獣になれない私たち第3話|スカッとさせてくれ!

「獣になれない私たち」あらすじ感想

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
日テレ水曜10時「獣になれない私たち」第3話。

どうにもこうにもならないですねー。
晶はただ自分の状況が辛い辛い言ってるだけで、本気で解決する気がないように見える。

彼女にとっては、今の状況を変えるよりもズルズル現状維持するほうがラクなのか?

ひとつひとつのシーンは面白くて、見入ってしまうんだけど。
最後まで見ても結局なんも好転しないので、妙に疲れてしまいます。

夏蜜柑

これ狙いなの?

ふぐ丸

ワンシーンでもいいのでスカッとさせてくれ。

以下、ネタバレを含みます。

第3話のあらすじ

  • 恒星(松田龍平)の事務所に300万の札束を持った男が現れ、粉飾決算へ加担するように迫る。断り切れず金を受け取るものの、そのままゴミ箱に捨ててしまう恒星。
  • 晶(新垣結衣)の部屋に京谷(田中圭)がスーツケース持参で転がり込んでくる。京谷のマンションに同居している元カノ・朱里(黒木華)に暴れられ、逃げてきたのだった。晶に癒やしを求める京谷に、何も言えない晶。
  • 朱里は、京谷の母・千春(田中美佐子)から届いた荷物を勝手に開け、千春が晶のために用意したお酢をオークションで売り、ペットショップで売っていた高価なウサギを手に入れる。
  • 恒星の事務所に叔父がやってくる。恒星の母親から手紙が届き、行方不明になっている兄・陽太を興信所に探してもらって欲しいと頼まれたと言う。恒星は陽太の会社の借金を助けたが、プライドを傷つけられた陽太はその直後に姿を消していた。
  • 特別チーフクリエイターに昇進した晶は、再び戦闘服を着て九十九(山内圭哉)と役割分担について話し合おうとするが、九十九に怒鳴り散らされ引き下がってしまう。
  • 千春は晶に送ったはずのお酢がオークションに出ていることを知り、京谷以外の人物に荷物が渡ったことを不審がる。晶と京谷は5tapで話し合うが、その様子を見た呉羽(菊地凛子)は2人の会話に割って入り、京谷を責め立てる。
  • 晶は思わず京谷をかばい、呉羽に言い返す。そうしないと自分が愛されていないと気づいてしまうから、と言う晶。恒星は晶を送っていき、呉羽は京谷とタクシーに乗って帰る。
  • 帰り道、恒星はなぜタイプでもない晶を誘ったのかを打ち明ける。その日、恒星は兄の陽太と言い争いになり、5tapで晶を見て優等生の兄にそっくりだと思ったと言う。大嫌いな兄に似ていたから、痛い思いをさせたかったのかも、と話す。
  • その頃、京谷のタクシーに同乗していた呉羽は、愚痴ばかりこぼす京谷に突然キスをする。

キャスト

深海晶……新垣結衣
根元恒星……松田龍平
花井京谷……田中圭
長門朱里……黒木華
橘呉羽……菊地凛子
上野発……犬飼貴丈
松任谷夢子……伊藤沙莉
佐久間久作……近藤公園
九十九剣児……山内圭哉
岡持三郎……一ノ瀬ワタル
タクラマカン斎藤……松尾貴史
花井千春……田中美佐子

第3話の感想

どいつもこいつも

「どいつもこいつも、謝ればいいと思うな!」とガッキーがキレていましたが。
「どいつもこいつも、めんどくさっ!」と言いたくなるわたし。

最後に呉羽が京谷にキスしたのは、「いっちょアタシが起爆剤になったろか」という気持ちなんですかね?

いや、それはないか。
呉羽は本能で動く人だもんね。

でもどっちにしろ、何かが変わりそうです。
そうでもしないと、ずーっとズルズルしそうだもんねぇ、この2人。

2人とも、もうお互いのことそんなに好きじゃないでしょ。
京谷は甘えてるだけだし、晶は自分から言い出せなくて、惰性で付き合ってるだけだと思う。

相手や周りの人を傷つけたくないのかもしれないけど、そういうのズルいよなぁ。

夏蜜柑

全然優しくなんかないと思う。

戦闘服では変われない

晶はもう戦闘服に頼るのやめればいいのに。
外見だけ変わっても、結局なにも変わらないって、自分でもわかってると思うんだけど。

仕事も辛いし、恋も辛い。
おもわず電車に飛び込んでしまいそうになるくらい。

夏蜜柑

でも、変えられないんだよね。

「言われなくてもわかってます」
「わかっててもできない人間がいるんです」

じゃあ勝手にすれば、としか言いようがないよねぇ。
だって本人にその気がないんだから。

周りが相談に乗ろうとしても、手を貸そうとしても、たぶんなんだかんだ理由をつけて断るんだろう。

最初は応援する気満々だったけど。
ここまで同じことを繰り返し見せられると、だんだん「勝手にすれば」としか思えなくなってきた。

夏蜜柑

ちょっとしつこい気がする。

ストーリーがない

このドラマを見てて、野木さんの脚本にはキラキラ系の映像のほうが似合うのかもしれないなーと思った。わたしは苦手だけどね。

暗めの映像では、そこここに漂う「オシャレ感」が伝わりにくい(大人っぽくはあるけど)
内容がストレス満載なので、映像はキラキラにしたほうがよかったかも。

ふぐ丸

そういう問題じゃない気もするが。

このドラマに「スカッと」を求めるのは間違いかもしれないけど、ずっとモヤモヤする展開が続くと疲れる。登場人物の誰にも共感できないところもしんどい。

ハッキリ言ってしまうと、ストーリーが面白くないんだよね。
というか、ストーリーがないに等しい。

夏蜜柑

これから派手な動きがあるのかしら。

ふぐ丸

わからん。このドラマはわからん。

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「獣になれない私たち」あらすじ感想 「獣になれない私たち」第4話|橘カイジをググらせないのはナゼ? 「獣になれない私たち」あらすじ感想 獣になれない私たち第1話|ラブコメ?ブラックすぎる始まり