「孤高のメス」第3話|実川と当麻が日本初の生体肝移植に挑む

連続ドラマW「孤高のメス」

「孤高のメス」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOW連続ドラマW「孤高のメス」第3話。

ちょっとややこしくなってきましたね。
裏でこそこそ暗躍するおじさんたち、悪い顔してますねぇ(褒めてます)

当麻先生と実川先生はこれ以上ないコンビですね。
2人にとっては大学とか病院とか、タテとかヨコとか、どうでもいいんですよね。ただ目の前の患者を助けたいだけで。

あんな小さな男の子がベッドの上で大量の血を吐いているシーンを見ると、ドラマとはいえ心が痛みます。助かるといいんだけど。

第3話のあらすじ

  • 当麻(滝沢秀明)は看護婦の翔子(山本美月)に頼まれ、父であり湖水町の町長でもある大川(長塚京三)を往診する。大川は3年前の健康診断で肝機能の異常を指摘されていたが、多忙を理由に検査を拒んでいた。大川は当麻に大企業の工場を誘致する計画を語り、検査を先延ばしにする。
  • 一方、近江大の実川(仲村トオル)は、先天性胆道閉鎖症である7歳の少年・空也を助けるため、生体肝移植を行おうとしていた。だがリスクを恐れる卜部(利重剛)は時期尚早と言い、肝移植実現に向けて突き進む実川に歯止めをかけるため、生命倫理委員会を立ち上げる。
  • 卜部は国立天満橋病院院長の扇谷(本田博太郎)に突然呼び出され、「なるべく早く肝移植を成功させたほうがいい」と告げられる。扇谷は次期院長の有力候補である徳武(六平直政)の対抗馬として卜部を推挙しようと考えており、そのためには有力な口実が必要だった。
  • 扇谷にけしかけられた卜部は、マスコミに知られないように内々で生体肝移植を行うよう実川に告げる。実川はドナーの父親の手術を当麻に依頼し、当麻は青木(工藤阿須加)に助手を頼む。
  • それを知った野本(宮川一朗太)は、その情報を新聞記者の上坂(三浦誠己)にリークする。さらに空也の容態が悪化し、手術日が早められることに。当麻は体調が悪いという熊本の母親を訪ねる予定だったが、予定をキャンセルして手術に挑むことになる。

第3話の感想

日本初の生体肝移植に挑む

いよいよ日本初の生体肝移植が実現することになりそうです。
前回も書きましたが、実際に日本で初めて生体肝移植が成功したのも、1989年でした。

ドラマでは、当麻先生と実川先生が成功させることになるのでしょうか。

ただ気になるのは、その手術を邪魔するような動きがあることです。
野本先生は新聞記者にリークしちゃうし(ホントにもう~)

当麻先生は熊本のお母さんを訪ねる予定だったんだけど、手術が早まって熊本に行けなくなってしまいました。これはかなり危険です。怖いです。フラグ立ちまくりです。

でも当麻先生の性格からして、空也くんの手術を後回しにはしないと思うし……。
次回は辛い展開になりそうだなぁ。

振り回される卜部教授

肝移植には反対だった近江大の卜部教授ですが、意外な形でGOサインを出しました。

国立天満橋病院の扇谷院長から、「肝移植が成功したら次期院長に推挙してもいい」と言われたからです。扇谷さんはなんで卜部教授に目をつけたかというと、彼が「生命倫理委員会」を立ち上げてニュースになったから。

その「生命倫理委員会」は、実川の成功を阻止したい野本が勧めたもので、肝移植の歯止めになる、という理由から設置したんですよね。決して、肝移植を推進するためのものではなかったんです。

それが扇谷院長の目にとまって、思いがけない出世の道が開けたワケだから、皮肉ですよねぇ。
っていうか、卜部さん、周りに振り回されすぎじゃありません?

腹黒そうに見えて、案外と素直な人なのかもしれませんねぇ。
他人の言うことを疑いもせずホイホイ聞いちゃって、言われるがままに動いてるところを見ると。

逆に言うと、自分の中に芯となるモノがないってことですけどね……。

扇谷役の本田博太郎も、卜部役の利重剛も、そして野本役の宮川一朗太さんも、嫌な役がめちゃくちゃ巧いですよね~。毎回ヤキモキさせられるけど、悪役合戦を楽しむのも面白いかも。

実川先生の暗い過去

実川先生の暗い過去が明らかになりました。
実川先生のお父さん、大学病院で肝臓の専門医だったらしいです。

だけど、教授に責任を押しつけられて医者を辞めることになり、その後、お酒の飲み過ぎで亡くなっていました。

「医者になんかなるな」とお父さんに言われたのに、医者を目指した実川先生。
実川先生は、お父さんとは違う「負けない医者」になろうとしていたんですね。

中学生のとき、村の医者の誤診でお兄さんを亡くした当麻先生と、ちょっと似ているような気がします。

大川町長のことも心配ですが、今は空也くんが助かってほしい。
次回、手術が成功しますように……。

「孤高のメス」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

連続ドラマW「孤高のメス」 「孤高のメス」第4話|息詰まるシーンの連続 連続ドラマW「孤高のメス」 「孤高のメス」第2話|立ち塞がる脳死問題の壁