「警視庁捜査資料管理室(仮)」第8話|娘の恋を妨害したい明石

ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」

「警視庁捜査資料管理室(仮)」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
BSフジ月曜深夜「警視庁捜査資料管理室(仮)」第8話。

明石と野添さんと柴田刑事が一緒に推理する一話完結ほのぼの編です。
「中央区青海ヶ丘小学校 上履き1/2入れ替わり事件」。

いつものように妄想推理に突っ走る明石ですが、女性2人からダメ出し&ツッコミのオンパレードで笑えます。

夏蜜柑

柴田刑事は優秀だなぁ。

ふぐ丸

頼もしい。

以下、ネタバレを含みます。

第8話のあらすじ

  • 明石(瀧川英次)は、別れて暮らす娘の結佳(渡邉このみ)から学校で起きた事件の解決を頼まれる。刑事課の柴田(向井地美音)と総務課庶務係の野添(小橋めぐみ)も参加し、3人で推理することに。
  • 昨日の朝、結佳たちが登校すると靴箱の上履きが半分入れ替わっていた。結佳は密かに想いを寄せる推理クラブの水田くんと一緒に聞き込みをし、その情報を明石に送ってきたのだった。
  • 娘にいいところを見せたい明石だが、事件を解決すれば娘と水田くんの仲が進展してしまう。激しいジレンマに襲われつつも、明石は柴田に事件解決に協力してほしいと訴える。
  • 柴田は適当な推理で結佳が真犯人だと言う。柴田は生徒のリストから被害者の共通項を探すことを提案するが、明石は勝手な妄想推理を繰り広げ、結論を出してしまう。
  • 明石は早速自分の推理を娘に送る。さらに柴田の「バスケ部のキャプテンに『絆は深まったか』と聞いてほしい」という頼みも受け入れ、娘に追加でメールを送る。
  • その後、娘から返信があり、事件の真相が解明する。犯人はバスケ部の部員たち。部員たちは顧問の先生の誕生日をサプライズで祝おうと、靴箱の上履きを借りて動画を撮っていたのだった。

第8話の感想

いつにもまして情報が多いので3回くらい見ました(笑)

柴田さんの意見もきかず、勝手な妄想推理を繰り広げる明石。
彼が導き出した答えは「陸上部の5人が授業で習った源平合戦を真似て、靴箱の上で八艘飛びをした」でした。

夏蜜柑

もちろん大ハズレ。

生徒の細かいリストを地道に洗っていた柴田さんは、被害者の中にバスケ部の部員が多いことに気づき、推理をひらめかせます。

バスケ部のみんなが作った、先生の誕生日を祝うサプライズ動画。
海が好きな先生のために、上履きを魚に見立てたんですね。

たまには日常のちょっとした事件を推理するのもいいですね。
誰も死なないし誰も傷つかないし、ほのぼのとして楽しいです。

明石、2人からほとんどまともに相手にされてないのに、ちっともめげませんね^^;

明石の娘・結佳ちゃんも面白い。
この事件で推理クラブ・水田くんへの恋は覚め、バスケ部のキャプテン・竹下くんといい感じになったようです。

ふぐ丸

明石の恨みを買った不幸な竹下くん。

上履きにバターがギュウギュウに詰められてたからといって結佳に近づいてはいけないとは思わないだろう。いやミカンをグイグイグイグイか。

次回はついにピーちゃんが喋る!?
最終回に向けて大きく動き出しそうな予感。

※明石を演じる瀧川英次さんのインタビュー記事が面白かったです↓

参考 「警視庁捜査資料管理室(仮)」瀧川英次、明石の几帳面な性格に「すごく自分自身と離れたキャラクターなので、逆にやりやすかった」ザテレビジョン

「警視庁捜査資料管理室(仮)」は、FODプレミアムで視聴可能です

「警視庁捜査資料管理室(仮)」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」 「警視庁捜査資料管理室(仮)」第9話・第10話|ピーちゃんの謎 ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」 「警視庁捜査資料管理室(仮)」第8話|娘の恋を妨害したい明石