「獣になれない私たち」第8話|染み込む系・橘カイジが教えたこと

「獣になれない私たち」あらすじ感想

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
日テレ水曜10時「獣になれない私たち」第8話。

自然体の晶が気持ちいいです。
京谷にも気を遣わずに素で話していますし。

朱里とも意気投合し、ひとり置いてけぼりの京谷。フフフ。

今回は恒星とお兄さんの因縁の関係が明らかに。
兄弟喧嘩がくだらなすぎて、笑っちゃいました。

夏蜜柑

橘カイジ、ついに登場。

ふぐ丸

まさかのあの人。

以下、ネタバレを含みます。

第8話のあらすじ

  • 晶(新垣結衣)はいざというときのための退職願を用意し、業務改善に向けて積極的に動き出す。社長の九十九(山内圭哉)はSEの佐久間(近藤公園)に「経営者に向いてない」と言われ意気消沈。新しいスタッフの採用を晶に任せると言う。
  • 面談の日に現れたのは、京谷(田中圭)の元カノ・朱里(黒木華)だった。お人好しの晶ならなんとかしてくれると思ったらしい。朱里が晶の知り合いだと聞いた九十九は、その場で採用を決めてしまう。
  • 恒星(松田龍平)は、福島の避難指示区域内にあった実家を解体することを決める。そこへ、失踪していた兄の陽太(安井順平)が酔っ払いのサラリーマンから金を盗もうとして警察に捕まったという連絡が入る。
  • 父親の後を継いで海産物の加工工場を経営していた陽太は、震災で風評被害に遭い借金を重ねたあげく倒産。恒星が借金を肩代わりしたことでプライドを傷つけられ、失踪していた。陽太の身元引受人となり、事務所に連れて帰る恒星。晶は恒星が兄を毛嫌いする理由を聞き、「男のプライドって面倒くさい」と呟く。
  • 呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジ(飯尾和樹)が突然「5tap」に現れる。子供のように無邪気にゲームへの夢を語るカイジに、恒星は思わず「成功者の戯れ言ですよ」と八つ当たりする。
  • 恒星は陽太を妻子の元へ連れて行こうとするが、喧嘩になってしまう。どこへぶつければいいかわからない怒りを兄にぶつける恒星。陽太は妻子の元へ戻り、恒星は解体業者から送られてきた更地の写真を見て涙ぐむ。
  • 事務所に戻ると、晶が待っていた。恒星と陽太が子供の頃に夢中になったというボードゲームをネットオークションで手に入れ、2人を対決させようと意気込む晶。恒星は「兄弟対決は終わった」と告げ、晶とゲームを楽しむ。

キャスト

深海晶……新垣結衣
根元恒星……松田龍平
花井京谷……田中圭
長門朱里……黒木華
橘呉羽……菊地凛子
上野発……犬飼貴丈
松任谷夢子……伊藤沙莉
佐久間久作……近藤公園
九十九剣児……山内圭哉
岡持三郎……一ノ瀬ワタル
タクラマカン斎藤……松尾貴史
花井千春……田中美佐子
橘カイジ……飯尾和樹

第8話の感想

今回の大きな動きは、以下の通り。

  1. 恒星が福島の避難指示区域内にあった実家を解体する
  2. 恒星の兄・陽太が見つかる ⇒ 兄弟喧嘩の末に妻子のもとへ戻る
  3. 恒星が橘カイジと初めて会う
  4. 晶が業務改善に向けて積極的に動き出す
  5. 朱里が晶の勤務先に就職する ⇒ 晶と仲良くなる
  6. 京谷が晶の職場で朱里に会う

楽しいシーンが多くなってきたなぁ。
晶の職場のシーンも笑えるようになってきた。

九十九社長に「経営者に向いてない」とダメ出しする佐久間さん、いいわー。

夏蜜柑

九十九社長、意外と打たれ弱いのね。

生き残りゲームも懐かしい。
うちにはなかったけど、親戚の家でやった記憶がうっすらと。

染み込む系・橘カイジが教えたこと

第4話から引っ張りまくった橘カイジ、ようやく登場です。

スタイリッシュな呉羽が惚れ込むくらいだから、シュッとした人を想像してました。
クールでミステリアスな感じの。

夏蜜柑

飯尾さんは予想外だったなぁ。

ふぐ丸

呉羽いわく「染み込む系」。

人は限られた情報だけで、勝手に想像してイメージを作り上げてしまう。

橘カイジに対するイメージ。
ゲームに対するイメージ。
夢に対するイメージ。
恒星のお兄さんに対するイメージ。

福島に対するイメージ。

橘カイジは、夢と希望を信じて邁進するエネルギッシュな人。
作り上げたゲームを終わらせて、新しいゲームで会社を作り直すと意気揚々と語る。

そんな橘カイジの言葉に、憤りを隠せない恒星。
恒星はさらっと「作り直せばいい」なんて言えないのだ。

壊れたものが簡単には元に戻らないことを、知っているから。

行き場のない怒り

恒星は福島の実家を解体しました。
避難指示区域内だったため長い間人が住めず、荒れ放題になっているのです。

生まれ育った家や土地が荒れ果てる。
それも突然の不可抗力で奪われたのだから、割り切れませんよね……。

「ホントに苦しいのは、敵が誰かわからないことですよ。誰に一矢報いたらいいかわからない。誰に怒ったらいいかわからない。消化できない怒りのことですよ」

経理部長の着服を内部告発した社員に、そう語った恒星。

わたしはこれまで、会社を潰したのはお兄さんだと思っていました。
でも違いました。倒産したのは、お兄さんのせいじゃなかった。

震災による原発事故の影響で、風評被害にさらされたからでした。

兄弟対決は終わった

兄が嫌いな理由をとつとつと晶に語る恒星。

夏蜜柑

前にも酔って話してるんだけどね。

この兄弟の不仲には、何か深刻な事情が絡んでいるに違いない。
……と、また勝手な想像を繰り広げてました、わたし。

実際は、「エッ、そんなしょうもないこと?」と拍子抜けするほど、些細なことで。

子供の頃「生き残り頭脳ゲーム」でわざと手を抜いて負けたとか。
小学生の時に生徒会長の弟だからって理由で飛び蹴りされたとか。

高校の時に彼女を寝取ったとか寝取られたとか。
学校をサボって映画を見に行ったのを親父にチクったとか。

夏蜜柑

いちいちリアルでくだらなくて笑ってしまった。

「誰に怒ったらいいかわかんないから、お互いに向き合って怒るしかないんだって」

怒りをぶつけられる相手がいることは、幸せなことかもしれない。

恒星は「兄貴だったら涙のひとつも流したかも」って皮肉っぽく言ってたけど、行き場のない怒りを溜め込んで、失ったものに心を残して泣いたのは恒星だった。

お兄さんを家族のもとへ送り届けた帰り道、バスの中で、解体業者から送られてきた写真を見る恒星。
更地になった土地を見て堪えきれずに泣くシーンは、胸を打たれました。

お兄さんとの関係は修復されたけど、例の黒いお金の件はまだ片がついていません。
恒星はお兄さんに、粉飾に手を染めてしまったことを言いませんでした。

大熊さんの内部告発の行方も気になるところ。

恒星はどこに再生の道を見いだすのか。
橘カイジは恒星にとって救世主になるのか。

京谷と朱里と晶の関係も、ちょっと面白くなってきました。

 

「獣になれない私たち」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「獣になれない私たち」あらすじ感想 「獣になれない私たち」第7話|京谷と別れた晶が最後に手にするものは? 「獣になれない私たち」あらすじ感想 「獣になれない私たち」第6話|呉羽が結婚した理由