「孤高のメス」第1話|緊張感みなぎるリアルな手術シーン

連続ドラマW「孤高のメス」

「孤高のメス」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマW「孤高のメス」が始まりました。

手術シーンが怖いくらいリアルです。

わたし血が苦手なので医療ドラマの手術シーンは直視できないことが多いのですが、みなぎる緊張感とリアリティに引っ張られてずっと目が離せませんでした。

夏蜜柑

一方で、当麻先生の優しさには癒やされる。

ふぐ丸

1989年の設定なのでちょっと懐かしい。

第1話のあらすじ

  • 1989年。アメリカ・ピッツバーグで肝移植の腕を磨いた外科医・当麻鉄彦(滝沢秀明)は、日本に帰国して先輩・島田光治(石丸幹二)が院長を務める地方の民間病院・甦生記念病院で働き始める。
  • 甦生記念病院は近江大から派遣された医師が半分を占め、難しいオペが必要な患者はすべて近江大に送る慣例になっていた。近隣からも「近江大の先生は横柄で親身になって診てくれない」と評判が悪かった。
  • 近江大の教授・卜部(利重剛)は、日本初の肝移植手術を実現させようと野望を抱く実川剛(仲村トオル)をスカウトし、御払箱になった野本(宮川一朗太)を甦生記念病院へ送る。島田は卜部の顔を立てるため野本を第2外科医長として迎え入れるが、野本は近江大の医師たちを牛耳って当麻を敵視するようになる。
  • ウィルソン病の患者が吐血し、緊急オペが必要となる。しかし患者の血液がRHマイナスAB型で輸血ができないとわかると、野本ら近江大の医師は手術に反対する。
  • 患者本人と家族が手術を望んでいることを知った当麻は、輸血なしで手術を行うと宣言。近江大の医師たちが協力を拒む中、当麻を尊敬する青木(工藤阿須加)は手術に立ち合い、無事に成功させる。

第1話の感想

面白かったです。
映画も見ていませんし原作も未読なので、どんな雰囲気の物語なのかわからなかったのですが、初回を見ただけですぐにいいドラマだとわかる完成度でした。

地上波の医療ドラマは刺激が強すぎて苦手なのですが、さすがWOWOWですね。
落ち着いたトーンの映像とリアルな手術シーンには引き込まれました。

滝沢秀明さんは「家族の旅路」のときもそうだったけど、華やかな外見なのに意外と地味な役がしっくりくるんですよね。今回の真面目で誠実な医師の役も、ハマっていると思います。

夏蜜柑

手さばきが本当のお医者さんのようでした。

時代設定が1980年代後半ということで、全体的に懐かしい雰囲気があります。
昭和から平成に変わる頃……わたしは10代後半でした。

山本美月さん演じる大川翔子が「看護婦」と呼ばれていたのも、そのため。
当時、女性は「看護婦」、男性は「看護士」として区別していたんですよね。

「看護師」という名称に統一されたのは、2002年3月から。変わった当初はなかなか慣れなかったけど、今では「看護婦」のほうが違和感がありますね。

翔子の髪型は当時流行していた「トサカ前髪」と「ワンレン」を再現したもの。
山本さん、思いのほか似合ってました。全然違和感ないわ。

当麻先生が勤める甦生記念病院は、滋賀県の田舎町にあるという設定のようです。

登場人物が標準語を喋る設定にしている点、大いに評価したいです。その土地の話だからって、必ずしも方言を喋る必要はないですしね。

夏蜜柑

むしろそのせいで変な空気になるほうが嫌。

野本先生(宮川一朗太さん)や、卜部教授(利重剛さん)、扇谷院長(本田博太郎さん)など、クセモノが勢揃いしているところに不穏なものを感じてしまう。人間関係がめんどくさいことになりそう。

仲村トオルさん演じる実川先生がどう絡んでくるのかも気になります。

「孤高のメス」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

連続ドラマW「孤高のメス」 「孤高のメス」第2話|立ち塞がる脳死問題の壁 WOWOW「盗まれた顔」あらすじ感想 「盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」第1話|実在する見当たり捜査員