「神酒クリニックで乾杯を」第3話|脱獄計画とおっさんずブラ

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」

「神酒クリニックで乾杯を」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
BSテレ東土曜9時「神酒クリニックで乾杯を」第3話。

今回はまさかの脱獄計画ですよ。

いくらなんでもやりすぎちゃうん!
そんなんうまくいくワケないやん!

なんて、ツッコむのは野暮というもの。
このドラマの世界では、ありえないことがありえるのです。

面白いので、まるっとオッケーです。

第3話のあらすじ

  • 人気急上昇中の子役・松島怜奈(桜田ひより)が神酒クリニックに入院する。怜奈は白血病が再発し、骨髄移植をする必要があった。骨髄が適合するドナーは、強盗致傷罪で刑務所にいる怜奈の父親・兼二郎(三又又三)だけと知った神酒(安藤政信)は、兼二郎を脱獄させるための計画を立てる。
  • 九十九(三浦貴大)は刑務医になりすまして兼二郎が収監されている刑務所に潜入し、兼二郎を緊急搬送する。事情を知った兼二郎は怜奈のために骨髄ドナーになることを快諾するが、怜奈は酒を飲んで酔っ払った兼二郎を見て幻滅し、骨髄移植を拒否する。
  • 怜奈に拒まれ自暴自棄になった兼二郎は、クリニックを抜け出す。九十九は兼二郎を見つけ出すものの、かつて兼二郎をそそのかして強盗の仲間に引き入れた凶悪犯たちに捕らえられてしまう。
  • 殺されそうになった九十九を助け出したのは、神酒だった。兼二郎は自らの言動を反省して怜奈に謝り、骨髄移植を受け入れて欲しいと懇願する。怜奈は兼二郎の思いに答え、手術を受けることを承諾する。
  • 手術を終えた兼二郎は、「ハヤシライスを作って怜奈に食べさせてほしい」と九十九に頼む。怜奈は兼二郎が作るハヤシライスが子供の頃から好きだったと言う。怜奈は九十九と共にハヤシライスを作る。
  • 兼二郎が刑務所に戻った翌朝、看護師の源田愛(山田キヌヲ)が遺体で発見されたというニュースが入る。それは九十九に会いに来て「双子の涙ってご存じですか?」と尋ねた看護師だった。

第3話の感想

人気子役・怜奈ちゃんを助けるために、骨髄ドナーを探す神酒先生。
すると、刑務所にいる父親・兼二郎の骨髄が適合することが判明。

けれど今の日本では、受刑者が骨髄を移植した前例はなく、実現はほとんど不可能だという。

現金輸送車を襲って警備員を怪我させた兼二郎さん。
出所までには5年もかかる。

そんなには待っていられない!ってことで、脱獄させることにしました。

その脱獄計画がまた、行き当たりばったりのザル計画なのよ。
いや、むしろそういう状況に九十九クンを送り込むこと自体を楽しんでるよね、神酒さん(絶対そうでしょ)

やりすぎないコミカルな演出は相変わらず楽しい。

玲奈ちゃんの演技の練習に付き合わされて「下手すぎ」と言われてしまう九十九クン。

九十九「僕に演技力なんか求めないでよ」
怜奈「その顔じゃ主演のオファー来ないだろうしね」
真美「テレ東くらいならありじゃないですか?」
怜奈「うーん、BSかなー」

お得意の自虐ネタ!
しかもテレ東を前振りにしてしまうBS。

そして怜奈ちゃんが出演しているドラマは「おっさんずラブ」ならぬ「おっさんずブラ」という、お父さんがブラジャーを作るドラマらしい(なんやそれ)

前回、九十九の前に現れ「双子の涙ってご存じですか?」という謎の言葉を残して立ち去った怪しい看護師さんは、源田さんという名前でした。

しかし源田さん、早くも殺されてしまいました。
やはり何らかの陰謀に巻き込まれたと思われます。

「双子の涙」は、クレオパトラが愛した宝石の名前らしく。半年前に海外で盗まれたようなのですが……これが九十九や源田さんとどう関係してくるんだろう?

それとも、九十九が医療事故で助けられなかったという患者さんに関係があるのかしら。竹中直人さん演じる三森教授は、何か知っている様子だったけど。

次回はゆかりさんの恋人が登場するようです。
楽しみ。

「神酒クリニックで乾杯を」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」 「神酒クリニックで乾杯を」第5話|黒宮が別人に変身。天久鷹央の一言で自信喪失? ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」 「神酒クリニックで乾杯を」第2話|“双子の涙”に陰謀の匂いがする