NHKドラマ「小吉の女房」登場人物(キャスト)・あらすじ

BS時代劇「小吉の女房」

「小吉の女房」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019冬ドラマの紹介です。

沢口靖子さん主演の時代劇「小吉の女房」(BSプレミアム)。

貧乏旗本の妻・沢口靖子
そして、破天荒な夫・古田新太
明るく笑えて、ときにほろ苦い。斬新なホームドラマ時代劇!(公式サイトより)

沢口さんが演じるのは、貧乏旗本・勝小吉の女房、お信。
勝小吉(古田新太さん)は、幕末の立役者・勝海舟の父。

小吉は喧嘩好きで腕っぷしが強く、直参でありながら「不良旗本」として恐れられたそうです。

その破天荒な生涯は自伝「夢酔独言」で垣間見ることができるのですが、女房のお信についてはほとんど書かれていないとか。今回のドラマは小吉でも海舟でもないく、そのお信が主人公。

夏蜜柑

幕末間近の江戸・本所を舞台に繰り広げられる時代劇ホームドラマです。

番組概要

  • 放送局:NHK・BSプレミアム
  • 放送時間:2019年1月11日(金)から毎週金曜夜8時~【全8回】
  • 脚本:山本むつみ(「ゲゲゲの女房」「八重の桜」「コウノドリ」)
  • 音楽:荻野清子
  • 演出:清水一彦/宇喜田尚/井上泰治

あらすじ

江戸時代、幕末間近の天保期。貧乏旗本・勝家の女房・お信(おのぶ)は、毎日お金の苦労をしながらも、無邪気な笑顔も絶やさない。身分にとらわれず、人に分け隔てがなく、度胸の良さも満点だ。 夫は、勝小吉(かつ・こきち)。生来の無鉄砲。腕はめっぽう強く、頼まれたら嫌とは言えない。 お信は、そんな小吉が愛おしくてたまらない。お信の明るさとのんきさ、知恵や機転が、トラブル続きの小吉を支える。そして両親を冷静に見守るのが、跡取り息子の麟太郎(りんたろう)。利発で聡明。母から身分を超えた博愛を、父から義侠心をもらい受け、やがて「勝海舟」として江戸の人々を救うことに…。(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※第4話までのネタバレを含みます

お信……沢口靖子
代々徳川家に仕えていた直参・勝家の家付き娘。小吉を婿養子に迎え、貧乏な勝家の家計をやり繰りしている。天真爛漫で明るい性格。一人息子の麟太郎がお城に上がることになり、わが子の出世を喜ぶ裏で淋しさを隠せない(第2話・第3話)。

勝小吉……古田新太
勝家の婿養子。家督を継いで以降、役目に就けない幕臣たちの編入先・小普請組でくすぶっている。変わり者で、過去に2度も家出をしている。短気で喧嘩っ早いが卑怯なまねが大嫌いで、弱い者イジメは絶対にしない。
実家の父や兄の根回しで御徒士に取り立てる話が進むが、石川太郎左衛門の策略にはまり、潰れてしまう。以降、御番入りは諦めて息子の麟太郎に期待するようになる(第1話)。

勝麟太郎……福冨慶士郎(1~4回)/鈴木福(5~8回)
利発で聡明な勝家の跡取り息子。やがて勝海舟として江戸の人々を救うことに。トラブル続きの小吉とそれを支えるお信を冷静に見守る。城内の見学会で11代将軍・家斉の目にとまり、家斉の孫・初之丞の遊び相手として江戸城に上がる(第2話)。
初之丞が病を煩ったことから役目を解かれ、2年ぶりに下城する。その直後、犬に急所を噛まれて生死の境をさまようが、小吉の必死の看病で生還する(第4話)。

登勢……江波杏子
お信の祖母。娘夫婦を早くに亡くし、小吉をお信の婿養子として迎え入れる。小吉とはうまが合わず、毎朝嫌味合戦を繰り広げる。

利平次……石倉三郎
勝家の用人。お信と小吉が小さい頃から世話をしており、小吉の性格も気に入っている。勝家の全員を支え続けている。

巾着切りの銀次……小松利昌
小吉が市中で出会った巾着切り。他人の懐から財布を盗むところを小吉に見られ、返すように戒められる(第2話)。小吉と馬が合い、その後もたびたび小吉の家を訪ねてくる。小吉の家に上がって登勢に追い出されたことがあり、登勢のことを恐れている(第3話)。

男谷彦四郎……升毅
小吉の兄。小吉とは反対の真面目な性格で、優秀な幕臣。お信や麟太郎の身の上を心配し、小吉が早くお役目に就けるよう気を配る(第1話)。

お遊……高橋ひとみ
彦四郎の妻。しっかり者の彦四郎の妻らしく「夫の出世には妻の心遣いが大切」とお信に言い聞かせる。

石川太郎左衛門……高橋和也
御徒士頭。小吉の幼なじみで、小ずるく出世している旗本。幼い頃、貧乏な小吉を馬鹿にして、仕返しに小吉から痛めつけられたことがある。そのことを今も根に持っており、小吉が御徒士の役に就くのをひそかに邪魔する(第1話)。他家の女房をモノにしようと裏で画策したことが小吉の耳に入り、脅されて大金を支払うはめになる(第3話)。

中野碩翁……里見浩太朗
中野播磨守清茂。十一代将軍・徳川家斉の信頼篤い側近。一代で三百俵から九千石の大身旗本に出世した。“向島の隠居”と呼ばれる今でも登城を許され、幕府の影の実力者と目されている。
散歩中に麟太郎やお信たちとたびたび顔を合わせており、麟太郎が怪我をしたときは薬問屋に高価な薬を届けさせている(第4話)。

語り……春風亭昇太


「小吉の女房」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

BS時代劇「小吉の女房」 NHKドラマ「小吉の女房」第1話|勝海舟を育てたおかしな夫婦 NHK大河ドラマ「いだてん」 NHK大河「いだてん」第1回|今までにない大河ドラマ