「中央区女子大生監禁事件」の第一発見者。
大瀬川の担当編集者。

大瀬川の自宅の玄関ホールに設置された“ペット見守りカメラ”をチェックしていて、大瀬川がインコにえさを与えないことを不審に思い、大瀬川宅を訪問、死体を発見した。

第5話の感想

面白いなぁ!
続きがめっちゃ気になる!

今回は、事件そのものがブキミで興味深かったです。
カメラに残ってた映像とか、ほんと怖かった。

夏蜜柑

かごめかごめはヤバいでしょ。

事件の前後はこう。

  • 2月14日 神崎訪問
  • 2月15日 死亡(朝、かごめかごめを歌う)
  • 2月16日 発見(夕方、敷島が発見)

明石は、大瀬川、神崎、敷島の3人が三角関係だと推理したようだけど、根拠がイマイチだよねぇ。付き合う女性に合わせて鳥の名前を使い分ける必要ある……?

そもそも、大瀬川と神崎が付き合っていたかどうかも怪しい。
男女の関係ではなさそうな気がする。

以下、気になった点。

  • なぜ、大瀬川は「かごめかごめ」を歌ったのか?
  • なぜ、神崎はヒッチコックの「鳥」を借りたのか?
  • なぜ、2人はロープで繋がれていたのか?
  • ピーちゃんとサクラちゃんは同じ鳥なのか?
  • 敷島は、神崎が訪問したことを知っていたのか?

もっとも気になるのが「かごめかごめ」ですよね。
次回、明石はこの歌に隠された暗号を解き明かすらしいけど。

ちなみに「かごめかごめ」の歌詞はこれ。

かごめかごめ
籠の中の鳥は
いついつ出やる

夜明けの晩に
鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ?

いつ聞いてもブキミ。

さらに、推理どころではない事態も発生。
不運と偶然が重なって、真っ暗闇の管理室(仮)に閉じ込められてしまった明石。

どうなるんでしょう?

 

「警視庁捜査資料管理室(仮)」は、FODプレミアムで視聴可能です

「警視庁捜査資料管理室(仮)」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」 「警視庁捜査資料管理室(仮)」第6話|暗闇の中の妄想&SOS ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」 「警視庁捜査資料管理室(仮)」第3話|転落死は事故か殺人か