WOWOW「虫籠の錠前」第1話|純粋無垢なカゴロクと口八丁なナナミの出会い

ドラマ「虫籠の錠前」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「虫籠の錠前」が始まりました。

あ、これ30分ドラマだったんですね。

ところどころ笑える部分もあって、軽めのテイストでした。
ヤクザ系は敬遠しがちなわたしでも、見やすかったです。

夏蜜柑
一話完結ではない連続ドラマなのが嬉しい。

第1話のあらすじ

  • 裏社会で仕事や情報の仲介を行っているナナミ(清原翔)は、指定暴力団・和宇琶會と中華マフィアの取引を仲介することに。和宇琶會のキリヤマ(山中崇)は、中華マフィアのチョウ(村上航)が持っている「むしかごの鍵」を5000万円で買おうとしていた。
  • キリヤマから金を預かり、取引場所へ向かうナナミ。だがチョウが1億円を要求し、取引は決裂。さらに、ナナミが持参した5000万円が偽物だと知って激怒する。殺されそうになったナナミは、別の取引相手を探すと持ちかける。
  • 盗聴器でナナミの会話を聞いたキリヤマは、手下と共に取引現場に乗り込む。だがそれはナナミが仕組んだ策略だった。キリヤマとチョウが揉めている間に、ナナミは「むしかごの鍵」を奪って姿を隠す。
  • チョウに雇われていたカゴロク(鈴木拡樹)は、その場でクビを言い渡されてしまう。ナナミはカゴロクを雇い、自分と品物をここから無事に脱出させてほしいと依頼する。
登場人物の詳細はこちら
ドラマ「虫籠の錠前」WOWOW「虫籠の錠前」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

第1話の感想

陰惨だったら見るのやめよと思ってたんですけど、これなら大丈夫かも。

ナナミは口八丁で世渡り上手な裏社会の情報&仲介屋。
大胆不敵にヤクザや中華マフィアを手玉に取って、まんまと「むしかごの鍵」を手に入れました。

この「むしかごの鍵」と呼ばれるブツの正体が、まだよくわからないんですけどね。ナナミいわく「これがあれば世界を手に入れることができる」らしい。

一方、カゴロクは子供のように純粋無垢な青年。

中華マフィアに雇われていましたが、「嘘がつけない」「悪いことができない」ため、早々にクビになってしまいます。ただ、めちゃくちゃ腕がたつ。身が軽くて、超人的に強い。

夏蜜柑
カゴロクのアクションシーンには目を奪われます。

ナナミは「おまえ、もしかしてバグなのか?」と聞いていましたが、カゴロクの正体も今のところ不明。今までは山に住んでいて、都会に出てきたみたいだけどね。

ちなみに「バグ」とは、かつてカルト集団「むしかごの庭」が生み出した能力者たちのこと。劇中世界では、普通に存在している様子。

純粋無垢ゆえに、どの仕事をしてもうまく立ち回れず、すぐクビになってしまうカゴロク。

中華マフィアとヤクザを騙して「むしかごの鍵」を手に入れたナナミは、彼らから逃げるためにカゴロクを雇います。

夏蜜柑
おかしなコンビ誕生。

今後はカゴロクの正体や教団の謎に迫る展開になると予想されます。
コミカルな要素も強いので、気楽に見られそう。

ほかの記事を読む?

ドラマ「GHOSTTOWN」 ドラマ「GHOSTTOWN」第1夜|樹海に迷い込んだ主人公たち 連続ドラマW「ダイイング・アイ」 「ダイイング・アイ」第1話|主人公の記憶が曖昧で何もかも疑わしい