ラストチャンス第6話|企む男たち、活躍しない女たち

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」

どうも、夏蜜柑です。
「ラストチャンス 再生請負人」第6話。

夏蜜柑

なんかめんどくさいことになってきたなぁ。
樫村の妻は何がしたいんだろう。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第6話のあらすじ

  • 樫村(仲村トオル)は、デリシャス・フード創業者の結城(池田成志)と会う。巨額の含み損を出した上、社員を捨てて逃げ出した結城に怒りを隠せない樫村。結城は樫村に「優良な資産ごとに会社を分割し、負債も分割してそれぞれに背負わせてはどうか」と提案する。
  • 山本(大谷亮平)が「新潟屋」の海外進出の話を持ってくる。樫村と佐伯(和田正人)は前向きに捉えるが、現在の状況に不安を抱く渋川(石井正則)は海外進出に反対する。
  • 「北京秋天」の業績が好転し、樫村は「閉店しない」という結論を下す。十和子(水野美紀)は8億円でデリシャス・フードの株55%を買いたいと言う。十和子に会った山本は、十和子に一目惚れしてしまう。
  • 宮内(椎名桔平)は大友(本田博太郎)を専務に迎え、樫村に新たな提案を持ちかける。大友の銀行時代の先輩である伊坂商事の小沢常務(竜雷太)がデリシャス・フードに興味を示していると言う。だが宮内と大友は樫村が直接小沢に連絡することに難色を示し、交渉は全て自分たちに任せてほしいと言う。
  • 樫村の妻・明子(長谷川京子)は、ちとせ菱光銀行の港南支店でパートを始める。その直後、フランチャイズオーナーのひとり龍ヶ崎(大鷹明良)がデリシャス・フードの口座を差し押さえる。
  • 龍ヶ崎と交渉し差し押さえを解いてもらった樫村だが、差し押さえを知った宮内や大友、さらに港南支店の担当者・杉山(町田啓太)らは、会社を分割して売却することを促す。
  • 樫村は十和子フードからの資金提供を匂わせその場を逃れようとするが、宮内は十和子に騙されているのではないかと言い、十和子の背後に結城がついていることを明かす。

第6話の感想

気のせいか、どいつもこいつも狡賢い顔に見えてきました。

夏蜜柑

気が休まらないわ~。

含み損が発覚した途端「ボク、辞めるよ」と言ってトンズラこいた大友さん。
今度は椎名桔平さん演じる宮内の会社の専務になって、何やら企んでいる様子。

宮内はそんな大友さんの企みに乗って、再び樫村に接触し、伊坂商事との交渉を持ちかける始末。

この人も何がしたいのかよくわからん。

ふぐ丸

水野美紀さん演じる十和子社長は「8億円出資するから会社の株55%ちょうだい」と言い出し、しかも背後にはやっぱりトンズラこいた創業社長の結城さんがついているらしい。

当初はそんな十和子を「足元見やがって」と腐していた山本さんは、十和子を見たとたんデレデレ状態。

オイオイ。

ふぐ丸

夏蜜柑

関係ないけどやっぱり気になる山本&十和子の関西弁。

石井正則さん演じる社員の渋川は、どうやら龍ヶ崎に情報を漏らしているみたいだし。
町田啓太さん演じる港南支店の杉山は、大友経由で情報を手に入れてるみたいだし。

これ、うまくまとまるんだろうか……。
最終回で急にみんないい人に変身するんじゃないでしょうね~。若干不安。

このドラマ面白いんだけど、不満があるとしたら女性キャラの立ち位置かなぁ。
十和子も樫村の妻・明子も、なんか面白くないんですよねー。

この手のドラマって、たいてい女性キャラが添え物になってしまうよね。
十和子も「やり手」という設定の割には、仕事で活躍する場面がない。

明子に関しては論外。銀行でパートとか、なにゆえ???
これ以上、意味のない言動で物語の進行を邪魔しないでほしい。
長谷川京子さんは綺麗だけど、この役じゃあない。

created by Rinker
¥886 (2018/12/17 16:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

樫村徹夫……仲村トオル
宮内亮……椎名桔平
佐伯隆一……和田正人
山本知也……大谷亮平
岸野聡……勝村政信
岡田十和子……水野美紀
樫村明子……長谷川京子
大友勝次……本田博太郎
渋川栄一郎……石井正則
杉山誠三……町田啓太
塩田和男……嶋田久作
占い師……ミッキー・カーチス
久原佳奈……中川知香
中野美由紀……藤本泉
樫村幸太郎……渡邉蒼


ほかの記事を読む?

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」 ラストチャンス第7話|土下座でスカッとジャパン ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」 ラストチャンス第5話|夫の親友に頼りすぎる妻