鳴門秘帖第8回|天童一角&甲賀世阿弥の最期

NHKドラマ「鳴門秘帖」

どうも、夏蜜柑です。
「鳴門秘帖」第8回。

いよいよ舞台が阿波に移り、盛り上がってきましたね。しかし、天童一角があっけなく死んでしまったのには驚きました。孫兵衛とのコンビ、面白かったのになぁ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8回「親子の名のり」のあらすじ

  • 船から鳴門の渦に飛びこんだ弦之丞(山本耕史)とお綱(野々すみ花)は、無事阿波に漂着。お遍路に身をやつし、世阿弥(中村嘉葎雄)が幽閉されている剣山へと向かう。それを知った竹屋三位卿(篠井英介)は山狩りを命じ、一角(渡辺大)、孫兵衛(袴田吉彦)、周馬(武田真治)らも剣山に入る。
  • 追っ手の襲撃を受けた弦之丞はお綱を逃がし、一角を斬る。弦之丞が来ることを知った世阿弥は、剣山の山牢から脱出。埋めていた鳴門秘帖を掘り出すが、竹屋三位卿の矢を受け洞窟に身を隠す。
  • 周馬は世阿弥を見つけ出し、鳴門秘帖を横取りしようとしたところをお綱に撃たれる。周馬は世阿弥に致命傷を負わせて逃亡。世阿弥はお綱と親子の名のりをし、鳴門秘帖を授けて息絶える。
  • そこへ孫兵衛が現れ、お綱と鳴門秘帖を手に入れる。お綱を人質に取られた弦之丞は、竹屋三位卿に捕らえられ、徳島城の牢に入れられてしまう。その頃、千絵(早見あかり)と万吉(梨本謙次郎)は四国屋の船で阿波へ向かっていた。

第8回の感想

あまりにもあっけなく退場してしまった一角……。

たいした見せ場もないまま、弦之丞にズバァッ!と斬られて崖から転落(CG処理)。最後の殺陣は迫力あったけど、ここでの退場は非常に残念です。最終回まで生き残っててほしかったなぁ。

そして世阿弥様も亡くなりました。

10年間も牢に幽閉されていたのだから、思うように歩けなかったはず。
弦之丞に鳴門秘帖を渡そうと牢を破り、自由になったのも束の間……。

千絵様とも弦之丞とも会えないまま、門弟・旅川周馬の手にかかって死んでしまいました。世阿弥様に罪があるとしたら、周馬を門弟にしてしまったことではないかしら(ーー;)

お綱と再会して、親子の名のりをしたことだけが救いでしたね。
悲しい最期でした。

なんかもう、このドラマの主人公は野々すみ花さん演じるお綱なんじゃないかと思えてきたわ^^;

それくらい見事な活躍ぶり。そして魅力的。
弦之丞が主人公らしからぬ卑怯な振る舞いを見せるから、余計に好感度が上がるんだよね。

お綱さんは、孫兵衛と一緒になったほうが案外幸せかもしれないよねぇ。
孫兵衛が心を入れ替えて真人間になったらの話だけど。

あと篠井英介さん演じるおじゃる様(竹屋三位卿)が、いちいち面白い。

「早く殺してやる方が殺生の罪は軽いかもしれんがなオホホホホホ」

って言った後で、孫兵衛が小声で「公家とは卑しき生き物よ」ってボソッと。笑ったわ(笑)

さて、途中退場かと思われた千絵様と万吉親分が、どうやら合流するみたいです!
万吉親分は大歓迎だけど、千絵様はすこし不安だわ。足手まといにならなきゃいいけど。

でもお綱との姉妹の契りは楽しみです。

created by Rinker
¥799 (2018/12/19 08:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「鳴門秘帖」 NHKドラマ「鳴門秘帖」キャスト・原作・あらすじは?山本耕史が美剣士役 NHKドラマ「鳴門秘帖」 鳴門秘帖第9回|千絵とお綱の麗しき姉妹愛