鳴門秘帖第4回|孫兵衛は意外と面白キャラ?

NHKドラマ「鳴門秘帖」

どうも、夏蜜柑です。
「鳴門秘帖」第4回。

今回はお綱姐さん大活躍の回でした。かっこよかったです!叶わぬ弦之丞への想いを「月夜の晩にひいた風邪」と形容するのも粋でしたね~。

なぜか死ぬほど弦之丞を好きになってしまったお米といい、弦之丞は罪作りな男だなぁ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4回「悲しき慕情」のあらすじ

  • 弦之丞(山本耕史)は中山道下諏訪の宿で大坂料理宿「川長」の娘・お米(武田玲奈)に助けられ、時雨堂に身を隠すことに。一方、孫兵衛(袴田吉彦)と遭遇したお綱(野々すみ花)は、酒に眠り薬を仕込んで孫兵衛が眠っている隙に逃げ出す。
  • お米は弦之丞に千絵という想い人がいることを知り、首を吊って死のうとするが、偶然通りがかったお綱に止められる。お綱はお米の好きな相手が弦之丞とは知らないまま、「好きな男のために命を投げ出すと決めた」と自分の気持ちを語り、お米を励ます。
  • 弦之丞の父・一学(塩野谷正幸)が弦之丞の名で「鳴門秘帖」にまつわる経緯を書いた意見書を目安箱に入れたことから、弦之丞は老中・田沼意次から公儀隠密としての阿波探査を許される。
  • 時雨堂で孫兵衛に捕らわれたお綱と万吉(梨本謙次郎)。お綱は、和蘭陀歌留多で勝ったら万吉を逃がすことを条件に、孫兵衛に勝負を挑む。お綱の勝ちが決まりかけた時、孫兵衛の仲間・三次(キンタカオ)はいかさまでお綱に勝とうとする。そこへ弦之丞が現れてお綱と万吉を助け、2人を連れて逃げる。

第4回の感想

今回のザ・ベスト昭和的場面は、投げ縄(鉤縄?)のシーン。
最初は万吉が、2回目は弦之丞が使ってましたね~。

どこからともなく「ひゅるるるる」と飛んでくるのがカッコよかった!

弦之丞の出番が少なかったので「おや?」と思っていたら、最後にしっかり見せ場を作ってくれていました。尺八の音色と共に登場するヒーロー。

王道だわ~(^-^)

しかし今回の主役は完全にお綱さんでしたね。
勝負強いし度胸あるし色っぽいし、そのうえ義理堅いし、言うことなし。

弦之丞がイジイジしてるので、お綱さんのほうがかっこよく見えてしまうわ(笑)

それにしても武田玲奈さん演じるお米は、なんでそこまで弦之丞に惚れ込んじゃったのか謎。チラッと鏡に映った顔を見ただけなのに。完全なるひと目ぼれ?

お米が好きになった相手が弦之丞だとも知らず、自分の恋の道を語って聞かせるお綱姐さん。弦之丞への想いを貫くことに決めたお米もまた、阿波へ向かうことになりそうです。

わたし、てっきりこのドラマは阿波がメイン舞台になるのかと思ってましたが、そうではなくて、どうやら阿波へ向かう道中がメインみたいですね(西遊記的な感じ?)

そして今回もまた、お綱姐さんにしつこく付きまとうお十夜頭巾の孫兵衛
最初ストーカーみたいでウザいわ~と思ってたけど、だんだん憎めなくなってきたわー。

悪役とは思えないほど間が抜けてるんだもん。

お綱さんの色仕掛けに引っかかってあっさり眠り薬仕込まれたり、
お綱さんと和蘭陀歌留多の勝負をして大負けしたり。

お綱さんに遊ばれてるとしか思えない( ̄∇ ̄;)

「腰にある生き血を吸った助広でてめえを半分に切り刻んでやろうか!?」

って、いつも威勢だけはいいんだけどねぇ。
毎回お綱さんにも弦之丞にも簡単に逃げられてて、笑ってしまう。

しかし本人は全く気にしてないっぽい。鋼のメンタル

意外と面白キャラ?
悪役だけど根はいい人なのかしら、孫兵衛。

和蘭陀歌留多(オランダかるた)というのは初めて聞きました。
絵札はトランプそのものでしたね。キングやクイーンの顔が怖かったけど。

次回は中山道妻籠宿(ここ、一度行ってみたい場所なんですよね)
正名僕蔵さん演じる平賀源内が再び登場するようです。

created by Rinker
¥799 (2018/12/16 04:42:07時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「鳴門秘帖」 NHKドラマ「鳴門秘帖」キャスト・原作・あらすじは?山本耕史が美剣士役 NHKドラマ「鳴門秘帖」 鳴門秘帖第5回|平賀源内、エレキテルで忍者を撃退