「神酒クリニックで乾杯を」最終回|黒幕と“双子の涙”の正体

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」

「神酒クリニックで乾杯を」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
BSテレ東土曜9時「神酒クリニックで乾杯を」最終回(第10話)。

黒幕は予想通り、あの人でした。

事件の全容はちょっとややこしくて混乱しましたが、とりあえず解決してよかった。
とはいえ、黒幕は逃亡中。続くのかな、これ。

まったく医療ドラマっぽくないツッコミどころ満載のストーリーでしたが、楽しかったです。

※以下、ネタバレを含みます

最終回のあらすじ

  • 勝己(三浦貴大)は、かつて自分が死なせてしまった患者が川奈雄太(勧修寺保都)だったことを思い出す。しかし勝己が意識を失っている間に患者は入れ替わり、別人になっていた。
  • 川奈は腹腔内に覚せい剤を埋め込み、宝石商・後藤田に違法薬物を運ぶ“密輸役”だった。神酒(安藤政信)は三森教授(竹中直人)が覚せい剤を取り出す手術を手伝っていたのではないか、と推測する。
  • だが、あの日川奈が埋め込んでいたのは海外で盗まれた宝石“双子の涙”だった。川奈は宝石を取り出すため自ら腹を裂いて勝俣病院へやってきたが、病院は勝己に気づかれることを恐れ、薬で眠らせて記憶を消したのだった。
  • 勝己が三森教授に呼び出された場所へ行くと、三森は拘束されていた。勝己も何者かに襲われ気を失う。勝己が目を覚ましたとき、三森は血を流して死んでおり、勝己の手にはナイフが握られていた。警察に犯人と間違われた勝己は、その場から逃げ出す。
  • 雪子(臼田あさ美)に促され、勝己は神酒たちに状況を説明しにいく。だが神酒は勝己をスパイだと疑っていた。神酒は勝己にむけて銃弾を撃ち込むが、それは盗聴している真犯人を欺くための演技だった。
  • 勝己が身につけている万年筆に盗聴器が仕込まれていることを知った神酒は、偽の情報を流して真犯人をおびき出す。後藤田に協力している医者は、雪子だった。雪子は“双子の涙”に魅せられ、後藤田より先に“双子の涙”を見つけ、手に入れようとしていたのだった。
  • 三森教授と源田愛(山田キヌヲ)は雪子に利用された挙げ句、殺された。勝己もまた、雪子にとっては都合のいい駒にすぎなかった。勝己は自首を勧めるが、雪子は勝己にICレコーダーを渡して逃亡する。
  • あの日、川奈が自らの腹を裂いて“双子の涙”を取り出したのは、持ち主に返して2億円の懸賞金を受け取るためだった。川奈は後藤田を告発して密輸の仕事から足を洗おうとしていたのだった。
  • “双子の涙”は、川奈が失踪する前に悟に贈った猫のぬいぐるみの中に隠されていた。久美子(逢沢りな)は川奈の息子を出産し、退院する。孫と対面した小笠原(森本レオ)は、「できるかぎりのものを孫に残したい」と語る。
  • 雪子が残したICレコーダーには、雪子と後藤田が勝己に罪を被せようとした会話が録音されていた。勝己の無実が証明され、勝己は大学病院に戻る選択肢を与えられるが、神酒クリニックに残ることを決意する。

最終回の感想

黒幕の正体は雪子だった

なるほど、川奈はお腹の中にブツを隠して運んでいたのですね。
で、ブツを取り出すための非合法手術を、雪子が行っていたと。

後藤田に協力していた医師は雪子でした。

雪子はいわゆるサイコパスなのでしょうね。
人を殺すことに罪悪感を覚えないと言っていましたし。

三森教授は何も知らずに「スケープゴート」として雪子に利用されていただけ……ってことでいいのかな。喫茶店で後藤田と会っていたのも、大学への寄付金に関する話だったんでしょうね。

夏蜜柑
竹中直人さんがあっさり殺されてしまったのには驚いた。

川奈が運んでいたのは“双子の涙”だった

川奈は後藤田に雇われた麻薬の密輸役でしたが、あの日に限っては宝石“双子の涙”を運んでいたようです。

でも、久美子と結婚して幸せな家庭を築こうとしていた川奈は、“双子の涙”を持ち主に返し、懸賞金を受け取って裏社会から足を洗おうと考えていました。

でも普通に考えたら後藤田に恨まれるよね。
うまくいったとしても、報復されそう。

懸賞金の2億円を受け取って高飛びしようと思っていたのかしら。

四葉大学病院と勝俣病院の関係

ちょっとよくわからないのは、四葉大学病院と勝俣病院の関係です。
今回の事件を時系列にしてみましょう。

  • 川奈が後藤田に“双子の涙”の密輸を依頼される
  • 川奈が“双子の涙”を腹から取り出し、猫のぬいぐるみの中に隠す
  • 川奈が勝己のいる勝俣病院にやってくる
  • 雪子が勝俣病院の看護師・源田愛に勝己を眠らせるよう指示する
  • 川奈が治療を受けられずに死ぬ
  • 雪子が川奈の遺体を別人とすり替えるよう勝俣院長に指示する
  • 川奈の遺体をバラバラにして遺棄する

雪子は四葉大学病院の医師ですが、勝俣病院の院長と繋がっていた。
となると、非合法な手術を行っていたのは勝俣病院ということになるのでしょうか。

でも、後藤田を裏切った川奈がわざわざ勝俣病院を選ぶかなぁ。

勝己の経歴

もうひとつの謎は、勝己がなぜ勝俣病院に勤務していたのか? ということ。

勝己はもともとは四葉大学病院に勤務するエリートだったらしいのですが、三森教授の紹介で勝俣病院に移ったらしいのです。

つまり、勝己は四葉大学病院 → 勝俣病院 → 神酒クリニックと移動しているわけで、2回とも三森教授の紹介で移動しています。

神酒クリニックへ来た理由は、勝俣病院で医療事故を起こしたから(事実は違いますが)とハッキリしていますが、四葉大学病院から勝俣病院に移った理由がよくわかりませんね。

夏蜜柑
聞き漏らしたかな?

リアリティには欠けるしツッコミどころは満載でしたが、そういうところも含めて楽しめたドラマでした。何より神酒クリニックのメンバーがみんな面白かった!

もしシーズン2があるなら、さらにぶっ飛んだエピソードを期待してしまいそう。
また会える日が来ることを心待ちにしています。

「神酒クリニックで乾杯を」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」 「神酒クリニックで乾杯を」第9話|三森教授よりも雪子が怪しい ドラマ「フルーツ宅配便」 「フルーツ宅配便」最終回|一緒に笑ってくれる人がいるだけで