「この世界の片隅に」第1話|すずの「あちゃー」顔が見たい

TBS日曜劇場「この世界の片隅に」感想

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜劇場「この世界の片隅に」第1話。

夏蜜柑

あまり期待してなかったけど、いい感じでした。
周作の正体、あっさりバラす。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第1話のあらすじ

  • 昭和9年。広島市江波に住む浦野すず(新井美羽)は、絵を描くのが大好きな少しぼーっとした女の子。お使いに出た帰り道に人攫いに遭うが、先に捕まっていた少年・周作(浅川大治)のおかげでなんとか一緒に逃げ出し、自宅に帰り着く。
  • すずは、祖母・森田イト(宮本信子)の家にこっそり忍び込んでいた貧しい少女・リンと出会う。すずはリンのためにスイカと着物を置いて帰るが、リンは乱暴な男たちに連れ去られてしまう。
  • 昭和18年秋。すず(松本穂香)を見初めたという青年・北條周作(松坂桃李)が呉から訪ねてくる。心当たりがないすずは戸惑うが、周作を気に入った両親は結婚をすすめ、話はトントン拍子に進む。
  • すずは不安を抱いたまま呉に嫁ぐ。北條家には周作の父・円太郎(田口トモロヲ)と足の悪い母・サン(伊藤蘭)、そして気の強い姉・径子(尾野真千子)がいた。

第2話の感想

日曜劇場らしからぬ落ち着いた雰囲気で、とてもよかったです。
主人公すずを演じる松本穂香さん、期待を裏切らないハマり役でした。

久石譲さんの美しい音楽は海を連想させ、この「今ではない現実」の世界を作り上げる重要な要素になっていたと思います。

演出も無理に泣かせにかかることなく、ナチュラル路線でほっと一安心というところ。

日曜劇場定番の歌舞伎演出は封印。

ふぐ丸

アニメ(漫画)と実写は別物なので、切り離して見ようとはするものの、やはり絶えず脳裏にアニメのすずさんの「あちゃー」顔がちらついてしまいますね。

夏蜜柑

松本穂香さんの「あちゃー」顔は見られないのかしら……?

松坂桃李さん演じる周作が初回であっさり正体をバラしちゃったことに驚きました(すずはまだ気づいてないけど)

映画では、最後に明かされるんですよね。
で、「え?そうなの?ええっ?」と驚いてるうちに終わって、すごい余韻が残った覚えがあります。

夏蜜柑

まぁ、わたしが最後まで気づかなかっただけかもしれませんが。

ともあれ、ドラマはドラマでよかったので、たぶん最後まで見ます。

感想は書かないかも。

ふぐ丸

created by Rinker
¥700 (2018/10/24 04:19:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,991 (2018/10/24 04:19:04時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

北條(浦野)すず……松本穂香
北條周作……松坂桃李
水原哲……村上虹郎
刈谷幸子……伊藤沙莉
堂本志野……土村芳
浦野十郎……ドロンズ石本
浦野すみ……久保田紗友
浦野すず(幼少期)……新井美羽
黒村晴美……稲垣来泉
白木リン……二階堂ふみ
黒村径子……尾野真千子
刈谷タキ……木野花
堂本安次郎……塩見三省
北條円太郎……田口トモロヲ
浦野キセノ……仙道敦子
北條サン……伊藤蘭
森田イト……宮本信子

現代編
近江佳代 ……榮倉奈々
江口浩輔 ……古舘佑太郎


新着記事を読む?

「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想 僕らは奇跡でできている第3話|山田さんの正体が気になる ドラマ「警視庁捜査資料管理室(仮)」 「警視庁捜査資料管理室(仮)」第4話|手がかりはブルーサファイア