「ミストレス~女たちの秘密~」最終話|あっさり解決。今までのゴタゴタは何だったのか

NHKドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』

「ミストレス」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
NHK金曜10時「ミストレス~女たちの秘密~」最終話(第10話)。

最後は〝イイ感じ〟でまとまりましたが……薄っぺらい。
どこがサスペンスなの?

4人が恋人とくっついたり離れたりするのを繰り返し見せられただけだった。
そういうのに面白みを感じないわたしのような人間にとっては、本当につまらなかった。

最終話「新しい世界」のあらすじ

香織(長谷川京子)は自殺ほう助の罪で、貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)から訴えられ警察の取り調べを受ける。友美(水野美紀)はそんな香織を守ろうとするが、彼女も生きていた夫・俊哉(吉沢悠)とどう決着を付けるかで悩んでいた。冴子(玄理)は一人で子供を産み育てていく決意をし、玲(篠田麻里子)への愛に目覚めた樹里(大政絢)は人生初の純愛に苦しむ。4人は自らの幸せをつかみ取る、人生の分岐点に立っていた。(NHK公式サイトより)

最終話の感想

最後まで登場人物の言動についていけないドラマでした。
とにかく「なんで?」と思うことが多くて、物語に入り込めない。

彼女(と彼ら)の心理がもう少しきめ細かく描かれていたら感情移入できたかもしれないけど、まったく無理だった。

終わってみたら大した〝秘密〟もなくて、ストーリーは単純そのもの。
同じような場面の繰り返しなので、途中から飽きてしまいました。

友美

海難事故で死んだと思っていた夫・俊哉が生きていました。
しかもその理由が不倫相手のため(半ば脅されてたようですが)

無言電話の正体は俊哉だったらしく、突然帰ってきて「もう一度やり直したい」と言います。

何考えてるんでしょうねぇ、この夫。
虫が良すぎませんか?

友美は一旦断るのだけど、娘に会いたいというので遠くから見るだけという約束で会わせたら、「パパだよ」と名乗り出て娘はパニックに。

その場にいた安岡親子も、何がなんやら。そりゃそうです。
この夫の浅はかな言動には呆れるばかりでした。

考える必要なんてないと思うんだけど、友美は安岡さんに「少し考えさせて」と。
結局、最後は警察に通報して夫は連行されました。

これからは安岡さんとやっていくみたいです。
夫が生きていたことが証明されたので、当然保険金はパア。

俊哉の不倫相手のミキ、友美と安岡さんの関係をよく思っていなかった安岡さんの娘、友美に嫌がらせしていたママ友、どうなったんでしょう?

香織

木戸と不倫関係にあったこと、彼にモルヒネを処方して自殺を幇助したことが木戸親子にバレてしまい、香織は木戸の妻・佳恵から激しい憎悪を向けられます。

佳恵が香織を訴えたために警察から事情聴取を受けることになり、なんとかその場はやり過ごすものの、ネットに噂をばらまかれクリニックを休業することに。

貴志は母がネットに書き込んだと思っているようでしたが、佳恵は否定していました。

これ、香織の元彼の小田切の仕業ではないかとわたしは思っています。
香織と復縁したがっていたし、大学病院に誘っていましたからね。

香織は貴志と会い、木戸にモルヒネを処方したけど渡せなかったことを打ち明けます。
京都の大学に戻るという貴志に別れを告げ、クリニックを閉めて旅に出ると決めた香織ですが……。

絶対、京都行くよね!?

あんだけ別れる別れる言っといて、「今でもあなたが好き」とか言っちゃうし。
この人の恋愛体質はこの程度のことでは変わらないと思うわ。

このドラマのメインともいえるパートでしたが、この2人の恋愛事情がいちばんどうでもよくて退屈だった。

冴子

同僚の坂口の子供を妊娠し、夫の悟史から離婚届を突き付けられた冴子。

「別れたくない」って言ってたけど、じゃあどうしたかったの?
「あなたの子供じゃないけど一緒に育ててよ」って言いたかったの?

悟史に「あなたの子供じゃない」と打ち明けた時点で、離婚は覚悟の上じゃなかったの?

一時の感情に流されて軽率な行動に走り、結果追い詰められ、自分では何も決断できず、泣いてばかりいる冴子にはイライラさせられました。

彼女の言動のどこからもキャリアウーマンらしさが感じられないのが致命的。
同僚の坂口に対する態度も、最後までよくわかりませんでした。

夫と離婚してひとりで坂口の子供を産むと打ち明けておいて、「坂口君は私にはもったいない」とか言います? ないわ。ドラマとしてもセリフのセンスがなさすぎ。

最後は悟史が心変わりして「冴子と別れるなんて無理」と言い出し、2人は元サヤに収まりましたが。

この2人はうまくいく予感が1ミクロンもないわ。
悟史はことあるごとに「他人の子供」であることを持ち出して、「やっぱり無理」って別れ話を切り出しそう。

樹里

玲が結婚した後も別れられず、不倫関係を続けていた樹里。
でもやっぱり辛いからと玲に別れを告げました。

ここもずーっとくっついたり離れたりを繰り返すだけでしたね。
別れる言うたり、やっぱり会いたい言うたり。

目新しさは女同士の関係という点だけ。
ビジュアルのよさだけで保っていたパート。

曽我部さんと樹里パパの存在はいったい何だったんだろう?

なんだかんだ言って最後まで見てしまったけど、内容的には全5話くらいの薄っぺらさでした。原作のBBC版や韓国のリメイク版は評価が高いので、NHKはそっちを放送すればよかったのにと思います。

 

このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

「ミストレス」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

NHKドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』 「ミストレス~女たちの秘密~」第6話|裏切られた友美、開き直る香織 NHKドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』 「ミストレス~女たちの秘密~」第1話|恐怖を掻き立てる演出にゾクゾクする