鳴門秘帖第9回|千絵とお綱の麗しき姉妹愛

NHKドラマ「鳴門秘帖」

どうも、夏蜜柑です。
「鳴門秘帖」第9回。

お荷物だった千絵様がまさかの大活躍!強い!姉・お綱との麗しき姉妹愛もよかったです。
このドラマの女性はみんな強くてカッコいいね。ますます弦之丞の存在が霞んでいく^^;

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第9回「姉妹の契り」のあらすじ

  • 捕らわれの身となった弦之丞(山本耕史)は、蜂須賀家の行く末を懸念する家老・高木龍耳軒(田村亮)から「鳴門秘帖を必ず取り戻せ」と言われ、牢から出される。
  • 一方、お十夜孫兵衛(袴田吉彦)に拉致されたお綱(野々すみ花)は、孫兵衛の実家で目を覚ます。お綱は孫兵衛の悲惨な過去に同情するが、鳴門秘帖を奪って逃げようとする。
  • 孫兵衛と周馬(武田真治)からお綱を救ったのは、千絵(早見あかり)と万吉(梨本謙次郎)、そして弦之丞だった。お綱は千絵と姉妹の名のりをあげ、弦之丞と千絵は再会を喜び合う。
  • だが、4人はすぐに追ってきた孫兵衛と周馬に鳴門秘帖を奪われてしまう。鳴門秘帖は徳島城の重喜(相島一之)のもとに届けられるが、その夜、密かに周馬が鳴門秘帖を盗み出す。

第9回の感想

孫兵衛、やっぱり憎みきれないんだよなぁ。

前回死んだ天童一角の位牌を作って鳴門秘帖を供えてあげたり。
お綱のためにせっせと「そば米雑炊」を作って振る舞ったり。

「そば米雑炊」が気になったので調べてみたら、徳島県祖谷地方の郷土料理だそうです。

孫兵衛もちらっと言ってましたが、源平合戦に敗れてこの地に隠れ住んだ平家の落ち武者が、都を偲んで作ったのが始まりと伝えられているとか。

そば米(そばの実を茹でて乾燥させ、皮を取り除いたもの)をだし汁で煮た雑炊ですが、農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれているんですねー。

そしてあのイカ頭巾には、悲惨な生い立ちが絡んでいて。

父親が外に女を作ったせいで、母親は隠れキリシタンとなって信仰に没頭するようになり。夫からの暴力を受けて、正気を失っていったのでしょうか。

彼女は9歳の孫兵衛の額に、刃物で十字架を彫るのです。

父は母を殺して自害。
孫兵衛は額の傷を隠すために、お十夜頭巾を被るようになったと。

孫兵衛の望みは、実家で穏やかに暮らすこと。
畑を耕したり近所の子に手習いを教えたり、自分の子供の成長を見守ったり……。

お綱とのそんな平穏な暮らしを夢見ていたみたいですけど、もちろんお綱にその気はなく。お綱は鳴門秘帖を奪ってとっとと逃げてしまいます。

一瞬で夢破れる……無惨(=_=)

ここまでシカトされても、まだ諦めようとしない孫兵衛の鋼のメンタルに脱帽ですわ。

さて、千絵様と万吉が阿波に乗りこんできました。

また足手まといになるのでは~?と心配していたら、意外や意外、千絵様大活躍でした!
今までの箱入り娘っぷりはなんだったのー?(笑)

袴姿も思いのほかお似合いでした。

このドラマは昭和の懐かしさに溢れているけど、女性たちはみんな逞しくて生き生きしているねぇ。むしろ主人公の弦之丞のほうが弱々しく見えるよ。これ原作通りの設定なんだろうか?

姉がいるとわかったとたん、お姉ちゃん子になっちゃう千絵様が可愛かった^^

でもまさか姉が同じ人を好きになったとは思いもせず、弦之丞との再会を喜ぶ千絵様。
そんな妹のために、弦之丞への想いを封じる決意をしたお綱。

まだ一波乱ありそうな予感がするよ。

次回、とうとう最終回です。
全10回、長いと思ったけどあっという間でした。

どんな結末になるのかわかりませんが、楽しみです。

created by Rinker
¥799 (2018/12/19 08:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「鳴門秘帖」 NHKドラマ「鳴門秘帖」キャスト・原作・あらすじは?山本耕史が美剣士役 NHKドラマ「鳴門秘帖」 鳴門秘帖第8回|天童一角&甲賀世阿弥の最期