神木隆之介主演「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」キャスト、あらすじは?

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」

神木隆之介さん主演のドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」が、4月21日(土)からNHKの土曜ドラマ枠でスタートします。

神木さん演じる新人弁護士が、スクールロイヤー(学校弁護士)として崩壊寸前の教育現場に立ち向かい、傷つきながら成長していく学園ヒューマンドラマです。

基本情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年4月21日(土)から毎週土曜夜8時15分~【連続6回】
  • 脚本:浜田秀哉(「ラストホープ」「ナオミとカナコ」「Chef~三ツ星の給食~」)
  • 音楽:川村竜
  • 演出:柳川強、佐々木善春、渡辺哲也
  • プロデューサー:山本晃久
  • 制作統括:松川博敬
  • 番組公式サイト:http://www.nhk.or.jp/dodra/yakeben/

スクールロイヤー制度とは?

スクールロイヤー(学校弁護士)とは、教員や保護者の法的な相談に乗るなど、学校をサポートする弁護士のことです。

スクールロイヤー制度は、学校内で問題が起きた際、弁護士会と教育委員会の連携のもと、学校に弁護士が派遣されるというもの。

大阪府では平成25年度から独自に同制度を実施し、500件近くの相談が寄せられたことが昨年8月の報道で明らかになりました。

文部科学省は、今年度より全国10か所でこの取り組みを始めると発表しています。

あらすじ

新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、弁護士事務所のボス・高城(南果歩)から派遣されたのだ。対面しているのは、娘が体罰を受けたと学校に抗議してきた保護者である。

「学校を訴える!」と言って聞かない保護者に対し、田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と言い切り、見事に追い返す。校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。
「学校には学校のルールがある」と主張する三浦は、生徒からも保護者からも信頼の厚い、教師の手本のような人物である。

それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展する。田口の態度に腹を立てた保護者が1枚の文書を送りつけてきたのだ。そこには担任教師・望月(岸井ゆきの)が体罰を行った事実を認める文言と署名があった。保護者に呼び出された望月があろうことか、言われるがままに署名してしまったのだ。

スクールロイヤー・田口章太郎はこの問題をどのように解決に導くのか?答えのない学校問題と格闘する日々が始まっていた――。(NHK公式サイトより)

登場人物(キャスト)

田口章太郎……神木隆之介
スクールロイヤー制度で青葉第一中学校に派遣された新人弁護士。

三浦……田辺誠一
青葉第一中学校の教務主任。生徒からも保護者からも信頼の厚い、教師の手本のような人物。

望月……岸井ゆきの
青葉第一中学校の教師。生徒に体罰を与えたとして、保護者から抗議される。

倉守……小堺一機
青葉第一中学校の校長。トラブルを嫌う事なかれ主義。

高城……南果歩
章太郎が所属する弁護士事務所のボス。

宇野浩平……佐藤隆太
青葉第一中学校の理科教師。3年3組の担任。周囲には言えないある秘密を抱えている。

駒井朋子……濱田マリ
青葉第一中学校のベテラン英語教師。関西弁がたまに出る。

曽根崎敬介……菅原大吉
青葉第一中学校のベテラン教師。部活など面倒な仕事を避ける。

小柴三郎……井上順
謎の老弁護士。田口のピンチを救う!?

水島真紀子……堀内敬子
第1回ゲスト。娘が担任教師に体罰を受けたと学校に乗り込んでくるモンスターペアレント。

長沼正夫……渡辺哲
第2回ゲスト。青葉第一中学の近隣住人。吹奏楽部の音がうるさいと騒音被害を訴える。

山下久恵……須藤理彩
第5回ゲスト。娘の未希がクラス内でいじめのターゲットになっている。


ほかの記事を読む?

NHKドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」 「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」第1回|モンペに立ち向かう弁護士 NHKドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」 「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」第2回|主人公をバカな青二才にしないで