アシガール第1回|本格的な時代劇になるかどうか

ドラマ「アシガール」

どうも、夏蜜柑です。
「アシガール」第1回。

主人公・唯がタイムスリップして物語はこれから、という感じの第1回でしたね。
若君が信長とか有名な人物じゃなく、架空の人物なのがいいです。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1回「見参!戦国女子高生」あらすじ

速川唯(黒島結菜)・十六歳。走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。目覚めた唯は激しく混乱するが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じる。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れする。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。なりゆきで、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに息子の唯之助として身を寄せる唯。いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すが・・・。(公式サイトより)

吉乃は唯が女であることを見抜いていましたが、理由を聞かずに送り出します。

忠清に会うため黒羽城に忍び込んだ唯は、忠清の兄・成之(松下優也)を忠清と間違えて声をかけ、すぐさま門番たちに見つかって城から追い出されてしまいます。

第1回「見参!戦国女子高生」感想

主人公・唯を演じる黒島結菜さんが元気いっぱいで可愛かった。
「時をかける少女」のときから、彼女はいつも走ってるイメージ^^

足軽が主人公って、時代劇でもなかなか見ないですよねー。
豊臣秀吉の足軽時代は、大河ドラマでよく目にしますけども。
身分としては、武士と農民の間くらいの感じらしいですね。
足軽の兵装が女子高生の制服に似てるっていうのは、目からウロコでした^^;

弟が発明したタイムマシンで戦国時代にタイムトリップする……という設定がぶっ飛んでるので、どうなることかと思ったけど(ヘタすると大失敗の可能性も)、戦国時代のシーンはさすがNHKだけあってちゃんと時代劇してたし、思ってたより見やすかったです。

今後、どこまで本格的な時代劇を見せてくれるのか(あるいは見せてくれないのか)も、個人的には気になるところですねー。

私は原作未読なので、これからのストーリー展開も楽しみ。
はたして唯は、レンコンのはさみ揚げを食べられるのでしょうか?(笑)


ほかの記事を読む?

ドラマ「アシガール」 アシガール第2回|もっとドキドキさせてほしい ドラマ「アシガール」 「アシガール」あらすじ・登場人物(キャスト)・ロケ地・原作