「凪のお暇」第1話|断捨離で人生をリセット、今後の人間模様が楽しみ

ドラマ「凪のお暇」

どうも、夏蜜柑です。
TBS金曜夜10時「凪のお暇」が始まりました。

冒頭の20分がしんどくて「あ~これ無理かも……」と思っていたら、一転して爽やかな風が。

空気を読んで周囲に合わせてきた28歳の主人公が、家財も人間関係も断捨離して〝お暇〟し、郊外のボロアパートで幸福な生き方を探すドラマ。

人生のリセットと再生がメインのようです。2話以降はあんまり辛い場面は出てこないのでは……と今後のストーリー展開に期待して、次回も見ようと思います。

イケメンの破壊力が強すぎて(そういう意味で)ちょっとしんどいですけどね。

第1話のあらすじ

  • 大島凪(黒木華)は、都内の家電メーカーで働く28歳の会社員。毎朝1時間かけてサラサラのストレートヘアにし、女子アナのようにニコニコと振る舞い、常に場の空気を読んで 「わかる!」 と周囲に同調することで、自分の平和を保っている。
  • 密かな自慢は、仕事もルックスも完璧な彼氏・我聞慎二(高橋一生)。慎二との結婚を夢見て辛い日々にも耐えていた凪だったが、ある日、残業中に慎二が「結婚なんてあるわけない」と凪との関係を体だけだと同僚たちに笑いながら話しているのを聞いてしまう。
  • その場で過呼吸に陥り、病院に運ばれた凪のもとには、同僚からも慎二からも心配する連絡はこなかった。心が折れてしまった凪は会社を辞め、部屋を引き払い、携帯も解約。自転車と布団一式だけを残して全ての家財を処分する。
  • 東京郊外の六畳一間のボロアパートに引っ越し、人生をやり直すことを決めたものの、「やりたいこと」が見つからず焦る凪。だが上の階に住む〝おつり漁りババア〟こと吉永緑(三田佳子)や、隣人の安良城ゴン(中村倫也)との交流で、何にも支配されない暮らしに安らぎを覚えるようになる。
  • そんな時、慎二がアパートを訪ねてくる。何もなかったかのように恋人関係を続けようとする慎二に、凪はこれまで堪えていた本音をぶちまける。凪は「今後一切、私に関わらないで」と告げるが、慎二は「また来るね」と言って笑う。
  • 凪と別れた慎二はスナック 「バブル」で号泣し、ママ(武田真治)に「俺そいつのことめっちゃ好きなんだわ」と打ち明ける。慎二は凪と付き合い始めた頃、凪が早起きして慎二にバレないように髪をブローしているのを見た時から「一生守る」と心に決めたと語る。
大島凪……黒木華
安良城ゴン……中村倫也
白石うらら……白鳥玉季
白石みすず……吉田羊
吉永緑……三田佳子
我聞慎二……高橋一生
足立心……瀧内公美
江口真央……大塚千弘
織部鈴……藤本泉
市川円……唐田えりか
「KONARY」会長……森本レオ
「バブル」のママ……武田真治
杏……中田クルミ

 

第1話の感想

お仕事ドラマでも恋愛ドラマでもない感じ(今のところは)
原作の漫画は読んでいないので、この先の展開はわかりません。

冒頭の職場での凪の立ち位置が悲惨だっただけに、引っ越し先で風に吹かれてのびのびと暮らす凪を見ていると、こちらまで爽やかな気持ちになりました。

凪が捨てられていた古い扇風機を拾って持ち帰るシーンがありましたが、風の描写が印象的。

そういえば、わたしが子供の頃はいつも家の中に風が通っていたような。
凪の家よりちょっとだけ広いアパートだったけど、日中、クーラーを使っていた記憶がありません。

あの古い扇風機も、昔うちにあったのとそっくり。
当時は窓も玄関も開けっぱなしで、外から丸見えの状態で昼寝をしたりしてました。

しかし思い切りましたねぇ、断捨離。
やってみたい気持ちはあるけど、無理だわー。いろんなものに執着がありすぎて。

きっと凪にとってはすべてが「見せかけの物」だったんだろうなぁ。

友達ごっこで繋がる同僚。
ステータスだけのモラハラ彼氏。
毎日1時間かけて仕上げるサラサラのストレートヘア。

心から好きなもの、手放したくないものが、ひとつでも見つかるといいのだけど。

個人的には慎二やゴンとの恋愛にはあまり興味がなくて(スミマセン)、そればっかりがメインになったら見なくなると思うので、バランスよくお願いしたいです。

おんぼろアパートの住人たちや、凪が新しく出会う人々と生み出す人間模様が楽しみ。

このドラマは、Paraviで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください
追記第3話で脱落しました……やっぱり恋愛モードが強すぎてついていけなかったです。ごめんなさい。

ほかの記事を読む?

日本版「TWO WEEKS」 「TWO WEEKS」第1話|日本版も面白い!濡れ衣を着せられた男の逃亡劇 「ボイス 110緊急指令室」 「ボイス 110緊急指令室」第1話|面白いけどハラハラしすぎて心臓に悪い