「獣になれない私たち」第6話|呉羽が結婚した理由

「獣になれない私たち」あらすじ感想

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
日テレ水曜10時「獣になれない私たち」第6話。

今回は呉羽さんの秘密が明らかになりました。

夏蜜柑

ようやくひとつ、モヤモヤが解消したぁー!

でもまだ「橘カイジ」の正体は謎のまま。引っ張るねぇ。

晶がだいぶ言いたいこと言うようになりましたね。
京谷ともちゃんとケンカできてよかった。

最近の晶は怒ったり泣いたり、感情が激しく揺れ動いて、笑顔で取り繕えなくなってますね。よい兆候だといいのだけれど。

恒星と話しているときの晶が、いちばん好きです。

以下、ネタバレを含みます。

第6話のあらすじ

  • 晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の路上キスを目撃した呉羽(菊地凛子)は、上機嫌で2人を夫・橘カイジのパーティーに誘う。恒星は晶と約束があると嘘をついて断る。
  • 翌日、恒星はパーティーに参加した三郎(一ノ瀬ワタル)から、2人は偽装結婚らしいと聞く。恒星は独自に調査し、呉羽が以前の事務所から契約違反で訴えられていたことや、橘カイジの会社が呉羽の事務所と提携していることを知る。
  • 朱里(黒木華)は京谷の荷物の中から晶の住所を調べ、晶の家を訪ねるが、留守だったため「5tap」へ立ち寄る。そこで「橘カイジ」について語る恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)の話に割って入る。
  • 晶の会社が京谷(田中圭)の勤める会社のECサイトを任されることになり、懇親会が開かれる。晶と京谷が気まずい空気を隠そうとする中、晶の後輩・松任谷(伊藤沙莉)と京谷の後輩・筧(吉村界人)が一触即発の状態に。
  • 京谷と2人きりになった晶は、恒星との路上キスにふれ、京谷を怒らせてしまう。晶は呉羽に会いに行き、「呉羽さんのせいだ」と怒りをぶつける。呉羽は泣き出した晶を抱き締め、「疲れちゃうね」と言う。
  • 呉羽は晶に、橘カイジと結婚した理由について語る。少し前に子宮全摘手術を受けたという呉羽。それは呉羽にとって大事なことだったにも関わらず、恒星には話せなかったと言う。
  • 呉羽の話を盗み聞きした恒星は、苛立ちを隠せない。恒星が呉羽を好きだと知った晶は、「橘カイジに会ってみたら?」と言う。その頃朱里は、晶の自宅に届いた千春(田中美佐子)からの荷物を受け取っていた。

キャスト

深海晶……新垣結衣
根元恒星……松田龍平
花井京谷……田中圭
長門朱里……黒木華
橘呉羽……菊地凛子
上野発……犬飼貴丈
松任谷夢子……伊藤沙莉
佐久間久作……近藤公園
九十九剣児……山内圭哉
岡持三郎……一ノ瀬ワタル
タクラマカン斎藤……松尾貴史
花井千春……田中美佐子

第6話の感想

呉羽が結婚した理由

「呉羽と橘カイジは偽装結婚らしい」という噂を耳にして、いてもたってもいられない恒星。

この時の恒星のらしからぬ慌てぶりが、呉羽への愛情を物語っていました。
絶対に手をつけようとしなかった黒いお金(例の300万円)を取り出すほどですから。

晶にどういう関係かを訊かれるたびにお茶を濁していたのは、恒星が呉羽を「本気で好きだった」からなんですね。相当シャイですね。

呉羽は、偽装結婚を否定しました。

子宮全摘手術を受けていたことを、恒星に黙っていた呉羽。
子供が産めなくなったことは、彼女にとって軽々しく口にできることではなかった。

その時、気づいてしまったんですね。
恒星が、自分にとって大事なことを話せる相手ではないことに。

夏蜜柑

子供が産めなくなったことを話せないっていうのは…キツいね。

でも、夫には話せた。

橘カイジがどういう人かは、まだわかりません。
呉羽が結婚した理由も、まだほかに何かあるかもしれません。

だけど、呉羽が橘カイジに救われたことは確かだと思う。

笑わなくなった松任谷さん

これまで、嫌なことは全部晶に押しつけて、ヘラヘラ笑ってモグモグしていた松任谷さんですが。

今回の彼女、ほぼ笑ってません。

社内に録音機能付き監視カメラが備え付けられ、戦々恐々とする彼女。
食事会では、京谷の空気読めない後輩・筧の発言にブチ切れてイライラ。

これは、彼女が「他人ごと」で処理できなくなった証ですよね。
そういえば前回も、晶がぶっ壊れたことに、彼女だけが気づいていました。

この人、空気読めるし勘も鋭いし、意外と晶よりリーダーに向いてるんじゃないかと思うんですけどね……。

夏蜜柑

いや、期待するのはやめておこ。

朱里、5tapに現る

なぜか晶の家を訪ねる朱里。

京谷は朱里に「愛じゃなかった」と一方的に告げてマンションを譲って「終わらせた」つもりのようだけど、朱里にしてみれば「まだ終わってない」んでしょうねー。

晶が留守だとわかり、5tapに立ち寄る朱里。

橘カイジについて語る恒星とタクラマカンに割って入り、前回、ゲームを終えると現れた「Welcome to the new world.」について熱く語っていました。

朱里によると、橘カイジは「たっちん」というあだ名で呼ばれているそうで。
朱里が飼っているウサギの名前「たっちん」は、そこからとったらしい。

そこへ晶が現れたので急遽トイレに隠れ、その後逃げ帰ってしまったのですが。

夏蜜柑

晶に会うために来たんじゃなかったの?

朱里は、晶と戦うつもりなんでしょうか?
そうなったら面白いけど、今の朱里には何の武器もないしなぁ。そんな無謀なことはしなさそう。

予測不能。
次回、朱里が何をするのか楽しみです。

朱里は、橘カイジの会社に就職できたらいいのにねぇ。
IT企業だから、フレックスタイム導入してそうだし。

そううまくはいかないか。

余談ですが。
このページで使用しているタイトル写真について。

特に意味もなくウサギを選んだんですよね。
その時は、このドラマにウサギが登場するとは予想もしてなかったので。

うれしい偶然にニンマリしています。

 

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「獣になれない私たち」あらすじ感想 「獣になれない私たち」第7話|京谷と別れた晶が最後に手にするものは? 「獣になれない私たち」あらすじ感想 「獣になれない私たち」第5話|岡持三郎の存在理由は何?