みをつくし料理帖第4回|黒木華が上方言葉で啖呵を切る

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」第4回。

澪といい、ご寮さんといい、上方言葉で啖呵を切られると、やっぱり凄みが出ますね(笑)
地元の人間にとっては、ちょっと気持ちがいいです。相手が嫌な奴だと特に!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4回「ほろにが蕗ご飯」あらすじ

澪(黒木華)の作った「三ツ葉尽くし」とまったく同じ料理が、「つる家」よりも一日早く「登龍楼」で出されていたと知り、ショックを受ける澪。

種市(小日向文世)から話を聞いた小松原(森山未來)は、「釆女宗馬を本気にさせちまったようだな」と言います。

澪は偶然ではないと考え、澪を手伝っていたふき(蒔田彩珠)に疑念を抱きます。澪は、芳(安田成美)から、ふきが以前「登龍楼」で働いていたことを聞きます。

さらに、「登龍楼」の料理人・末松(毎熊克哉)がふきを「つる家」に紹介するよう口入れ屋に頼んでいたこと、そのことを「つる家」には内緒にするよう口止めしていたことを知り、憤る澪。

ふきの父親は借金を作り、「登龍楼」の主・釆女宗馬(松尾スズキ)が借金を肩代わりしてくれたことから、二親が亡くなった後、ふきは幼い弟と共に「登龍楼」で奉公することになったのでした。ふきにしてみれば弟を人質に取られているようなものだと、芳はふきの気持ちを思いやります。

澪は、幼い頃に易者から「雲外蒼天」の相だと言われたことを思い出し、永田源斉(永山絢斗)やみんなの前で話します。澪の人生には困難辛苦が降り注ぐが、その苦労に耐えて精進を重ねれば、必ず真っ青な空を見ることが出来る──そう言われたのでした。

その時、一緒にいた幼なじみの野江は、太閤にも勝る天下取りの相「旭日昇天」だと言われましたが、幼い野江は「天下を取るような運なら、それに見合う不運も連れてくる」と恐れ、澪の「雲外蒼天」のほうがいい、と言ったのでした。

その夜、大坂の町は水害に遭い、野江は行方知れずになりました。澪は、自分はさまざまな不運に見舞われたが、そのたびに芳や種市に助けられた、きっと野江が出会わせてくれたのだと話します。

澪の話を聞いていたふきは、「つる家」を飛び出していきます。澪はふきを追いかけて「登龍楼」へ行き、主人の釆女宗馬を呼び出します。

澪の話を聞いた釆女宗馬は、その場で料理人・末松を殴りつけ、「登龍楼」から追い出しました。そして澪に両手をついて謝まります。しかし、「登龍楼」の暖簾に泥を塗り、主に恥をかかせたふきをこのまま置いておけないと言い、一方的に解雇してしまいます。

さらに釆女宗馬は、「茶碗蒸しも三ツ葉尽くしも、もとよりある料理だ。あわせ出汁もかなり昔からある手法。それを、自分だけが考えついたとは……思い上がりも甚だしい」と澪に言い放ちます。

幼い弟を「登龍楼」に残して「つる家」にもどってきたふきは、澪が作った蕗ご飯を食べて「ごめんなさい」と泣きながら謝ります。

「登龍楼」を追い出された末松は、店の外で釆女宗馬が出てくるのを待っていました。釆女は何も言わず、末松に金貨を渡します。その晩、怪しい数人の男たちが、ひそかに「つる家」に忍び寄ります。

澪が気づいたときには既に火が回っていました。澪と種市はなんとか逃げ出すものの、「つる家」は全焼してしまいます。気落ちして食事もできなくなってしまった種市を前に、澪は「もう料理も何もかもやめます」と源斉に言います。

その夜、吉原・翁屋の料理番、又次(萩原聖人)が澪の長屋を訪ねてきます。「弁当を作ってくれないか」という又次に、一度は断りかけた澪でしたが、又次の手にした弁当箱を見て、迷った末に引き受けます。

作ったおにぎりを詰めようとして澪が弁当箱の蓋を開けると、中には袱紗に包まれた金貨が入っていました。それと共に、「雲外蒼天」と書かれた文が……。

それを見て、澪は野江が生きていることを悟ります。又次は、その人の名は「あさひ太夫」だと澪に教えます。

あさひ太夫(成海璃子)は又次に、「もし弁当に詰める料理を作ったのなら、澪ちゃんはきっと立ち直る。その時には、この十両を用立てて欲しい。澪ちゃんに、そない伝えて」と又次に伝言を預けていたのでした。

夜、稲荷神社の前を通りかかった源斉は、そこで小松原が複数の男たちに制裁を加え、「これ以上つる家に構うな。土圭の間の小野寺がそう言っていたと釆女に伝えよ」と言うのを聞きます。

第4回「ほろにが蕗ご飯」料理レシピ

澪の献立帖は、公式サイトで動画つきのレシピが見られます。

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/html_miwotsukushi_recipes04.html

原作・高田郁先生のちょい足し料理帖はこちら↓

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/html_miwotsukushi_sp04.html

第4回「ほろにが蕗ご飯」感想

「雲外蒼天」とだけ書いて渡したあさひ太夫(野江)、粋ですね~。
そして、それを見てすぐに太夫の正体に気づく澪も。
それだけ、ふたりの心は、何年経っても繋がっていたということなのでしょうね。

「雲外蒼天」と「旭日昇天」、どちらがいいのでしょう。
私は聞いてしまったその瞬間から、言葉に囚われてしまうので、占いは好きではありません。
できれば何も知らずに運も不運も乗り越えて、死ぬ前に「私の人生は○○だったなぁ~」と言いたいです(笑)

次回は、天満一兆庵の元料理人・富三が登場します。
芳の息子・佐兵衛が姿を消したわけを知っているようですが……。

登場人物(キャスト)と原作ネタバレについては、こちら↓の記事で書いています。

https://dramaeveryday.com/nhk_miwotsukushi_01-1/

ご寮さん、とは?

ドラマの中で、澪や種市は芳のことを「ご寮さん」と呼んでいます。
この「ご寮さん」、どういう意味なのかと調べてみました。

「ご寮さん」は「御寮人」を略したもので、主に大坂など西日本で使われる呼び名です。
商家において「若奥さん」を意味する呼び名のひとつで、奉公人や外部の人が、若奥さんに対してそう呼ぶみたいですね。

しかし芳は、48歳という設定。決して若くはないですよね……?
普通は年配の人に「御寮人」は使わないらしいのですが、まれに慣習的に呼び続ける場合もあるそうです。

ドラマでは「ごりょうさん」と呼んでいましたが、「ごりょんさん」や「ごりょうはん」と呼ぶ場合もあるみたいですね。

ちなみに私は大阪生まれの大阪育ちですが、「ご寮さん」は聞いたことがなかったです(^^;)


登場人物と原作ネタバレを読む?

「みをつくし料理帖」あの人の正体は?登場人物ネタバレ紹介

 

そのほかの記事を読む?

みをつくし料理帖第2回|大坂の昆布出汁、江戸の鰹出汁 みをつくし料理帖第3回|江戸っ子の「見栄」と「張り」の違い