「ミラー・ツインズ」第1話|誘拐された双子の兄が生きていた

ドラマ「ミラー・ツインズ」

「ミラー・ツインズ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ土曜深夜「ミラー・ツインズ」が始まりました。

わたしの好きなダーク・ヒーローもの。
今のところ謎だらけでワケがわかりませんが、この先が楽しみです。

20年前に誘拐されたまま行方不明だった兄・勇吾は、どうやってこの20年間を生き抜いたのか。

夏蜜柑
勇吾の過去に興味津々。

第1話のあらすじ

  • 捜査一課の葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)は、20年前に双子の兄・勇吾が目の前で誘拐されて以来、自分の幸せを考えることができずにいた。優しい恋人・里美(倉科カナ)との関係も前に進まない。
  • 圭吾の父・栄一(佐戸井けん太)はテレビ番組に出演し、時効が過ぎた20年前の誘拐事件の情報提供を呼びかけ、1億円の懸賞金を提示する。圭吾の母・春江(中村久美)が余命半年と宣告されたためだった。
  • 誘拐事件を担当した皆川(高橋克典)や久能(石黒賢)は、今も未解決のままであることに心を痛めていたが、捜査一課の同僚・赤城(渡辺大)は事件の真相を追うため刑事になった圭吾に嫌悪感を抱いていた。
  • 勇吾が誘拐された公園で、田島(濱津隆之)が何者かに刺される。意識を取り戻した田島は圭吾を見て驚き、圭吾が犯人だと意思表示する。その後、田島は何者かに人工呼吸器を外されて死亡。赤城は圭吾を疑う。
  • 圭吾は父・栄一に「勇吾が生きているかもしれない」と告げるが、その直後、栄一は交通事故で死亡する。圭吾は自分が父を動揺させるようなことを言ったからだと自分を責める。
  • 田島を襲った容疑者のDNAと、圭吾のDNAが一致していることが判明する。「勇吾が生きている」と確信する圭吾。圭吾は赤城にその事実を告げるが、赤城は圭吾を取調室に連行し尋問を始める。
  • 里美は勇吾(藤ヶ谷太輔)が待つ部屋に帰る。勇吾の部屋には20年前の事件に関する資料が溢れていた。「ようやく俺の復讐が始まる」と告げる勇吾。

第1話の感想

わりとゆっくりめのスタートでしたね。
20年前の誘拐事件のあらましと、現在の状況、そして新たな事件(復讐?)の始まり。

これから誘拐事件の真相と、勇吾の復讐の内容が明らかになっていくと思われます。

夏蜜柑
ワクワクしますねぇ。

気になるのは、勇吾が復讐しようとしている相手です。
部屋の壁には何人かの写真が貼られていて、その中には圭吾の写真もありました。

圭吾がメインターゲットなのでしょうか?

ドラマの展開的には圭吾を陥れようとしているように見えますし、もしかしたら真面目で誠実に見える圭吾にもヒミツがあるのかもしれません。

20年前の事件発生時の回想シーンがちょっと気になりますね。

圭吾はあのとき、勇吾が連れ去られるのを見ていたんじゃないの? とか。
どうして助けを呼ばなかったんだろう? とか。

夏蜜柑
でも、そんな単純なことではなさそう。

里美は勇吾の復讐を助けるために、圭吾に近づいたんだろうねぇ。
倉科カナさんの悪女役ってあんまり見ないので新鮮です。

警察の内部にも裏切り者がいそうな予感。
ハラハラさせてくれることと期待しております。

このドラマは、FODプレミアムで視聴可能です(最新話のみ無料)。

「ミラー・ツインズ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「ミラー・ツインズ」 「ミラー・ツインズ」第2話|勇吾と里美の過去が明らかに ドラマ「離婚なふたり」 「離婚なふたり」前編|イケてない夫、冷静にツッコむ妻