ブランケット・キャッツ第2話|原作には登場しない椎名の妻

「ブランケット・キャッツ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
「ブランケット・キャッツ」第2話。

原作には登場しない椎名の妻・陽子との回想シーンが少しだけ出てきましたね。
いったいどんな女性だったのか、気になるところです。

第2話のあらすじ

リストラされてしまった隆平(マギー)は、借金返済のために自宅を売りに出していた。隆平は、職探しの帰り道、猫の飼い主募集の張り紙があるのを見つける。子どもたちのために自宅での最後の思い出づくりをしようと、秀亮(西島秀俊)に頼み込んで猫を預かる。家に帰った隆平は、子どもたちに猫を見せるのだが、子どもたちの反応は冷ややかだった。そして、猫と一緒に預かってきた毛布がなくなってしまうのだが…。(番組公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、重松清さんの連作短編小説「ブランケット・キャッツ」です。
2泊3日・毛布付きで、猫を貸し出すペットショップがある──。
ちょっと人生に躓いた人たちの、猫と過ごす数日を描いた7つの物語です。

第2話の原作との違い

ドラマ第2話「我が家の夢のブランケット・キャット」は、原作では最終話にあたります。
原作との主な相違点をあげてみました。

以下、原作のネタバレになりますのでご注意ください。

1.隆平

ドラマでは、子供たちの夢を叶えようと、主人公・椎名から猫を引き取ります。しかし、妻の春恵に「猫なんて飼えない」と反対されて、トライアル期間の3日が過ぎたら返すことにします。子供たちには「猫を預かった」と話します。

原作では、この家での最後の思い出にと、隆平がペットショップからレンタル猫を借りてきます。子供たちにも、「この猫はレンタルなんだ」と説明します。

2.猫の名前

ドラマでは、隆平が名前を聞いてこなかった、という理由で、息子の陽太が「ニャースケ」という名前をつけました。

原作では、息子の陽介がポケモンに登場するモンスターと同じ「ニャース」と名付けました。

3.椎名

ドラマでは、猫の飼い主である椎名は、必ず猫を引き取る相手の家を下見に行きます。今回はそれに加えて、家具の引き取りで再び隆平の家を訪れ、そこで隆平が抱える家の事情を知ることになります。

原作では、ペットショップの店長が借り主の家を下見することはありません。また、このお話には店長は登場しないため、隆平と店長のやりとりもありませんでした。

4.家具の引き取り

ドラマでは、隆平の妻の春恵が、家具の修繕をしている主人公・椎名に連絡をしてダイニングセットを引き取って欲しいと依頼していました。

原作では、春恵は資源回収業者に連絡し、鍋や食器などを引き取ってもらいます。アパートには狭くて置けないという理由で隆平のお気に入りのソファーも引き取ってもらおうとしますが、ためらった末に「またあらためて電話します」と言います。

5.隆平が思い出にこだわる理由

ドラマでは、特に説明はありませんでした。

原作では、妻の春恵に「思い出なんか残さなくてもいい」と言われた隆平が、昔見たドラマ「岸辺のアルバム」について語ります。ドラマのラストシーンは、洪水でわが家を失われた家族の手もとにアルバムが残る、というものでした。「思い出さえあればやり直せる」と隆平は言います。
さらに、自分は次男だったから兄貴より写真が少なくて寂しかった、とも言っています。

6.椎名の妻・陽子

ドラマでは、交通事故で亡くなっています。7匹の猫は、陽子が飼っていました。亡くなる前、椎名がプレゼントしたピンクのバラを挿し木にして、鉢植えにして育てていました。陽子が他界した後、ピンクのバラの花言葉が「感謝」だと判明します。

原作では、登場しません。ドラマオリジナルの人物です。

第2話に登場した猫は?

隆平が子供たちのために連れて帰ったのは、「むぎ」でした。
しっかり者だけど少し臆病・子供と遊ぶのが好き。

ちなみに「むぎ」を演じている猫は、「にぼし」さんです。

第2話「我が家の夢のブランケット・キャット」感想

今回は、隆平と春恵を演じたおふたりが素晴らしかったです。
マギーさんの、ちょっと情けない隆平がいい味を出してました。

そして春恵を演じた奥貫薫さん、とても良かったですよね!
間違った行動を取ってしまった娘に対して、怒るのではなく、自分の考えを静かに語って聞かせる……。このシーンは、今回いちばんの泣き所でした。

西島さん演じる椎名は、亡くなった妻の陽子に対して後悔があるようです。
陽子が残した猫やバラを大切に世話している様子を見るだけで、椎名の後悔と優しさが伝わってきます。
陽子はドラマオリジナルの人物なので、どういう人だったのかまったくの謎です。

椎名が暮らしてる家、ちょっと素敵ですよね。
猫7匹とあんな家で暮らしてみたい……と思ってしまいます(笑)

原作は、人生に躓いた人や家族を描いたお話ですが、設定が「レンタル猫」なので、猫はその場限りの“異物”でしかないんですよね。

その点が少し悲しかったので、ドラマでは椎名と猫の暮らしぶりが見られて嬉しいです。このまま椎名が猫を飼えばいいのになぁ~。

7匹の猫たちが、みんな幸せになれますように!

「ブランケット・キャッツ」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ブランケット・キャッツ第3話|飼い主見つかる? ブランケット・キャッツ第1話|猫に振り回される主人公