「未解決の女」第1話感想|コナン君形式はぜひ続けてほしい

テレビ朝日木曜ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」

「未解決の女 警視庁文書捜査官」

どうも、夏蜜柑です。
テレ朝木曜9時「未解決の女 警視庁文書捜査官」が始まりました。

うーん。「文書解読のエキスパート」っていう部分に期待してたんですけど、その点に関してはちょっと期待外れだったかなぁ。結末もいまひとつスッキリしませんでした。「コナン君形式」は面白かったね。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1話のあらすじ

  • 警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は、無鉄砲な捜査で負傷。復帰早々、薄暗い地下にある窓際部署「特命捜査対策室」第6係への異動を命じられる。
  • 6係は、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」。矢代は、“文書解読のエキスパート”と呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)や草加慎司(遠藤憲一)らと共に、新部署で働き始める。
  • 強行犯係が追う「連続変死事件」の被害者宅に、10年前に殺されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)の本があったことから、矢代は10年前の事件の捜査を始める。泉水は密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡。犯人の目星が付かないまま、捜査は打ち切りになっていた。
  • 泉水の夫・則夫(渡辺いっけい)に興味を抱いた鳴海は、イヤホンを使って現場にいる矢代に指示を送り、泉水が殺される前、ゴーストライターを雇っていたことを突き止める。そのゴーストライターの中には、連続変死事件の被害者・加藤篤子の恋人でフリーライターのMizuki(風間俊介)がいた。
  • やがて、Mizukiが金儲けのために、連続変死事件の被害者を雇ってフェイクニュースを書かせていたことがわかる。連続変死事件の犯人は、そのフェイクニュースで店を潰された男の恋人だった。
  • Mizukiは、泉水と昔の恋人との間にできた子供だった。泉水に捨てられ、ゴーストライターとしても認めてもらえず、恨みを募らせたMizukiは泉水を刺し、泉水本人に部屋の鍵をかけさせたのだった。しかし、泉水がMizukiの将来を思ってゴーストライターを辞めさせようとしていたことを知り、Mizukiは慟哭する。

キャスト

矢代朋……波瑠
鳴海理沙……鈴木京香
古賀清成……沢村一樹
岡部守……工藤阿須加
財津喜延……高田純次
川奈部孝史……光石研
草加慎司……遠藤憲一
桑部一郎……山内圭哉
吉田治郎……西銘駿
由比雄一……植木祥平
庄野仁……裵ジョンミョン

第1話ゲスト

嶋野泉水……中山美穂
Mizuki……風間俊介
山本則夫……渡辺いっけい
新海雄二……半海一晃

第1話の感想

風間俊介さんが登場した瞬間に、犯人の見当がついてしまいましたね(笑)

中山美穂さんが風間さんの母親役って……年齢的にはおかしくないのに、めっちゃ違和感あるわー。わたしの中ではミポリンはずっとミポリンのままなのよ。

今回の事件を時系列にまとめると、こうなります。

  • 1983年頃、泉水は恋人・宮下恭一の子供を産む。
  • 泉水と恭一が別れ、子供は恭一が引き取って福岡へ
  • 泉水と則夫が結婚
  • Mizukiは泉水が母親ではないかと疑い、作家を目指すため東京へ
  • 2008年、泉水がスランプに陥り、新海の薦めでゴーストライターを雇うが、その中のひとりMizukiが息子だと知って除外させる
  • Mizukiは泉水の家を訪ねて直接問いただすが、追い返される
  • 3日後、Mizukiが母親である泉水を殺害し、泉水自身に部屋の鍵をかけさせて完全犯罪を完成させる
  • 警察が捜査するも犯人の目星がつかず、捜査は打ち切りになる
  • 2017年、Mizukiがネット上にフェイクニュースサイトを立ち上げ、加藤篤子と太田碧を雇ってフェイクニュースを書かせる
  • フェイクニュースが原因で、元看護師・鈴村美咲の恋人が自殺する
  • 2018年、鈴村美咲が病院から持ち出した薬物を使って、加藤篤子と太田碧を殺害。次にMizukiを殺そうとして逮捕される

鳴海が披露した「文書解読」はこれ(Mizukiと泉水が親子であると思い至った経緯)。

  • Mizukiと泉水の筆跡には、文字と文字の接触する部分(コネクト)が突き出ているという共通点があった。筆跡が似てしまうという現象は、親子の間でも起こる可能性がある
  • コネクトが突出するタイプの文字を書く人は、知識が豊富でセンスに優れているが、頻繁に見られる場合は「アブノーマルコネクト」と言って衝動制御に弱い傾向にある

「人より文字が好き」っていう鳴海のキャラクターに期待したんだけど、ちょっと思ってたのと違ったなぁ。学者肌の変人ぽい感じ(ガリレオみたいな)を想像してたんだけど、意外と普通でした。

もう少しキャラが濃くてもいいのでは?
ドラマとして、全体的に個性が薄いような気がする。

波瑠さん演じる矢代ちゃんとも、コンビという感じにまではなってないし。
まだ1回目なので、スタイルが確立されてないのかもしれませんね。

イヤホンを使って、矢代が鳴海の代わりに喋るという「コナン君形式」は、面白いのでぜひ続けてほしいです。

肝心の「文書解読」については、原作どおりなのかもしれないけど、盛り上がりに欠けましたね。

今回の犯人(風間さん演じるMizuki)にしても、結局最後は墓穴を掘って自白でしたし。鳴海の「文書解読」が犯人を追い詰める決定打になったかと言うと、そうでもないような気がします。

わたしはこういう、スタイルが決まったユルめの1話完結ドラマは、途中で飽きてしまうタイプ。

できれば、最終回まで繋がる大きなストーリーがあると、嬉しいんだけどなぁ。
それがないと最後まで見ないかもしんない……

あと、波瑠さん演じる矢代のキャラクターが、どうにも元気よすぎてチョイ苦手です(波瑠さんは好きです)
もぉ~少しだけ、声のボリューム下げてほしい(-_-;*)

とりあえず鈴木京香さんに期待して、次回も見ようと思います。


新着記事を読む?

山﨑賢人主演「グッド・ドクター」 グッド・ドクター第6話|もう原作を離れてもいいのでは ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」 ラストチャンス第6話|企む男たち、活躍しない女たち