【ネタバレ感想】この世にたやすい仕事はない第3回|ノリが良すぎる会社

どうも、夏蜜柑です。
NHKBSプレミアムドラマ「この世にたやすい仕事はない」第3回の感想です。

あいかわらず面白い“お仕事ファンタジードラマ”です。

新しい職場でちょっと浮いている主人公のあの感じ、「あるある」ですよね。
かすみが紹介される職場が、小さな町の工場や事務所というのも親近感が湧きます。

都内の超高層オフィスビルとかだったら、この物語は成立しないだろうなあ~。

第3回「おかきの外装の仕事 前編」あらすじ

霧中かすみ(真野恵里菜)は、老舗煎餅会社・鶴千製菓で「おかきの外装を作るしごと」に就く。だが外装づくりは一筋縄ではいかない仕事だった。しかも、社長の鶴岡(山崎大輔)に『業績アップを担う救世主』と持ち上げられ、プレッシャーだけがのしかかる。鶴千ボンバーズなる即売会のイベントにも引っ張り出されたうえ、社員から自分に対する失望の声を聞いてしまったかすみは、ハローラボの正門(浅野温子)に転職を願い出る――。(番組公式サイトより)

第3回のネタバレ

かすみ(真野恵里菜)は、ハローラボの正門さん(浅野温子)から次の仕事を紹介されます。それは「おかきの外装の仕事」でした。

老舗煎餅会社・鶴千製菓では、おかきの袋裏を考案していた担当者がいなくなり、業績が右肩下がりに落ちこんでいました。袋裏にこだわる鶴岡社長(山崎大輔)は、その役目をかすみに頼みたいと言い、かすみを「救世主」だと社員たちに紹介します。

大きな期待を寄せられ、あまりのプレッシャーに困惑するかすみ。しかも新商品の「ふじこさん おしょうゆ」の箱裏企画を、全面的に任せると言われてしまいます。

イベント形式の即売会や、ノリのいい社員たちにも、かすみはついていけません。おまけに良い企画案を出せないかすみに失望した社長が、江里口さんに仕事を頼もうとしていることを知り、かすみは落ちこみます。

かすみはハローラボの正門さんに相談しますが、「愚痴をこぼすのは良い傾向です」と受け流される始末。

そんなとき、かすみの恋人・百合岡純(塚本高史)が偶然かすみの職場にやってきて、純を交えて社員たちと世間話をしているうちにすっかり打ち解けた雰囲気になります。「純くんのおかげ」と感謝するかすみ。

その時の会話をヒントに、かすみは「ふじこさん おしょうゆ」の箱裏企画として「ふじこさんのおだやかアドバイス」を提案します。かすみの企画は見事プレゼンを勝ち取り、採用されることに。

ある朝、かすみが出社すると、社長や社員たちがテレビに釘付けになっています。
テレビには、山で遭難した夫婦が「ふじこさん おしょうゆ」の箱裏に印刷されていたアドバイスのおかげで助かったと話していました。

「これはものすごい宣伝になるぞ!」と息巻く社長。
かすみもみんなと一緒になって喜びます。

第3回「おかきの外装の仕事 前編」感想

ものすっこいテンションが高い会社でしたね(笑)
かすみじゃなくても、ちょっと引きますよ、これは。

かすみを演じる真野恵里菜さんの「ついていけません」っていう感じが、疲れた表情からひしひし伝わってきました。かすみはバーンアウトしているから、こういう会社はよけい疲れるでしょうね。社員の寺井さんは、なんか面白くて好きだったけど。

お菓子の袋裏って、考えるの楽しそう。
原作の主人公も、途中まではわりと楽しんで作ってたんですよね。

このお話の後半は、原作でも「ん?」って感じで、主人公の気持ちの変化が複雑な展開を見せます。ドラマではどんな結末を迎えるのか、楽しみです。


ほかの記事を読む?

【原作との違い】この世にたやすい仕事はない第3回 【ネタバレ感想】この世にたやすい仕事はない第4回|藤子さんに乗っ取られる