【日本版】レ・ミゼラブル 終わりなき旅路|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」

どうも、夏蜜柑です。
2019冬ドラマ(単発)の紹介です。

フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」(フジテレビ系)。

世界中で愛された名作がいま、蘇る!平成30年間の混沌を駆け抜ける大河エンターテインメント

宿命的に対峙(たいじ)することになる二人の男のたぐいまれなる人生を通じて、平成という激動の時代における様々な社会的事象を映しながら、暗闇の中でも希望の光を求め多種多様に交差する人々の心情を描いた物語です。(公式サイトより)

夏蜜柑
モンテ・クリスト伯」で復讐に燃える主人公を演じたディーン・フジオカさんが、今度はビクトル・ユゴーの名作に挑みます。
ふぐ丸
どちらもフランス文学。
▼感想はこちら
ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」面白かった!違和感のない日本版「ああ無情」

 

番組概要

  • 動画配信:FODプレミアム
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送時間:2019年1月6日(日)夜9時~【単発】
  • 原作:ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』
  • 脚本:浜田秀哉(「ナオミとカナコ」「Chef ~三ツ星の給食~」「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」)
  • 主題歌:Aimer「Sailing」
  • 音楽:吉川慶
  • 演出:並木道子
  • プロデュース:太田大/野田悠介

あらすじ

【第1幕】の舞台は平成3年(1991年)~平成7年(1995年)の神戸。ある日、殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡ります。2年前、17歳の少年・馬場純が正当防衛の末、殺めてしまった相手は、母・結子を騙して全財産を巻き上げた男・斎藤太。病気の弟の手術費を稼ぐためアルバイトに精を出していた純でしたが、刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまいます。ある日、弟が危篤であることを聞かされた純は思わず脱走。けれども弟はすでに死亡していて…。絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始めます。そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会うのですが…。もう一人の主人公は純が殺めてしまった男・斎藤の一人息子・斎藤涼介です。悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者遺族のはずがまるで加害者家族の様な報道被害にあってしまいます。そんな中、平成7年に起きた阪神・淡路大震災。未曾有の大震災が二人の少年の運命を大きく変えることに…。

【第2幕】は平成16年(2004年)の東京を舞台に、【第3幕】は平成30年(2018年)の福島が舞台です。二人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純と、純を追いかけ続ける涼介、そしてついに対峙する二人の男。30年にわたる長い旅路に打たれる衝撃的な終止符が描かれます。彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光は、そこにあるのか…。(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、フランスの作家ビクトル・ユゴーの大河小説『レ・ミゼラブル』です。

19世紀前半のフランスを舞台に、ひと切れのパンを盗んだ罪で19年間牢獄に繋がれたジャン・バルジャンの波乱に満ちた人生を描いています。

1862年に執筆され、現在に至るまで何度もミュージカルや映画になっている世界的に有名な物語です。ミュージカルは1985年の初演以来、世界43か国で上演されました。

2012年に公開されたヒュー・ジャックマン主演の映画が大ヒットしたことも記憶に新しいです。

わたしは原作は未読です。子供のころにアニメ作品を見たのが最初で、その後ミュージカルの舞台を2度、映画もリーアム・ニーソン主演版とヒュー・ジャックマン主演版を見ました。何回見てもいいですよね。

夏蜜柑
日本版がどんな作品になるのか楽しみです。

登場人物(キャスト)

※ネタバレを含みます

馬場純/渡辺拓海……吉沢亮/ディーン・フジオカ
弁護士。17歳のとき、母を騙して全財産を巻き上げた男・斎藤太を正当防衛の末に殺してしまう。
肝移植が必要な弟・哲のために少年刑務所を脱走するが間に合わず、絶望し自殺を図ろうとしたところを「徳田育成園」の徳田に助けられる。
育成園で心を通わせた親友・拓海が阪神大震災で死亡し、本人の遺志を継いで“渡辺拓海”に成り代わる。その後、弁護士となり、拓海の元恋人・梨沙子の協力を得て東京・新宿で弁護士事務所を営む。家賃滞納による強制退去で相談に来たシングルマザー・不破唯と出会い、彼女の娘・梢を託される。
唯の死後、梢と2人で各地を転々とし、福島・会津のりんご農園に落ち着く。梢と慎の結婚に反対していたが、慎が肝臓移植を必要とする病だと知り、ドナーになる決意をする。移植手術が成功した後、梢に置き手紙を残して去り、自首する。〈原作役名:ジャン・ヴァルジャン〉

斎藤涼介……清水尋也/井浦新
新宿南署生活安全課の刑事。大学生の時、詐欺に手を染める両親と縁を切る形で上京。父・太が純に殺害され、詐欺行為が明るみに出たことでマスコミから激しいバッシングを受ける。
その後警察官となり、渋谷、池袋、新大久保などの署を転々とした。非行少年の事件を担当することが多く、少年たちの取り締まりにあたる中で弁護士“渡辺拓海”と出会う。当初は信頼関係を築くが、彼が神戸出身で育成園と繋がりがあることから“馬場純”だと見抜く。
純が東京を離れてからも各地の目撃情報を集めるなどして執拗に追いかけていたが、東日本大震災以降の足取りが掴めなくなる。田辺夫妻に殺されかけたとき純に助けられ、さらに徳田からも「待ってほしい」と言われ、慎に肝臓を提供したいという純の思いを尊重する。〈原作役名:ジャヴェール警部〉

徳田浩章……奥田瑛二
自立支援施設「徳田育成園」の園長。以前は教師だったが、子供たちのためにできることをしたいと考え、自立支援施設「徳田育成園」を設立。妻とは死別し、子供もいない。弟を助けられず絶望して自殺しかけた脱獄犯の青年・馬場純を助け、何も訊かずに育成園に住まわせる。
阪神大震災の日、純が拓海から「俺の分まで生きろ」と命を託されたことを知っており、純が“渡辺拓海”を名乗るようになってからもたびたび純を警察からかばう。唯の死後は、戸籍上の梢の父親になっている。〈原作役名:ミリエル司教〉

不破唯……山本美月
貧しい暮らしの中で一人娘・梢を懸命に育てるシングルマザー。頼れる親もなく、借金を抱え、家賃を払えず強制退去させられそうになり、無料相談を通して弁護士“渡辺拓海”と出会う。
昼はパン工場、夜はキャバクラ嬢として働いていたが、梢を預けている保育所の高額な延滞料金を払えなくなり、田辺の紹介でデリヘル嬢として働き始める。純に特別な想いを抱いており、急性白血病で亡くなる間際に梢を純に託す。〈原作役名:ファンティーヌ〉

不破梢……清原果耶
不破唯の娘。唯が“渡辺拓海”の弁護士事務所を訪ねていた頃から純になついていた。唯が急性白血病で亡くなった後は、純が引き取り娘として育てる。純を本当の父親のように愛しながらも、純が人に言えない過去を背負っていることにうすうす気づいている。
福島・会津のリンゴ園でリンゴを育てている。若手議員の碓氷慎と運命的に出会い初めての恋に落ちるが、慎の祖父や純から反対されてしまう。〈原作役名:コゼット〉

田辺真澄……長谷川京子
無認可の保育所「まごころHOUSE」を夫婦で経営している。自分の利益のためなら人を殺すことも厭わない強欲で性悪な女性。預かっている子供たちは放置し、自分の娘・瑛里華だけに綺麗な服を着せている。母親たちの弱みに付け込んで法外な延滞保育料を巻き上げ、払えなくなるとデリヘルの仕事を紹介している。
純の告発によって保育所の実態が警察に知られるが、夫・元と共に逃亡。福島に潜んで盗んだ自転車を売りさばいていたとき、純と梢の存在を知り、純を脅すようになる。〈原作役名:テナルディエ夫人〉

田辺元……金子ノブアキ
妻・真澄とともに保育所「まごころHOUSE」を経営する怠惰な人物。延滞料金を滞納している唯に「割のいい仕事を紹介してあげる」とデリヘルの仕事を紹介した。ひとりでは何もできず、常に真澄の手の平で転がされている。
福島に潜んでいたところを涼介ら警察に踏み込まれ、行き当たりばったりで涼介を撃ってしまう。真澄の提案で涼介を生き埋めにしようとするが、純に見つかって警察に捕らえられる。〈原作役名:テナルディエ〉

田辺瑛里華……福田麻由子
真澄と元の娘。犯罪者まがいの両親を嫌い、碓氷慎の後援会ボランティアスタッフをやっている。密かに慎に好意を寄せているが、慎の恋人がかつて両親の営む保育所にいた少女・梢だと気付き両親に話してしまう。
慎の将来のために別れてほしいと梢に告げるが、慎の肝臓移植のドナーが梢の父・純だと知って身を引く。最後は両親と縁を切る決意をしている。〈原作役名:エポニーヌ〉

碓氷慎……松下洸平
政治家の卵。東日本大震災のときに目の前で親友を亡くしている。「亡くなったあいつに恥じない生き方をしたい」と福島の復興を誓い、国会議員に立候補する。地域に根ざした政治を目指すうち、祖父・太一郎の考えに矛盾を抱き始める。
梢と運命的な出会いを果たすが祖父から反対され、自身も劇症肝炎に侵されていることが判明する。〈原作役名:マリユス〉

碓氷太一郎……伊武雅刀
慎の祖父で、元大物代議士。かつては清濁併せ持つ豪胆な政治家だったが、総裁候補になることができず引退。忸怩たる思いを、孫・慎に託す。
慎が梢と付き合っていることを突き止め、梢に手切れ金を渡して身を引かせようとする。慎の病気を治すためにいったんは梢との結婚を認めるが、手術が成功すると再び2人を別れさせようとする。

渡辺拓海……村上虹郎
「徳田育成園」の住人。子供の頃、母親の再婚相手から受けた虐待が原因で、左足に軽度の麻痺が残っている。盗みで犯人扱いされた時に国選弁護士に助けられ、その弁護士の紹介で「徳田育成園」に身を置くようになった。弁護士を目指し、司法試験を受けるために猛勉強している。恋人の梨沙子とは遠距離恋愛中。
馬場純が脱獄犯であることを知りながら、純の本質を見抜き「やり直せる」と励ます。阪神大震災でがれきの下敷きになって動けなくなり、純に保険証の入っている財布を渡して「俺の分まで生きろ」と告げて死亡する。

佐山梨沙子……香里奈
純が弁護士事務所を構えるビルの1階で、定食屋の「キッチン・はな」を経営する女性。純の弁護士事務所の事務作業も手伝っている。
拓海の元恋人で、拓海から贈られたネックレスを今も大切に身につけている。純が拓海になりすましていることを知りながら、拓海の分まで懸命に生きようとする純に共鳴し、秘密を共有するようになる。

馬場結子……富田靖子
純の母。早くに夫を亡くす。次男・哲の病気が発覚してからは、看病に全てを費やしている。アルバイトで家計を支える純の負担を減らそうと、投資話に乗って騙されてしまう。純が逮捕された後、駅のホームから落ちて亡くなっている。

斎藤歌織……かたせ梨乃
涼介の母。意志の弱い女性。夫の言いなりで詐欺に加担し、純の母・結子を騙す。夫を殺された被害者遺族でありながら、事件の背景が報道されて加害者扱いを受けることに。その後、認知症を患い施設に入る。

斎藤太……寺脇康文
涼介の父。クリーニング店を経営する。裏で詐欺まがいの個人投資運用業を営み、私腹を肥やしている。訪ねてきた純を追い返そうと暴行をふるい、もみ合いになって倒れた拍子に頭を打ち、命を落とす。

動画配信は…
このドラマは、FODプレミアムで視聴可能です(Amazonアカウントで登録すると31日間無料)。※最新の配信状況と料金はFODサイトにてご確認ください

ほかの記事を読む?

ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」面白かった!違和感のない日本版「ああ無情」 ドラマ「モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─」 「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」全話ネタバレ・登場人物(キャスト)・主題歌まとめ