「ルパンの娘」第5話|正体バレた!ドロンジョ対決&宙を舞う円城寺

ドラマ「ルパンの娘」あらすじと感想

「ルパンの娘」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ木曜夜10時「ルパンの娘」第5話。

バレちゃいましたね……華の正体。

なんかもうツッコミどころ見どころがイロイロありすぎて忙しい!
でも楽しかった!

今週の見どころ

  1. 深キョンと田中さんのドロンジョ対決
  2. ミュージカル円城寺の「オーシャンズ12」
  3. エロ男爵のステッキアクション
  4. 「牡丹と薔薇」の財布ステーキ
  5. ついに和くんにバレた!

第5話のあらすじとキャスト

※ネタバレを含みます

  • 和馬(瀬戸康史)は“Lの一族”の正体が華ではないかと疑うが、華が犯行時刻に家にいる動画を見せられ、ホッとする。華を疑ったことをで自分を責める和馬を見て、華は心を痛める。
  • 桜庭家で和馬の両親と華の両親の合同結婚記念パーティーが開かれる。和馬は華が忘れていったスマートフォンを届けにいくが、家は無人だった。にもかかわらず、華は「今家にいる」と嘘をつき、和馬は疑心を抱く。
  • 和馬はエミリ(岸井ゆきの)を介して華のスマートフォンに保存されていた動画を科捜研で調べてもらい、撮影日が偽装されたフェイク動画だと知ってショックを受ける。
  • その頃、尊(渡部篤郎)は200億のダイヤを持つ女泥棒・ドロンジョ(田中みな実)に狙いをつけ、彼女に騙されたフリをして敵地に潜入。和馬もまた、ドロンジョに会いに行き捕まってしまう。
  • 華は和馬を救うため、円城寺(大貫勇輔)の力を借りてドロンジョの屋敷に侵入し、彼女を打ちのめす。拘束されていた和馬を救出しようとするが、和馬は華が“Lの一族”であることを確かめるためにあえて捕らわれたことを明かす。
  • 和馬に仮面を剥がされ素顔を見られた華は、「ごめんなさい」と言い残してその場から走り去る。

三雲華(深田恭子)
泥棒一家“Lの一族”の娘。盗みの技術とセンスはピカイチだが家業を継ぐことを拒み、図書館司書として働いている。1年前、和馬と運命的な出会いをし、警察官とは知らずに恋に落ちる。
これ以上和馬を傷つけたくないと泥棒廃業を誓うが、和馬のピンチを知って助けに行き、正体を知られてしまう。

桜庭和馬(瀬戸康史)
警察一家の長男。泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査三課に勤務している。捜査一課への異動が叶えば華との結婚を許してもらえることになり、泥棒一家“Lの一族”を逮捕しようと意気込む。
捜査の中で“Lの一族”の正体が華ではないかと疑い始め、事実を確かめるためにあえて危険に飛び込む。助けに来た“Lの一族”が華だと知りショックを受ける。

三雲悦子(小沢真珠)
華の母。宝飾品専門の泥棒。55歳という年齢を全く感じさせない“奇跡の美魔女”。和馬のことを気に入っているが、刑事だとは知らない。

三雲尊(渡部篤郎)
華の父。美術品専門の泥棒。三雲家の指示系統の主軸的存在。和馬を婿養子に迎え、“Lの一族”の後継者にしようと考えている。和馬が刑事であることは知らない。

三雲渉(栗原類)
華の兄。超一流のハッカー。“Lの一族”の後継者だが、筋金入りの引きこもり。自室にこもりながら「てんとう虫」を操り作戦に参加する。

三雲マツ(どんぐり)
華の祖母。伝説の鍵師。家の中でも足音一つ立てずに突然現れる。華の恋人・和馬が刑事だと知り、尊と悦子には内緒で2人を応援する。

桜庭典和(信太昌之)
和馬の父。警視庁警備部SAT隊長。和馬が捜査一課に異動することを条件に華との結婚を認めると約束するが、上司から見合い話を持ち込まれ、断り切れず和馬にエミリとの見合いを勧める。

桜庭美佐子(マルシア)
和馬の母。鑑識課の非常勤職員。華と三雲家を怪しみ、和馬の交際に反対していたが、華がSNS泥棒を撃退したことに感心して結婚を認める。華の母・悦子とは気が合わない。

巻栄一(加藤諒)
捜査三課の刑事。和馬に“Lの一族”逮捕を勧める先輩。元警視総監の孫で、エミリの従兄にあたる。発言する際はブラインドの前に立つ。

橋元エミリ(岸井ゆきの)
和馬のお見合い相手。元警視総監の孫娘で、警視庁刑事総務課所属。異性が極端に苦手で、目を見て話せない。趣味は人形遊び、栗拾い、俳句。自分の気持ちを“五七五”で伝える変わった性格の持ち主。和馬から「好きな人がいる」と見合いを断られるも、友達としての付き合いを希望。

円城寺輝(大貫勇輔)
華の幼なじみで、世界を股に掛ける泥棒。抜群の身体能力を誇る。突然歌い出し、華とミュージカルシーンを繰り広げる。

 

第5話の感想

深キョンと田中さんのドロンジョ対決

今回は巷で「ドロンジョ」と呼ばれている女泥棒が相手。

実際に映画「ヤッターマン」でドロンジョ役をやったのは深田恭子さんなので、小沢真珠さんの「“ドロンジョ様”なんて言われて、許せなくない?」に対する「誰がドロンジョだっていい」ってセリフには笑ってしまいました。

深キョンのドロンジョ様もかなり似合ってましたけど、田中さんもエロかったねぇ。

手下の男、真壁刀義さんと本間朋晃さんと3人揃った絵も様になってました。

ちなみに映画のトンズラーとボヤッキーは、生瀬勝久さんとケンドーコバヤシさん。

ミュージカル円城寺の「オーシャンズ12」

円城寺様のミュージカルシーンは毎回楽しみだけど、泥棒としての活躍は見られないのかしら……と思っていたら、今回見せてくれました!

ドロンジョ邸に忍び込む際、華麗なダンスでレーザーをかいくぐる円城寺様。

映画「オーシャンズ12」のパロディですよねこれ……音楽もそっくりだったし。

噴水の前で宙を舞うシーン(予告で流れていた)は、まさかの伏線でした。噴水のシーンだけでも十分楽しめたんですけど、その先にさらなるお楽しみが待っていたとは。やってくれるわ~。

でもやっぱり黒ずくめの泥棒衣装よりも、タキシードで花畑を背負っているほうがお似合いですね。

エロ男爵のステッキアクション

尊お父さんのエロ男爵っぷりもよかったわー。

この夫婦は何を着ても映えるなぁ。
これからもいろんな扮装してほしい。

ドロンジョに引っかかって、あっけなくスタンガンで失神……かと思いきや、あえて弱いフリをしてたのね。

プロレスラー2人を相手に、ステッキ1本でエレガントに戦うアクションシーンが素敵でした。やっぱり頼りになるわ~ベムだわ~お父さん。

「牡丹と薔薇」の財布ステーキ

尊の浮気を疑って平常心を失う悦子。

尊の幻覚?を相手に「食あたりが心配だから、よーく焼かなきゃね」と、何やら怪しげな肉を焼いていましたが……。

よく見ると、焼いているのは肉ではなく高級牛革財布。お値段¥30,000。

小沢真珠さんが出演されていた昼ドラ「牡丹と薔薇」のパロディですね……笑う。

ちなみに本家では「狂牛病が心配だから、よーく焼いたのよ」と笑いながら、¥3,000の財布を夫に食べさせようとしていました。

値段シールの右上が三角に折れ曲がっているところまでそっくり。
見事に再現しているスタッフ、グッジョブ。

ついに和くんにバレた!

華を疑い始めた和くんは、あえてドロンジョ様に捕まって“Lの一族”をおびき出すという危険な賭けに出ます。

そして……ついに……和くんに仮面を剥がされてしまう華。

なんなの、この異様に力の入った背景は!
美術スタッフの作り込みがすばらしい~!

このシーンに限らずだけど、ほんと泥棒シーンがゴージャスで楽しいわ~。
今回のドロンジョ様も、衣装から小道具から全部よくできてた。

それに比べて警察シーンの見事な無味乾燥っぷりよ……いやアレはアレで面白いんだけど。

加藤諒さんにはぜひエセ裕次郎を極めて欲しい。

 

このドラマは、FODプレミアムで視聴可能です(無料トライアルあり)。

「ルパンの娘」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「ルパンの娘」あらすじと感想 「ルパンの娘」第4話|ツッコミどころ満載の「てんとう虫3号」と「カブト虫初号機」 ドラマ「あなたの番です」 「あなたの番です」第15話|神谷殉職!冷凍された児嶋佳世も黒幕の仕業?