みをつくし料理帖第2回|大坂の昆布出汁、江戸の鰹出汁

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」第2回。

またもや、上方と江戸の食文化の違いに悩まされる澪。
美味しそうな料理を見ていると、ほっこりします。
澪を応援する優しい人々との触れあいにも心が温まりますね。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第2回「とろとろ茶碗蒸し」あらすじ

澪(黒木華)が考案した「はてなの飯」は評判を呼び、つる家は大忙し。同じ長屋に住むおりょう(麻生祐未)も店を手伝ってくれます。

しかし、あっという間にほかの店も「はてなの飯」を出すようになり、つる家は再び閑古鳥が鳴く状態に。それを聞いた芳(安田成美)は、「どのみち戻り鰹の旬はもうじきしまいや。またなんぞ店の看板になる料理を作らなあかん」と澪に助言します。

澪は、小松原(森山未來)に「お前の料理は本筋から外れている」と言われたことを気にしていました。澪自身、江戸に来てからの自分の料理の味に、納得していなかったのです。

芳は、大坂にいた頃、澪だけが井戸の水が変わったことに気づき、嘉兵衛(国広富之)が澪の才を買って料理人に育てると決めたことを、澪に思い出させます。「おまえの舌は嘉兵衛のお墨付きや。何も案ずることはあれへん」

澪は、嘉兵衛の「料理の基本は出汁や」という言葉を思い出し、料理の基本がなってないということは、出汁の味が決まっていないということだと気づきます。大坂は昆布出汁、江戸は鰹出汁。鰹出汁に慣れない澪は、見様見真似で出汁を作っていたのでした。

芳に言われて、澪は江戸で一番の料理屋「登龍楼」に足を運び、お吸い物を口にします。どうすればこんな味が出せるのか。試行錯誤を重ねる澪。

芳の様子を見に、永田源斉(永山絢斗)が長屋を訪ねてきました。澪と芳を親子と間違えた源斉に、澪は自分の生い立ちを語ります。

澪は子供の頃に水害で両親を亡くし、放浪していたところを芳に助けられ、【天満一兆庵】の奉公人となったのでした。源斉は「口から取るものだけが人の体を作ります。おいしい料理を作る人は、それだけで貴いのです」と澪を励まします。

澪は、鰹出汁を味見したおりょうの夫・伊佐三(小林正寛)の「昆布出汁と鰹出汁をいっぺんに飲んだら、口の中が旨みで満たされそうだ」という言葉で、あわせ出汁を作ることを思いつきます。

つる家を訪れた小松原は、種市(小日向文世)から澪の様子を聞き、「なんでそんなに肩入れする?」と尋ねます。種市は、澪が自分の亡くなった娘・つるに似ていることを明かします。種市は、娘のつるが自分に償いをさせるために、澪に姿を変えて戻ってきたのだと信じていました。

あわせ出汁を作るため必死になっている澪を見て、芳は自分の大切なかんざしを売って、澪のために大量の鰹節と昆布を用意します。「これを使うて、澪に思うような料理を作らせてやっていただきとうおます」と種市の前で土下座をする芳。芳の思いに触れ、澪は泣き出します。

ようやくあわせ出汁が完成し、澪は芳のために滋養のある卵や銀杏、百合根を使った料理「茶碗蒸し」を作ります。「おいしい」と言って喜ぶ芳。

澪が作った「とろとろ茶碗蒸し」は、つる家の新たな看板料理となり、ふたたび客が押し寄せるようになります。

ある日、澪がいつものように近所のお稲荷さんにお参りをしようとすると、そこには立派な裃をつけた小松原がいました。

第2回「とろとろ茶碗蒸し」料理レシピ

澪の献立帖は、公式サイトで動画つきのレシピが見られます。

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/html_miwotsukushi_recipes02.html

原作・高田郁先生のちょい足し料理帖はこちら↓

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/html_miwotsukushi_sp02.html

第2回「とろとろ茶碗蒸し」感想

黒木華さん演じる澪が、料理のアイデアを思いついたときの顔がすごくいい!
毎回、こちらまで嬉しくなってしまうような満面の笑顔を見せてくれます。
なんだか、毎回この顔を見るのが楽しみになってきました(笑)

今回は、料理の基本「出汁」がテーマ。
私も大阪にいた頃はあえて考えたことがありませんでしたが、関西は昆布出汁、関東は鰹出汁が主流なんですねぇ。ちなみに今は、私も「あわせ出汁」にすることが多いです。

余談ですが、大阪に昆布文化が定着したのには、大坂城の築城が深く関係しています。
一説によると、大坂城の石垣を築くための巨石を各地から運ぶ際、木製のソリを使用したのですが、そのソリの滑りをよくするために昆布のぬめりが利用されたというのです。

その後、役目を終えた昆布を「もったいない」と大坂の商人たちが煮たところ、おいしい出汁が出て、それを機に昆布を使うようになったとか。嘘みたいな話ですよね。ホントかな(笑)

次回は萩原聖人さんが登場するようです。
萩原さんにぴったりのいい役ですよね~。楽しみです。


登場人物と原作ネタバレを読む?

「みをつくし料理帖」あの人の正体は?登場人物ネタバレ紹介

 

そのほかの記事を読む?

みをつくし料理帖最終回|滋味滋養にこめられた思い みをつくし料理帖第5回|江戸城・土圭の間とは?