「マニフェスト」第9話あらすじ感想|乗客たちの救出に成功!

海外ドラマ「MANIFEST/マニフェスト」

「マニフェスト」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「マニフェスト」第9話。

ついに乗客の救出に向けて動き出したベンとバンス。
前半の山場ともいえる回でした。

衝撃の展開もあり、まだまだ気が抜けません。

第9話のあらすじ

グレースは仕事を頑張っているベンのために、友達を呼んでサプライズパーティーを開くことに。グレースが買い物に行っている間に、828便の乗客だったオータム・コックスが助けを求めてベンの家へやってくる。

オータムは828便が着陸した際に逮捕状が出ていたため逮捕され、その後シンギュラリティ・プロジェクトに引き渡されて人体実験の被験者になっていたが、移動中に隙を見て逃げ出したと話す。

ベンはオータムをボイラー室に匿い、サンビとフィオナに報告。囚われているいる乗客たちを助けるため、バンスにすべてを打ち明ける決断をする。

ベンから“呼びかけ”について聞かされたバンスは半信半疑だったが、突然ベンやサンビたちが苦しみだしたことで状況を把握。 戦術部隊を召集し、人体実験が行われている倉庫に踏み込む。

ミカエラとジャレッドも部隊に加わるが、倉庫は無人だった。そこへカルが現れ、実験室に繋がる隠し扉があることを教える。

激しい銃撃戦の末、拘束されていた乗客たちは解放され、プロジェクトの指揮を執っていたローレンスはデータをすべて消去する。

ベンとフィオナは乗客を連れて脱出するが、ジャレッドとバンスは爆発に巻き込まれてしまう。バンスが亡くなったことを聞かされたミカエラは、意識不明のジャレッドに付き添い、「彼を助けて」と祈る。ジャレッドは意識を取り戻す。

グレースはベンが会社を解雇されていたことや、カルを銃撃戦の現場に連れ出していたことを知って激しく動揺する。ベンは状況を説明しようとするが伝わらず、グレースから家を出て行くよう告げられる。

オータムはベンとミカエラに感謝するが、密かにローレンスと連絡を取り合っていた。オータムはベンの目的と仲間を探るために送り込まれたスパイだった。

登場人物はこちら

海外ドラマ「MANIFEST/マニフェスト」MANIFEST/マニフェスト【シーズン1】全話あらすじ・登場人物(キャスト/吹替)・相関図

第9話の感想(ネタバレ有)

乗客たちの救出に成功!

ベンとバンス、ミカエラとジャレッドは実験が行われている倉庫に踏み込み、囚われている乗客たちを救い出すことに成功しました。

やっとですね~。
カルと繋がっているマルコが解放されて、ホッとしました。

バンスの協力があったから成功したようなもんです(あとカルの能力と)。人体実験のことも“呼びかけ”のこともすぐに信じてくれて、堅物そうに見えて実は柔軟な思考の持ち主だったバンス。

彼が亡くなったことは本当に残念です……。
常に冷静で視野が広くて、いちばん頼りになる味方だったのに。

しかし、本当にミカエラの言うとおり、 “呼びかけ”のことを知った人は死ぬ運命なんだろうか。

家を追い出されるベン

ベンはとうとうグレースに愛想を尽かされ、家を追い出されてしまいました。

まぁ……遅かれ早かれこうなっただろうとは思います。
ベンはカルを守ろうとしただけで、何も悪いことはしてないんだけどね。

グレースは端から飛行機の謎めいた秘密を信じようとはしてなくて、ベンに不信感を持っていました。信じてもらえなかったら、何をどう弁解しても状況を悪化させるだけ。

っていうかさぁ!
カルに協力して説明してもらえばいいじゃん!

グレースはベンの言うことは信じなくてもカルの言うことなら信じるんだから、カルから話してもらうなり、実際に能力を見てもらうなりすればいいんじゃないのー?

って、ツッコみたくなりました。

オータムはスパイだった!

囚われていた乗客のオータムが、逃亡を図ってベンに助けを求めにやってきました。彼女を隠れ家(ボイラー室)に保護し、仲間として迎えるベンとミカエラたち。

しかし、オータムは人体実験の指揮を執っていたローレンスの命を受けて、ベンの目的と仲間を探るために送り込まれたスパイでした。

隠していた携帯電話でひそかにローレンスと連絡を取るオータム。

彼女には犯罪歴があって、その点を見込まれてスパイに選ばれたようなんだけど、〝詐欺師〟ですかね?

スパイの見返りはなんだろう。
お金? 今後の生活の保障?

ローレンスの目的も謎です。

「マニフェスト」記事一覧