【ネタバレ感想】この世にたやすい仕事はない第4回|藤子さんに乗っ取られる

どうも、夏蜜柑です。
プレミアムドラマ「この世にたやすい仕事はない」第4回の感想です。

今回は「おかきの外装の仕事」の後編でした。ハイテンションで図々しい藤子さんに、終始イライラしていたかすみの気持ち、わかるわ~(笑)

第4回「おかきの外装の仕事 後編」あらすじ

霧中かすみ(真野恵里菜)が書いた豆知識のおかげで、山で遭難していた藤田藤子(高橋ひとみ)が命拾いする。思わぬ形で注目を浴びた鶴千製菓の新商品「ふじこさん」はバカ売れ。さらに、恩返しにとボランティアを申し出た藤子が絶好の広告塔となり、鶴千製菓の業績は急上昇する。社長の鶴岡(山崎大輔)ら社員は狂喜乱舞するが、徐々に会社を支配するようになる藤子にかすみは不信感を抱く。やがて藤子はかすみの仕事まで侵し始めてきて――。(公式サイトより)

第4回のネタバレ

霧中かすみ(真野恵里菜)が書いたアドバイスで助かった藤田藤子(高橋ひとみ)がテレビに出たおかげで、鶴千製菓の「ふじこさん おしょうゆ」は馬鹿売れ。社員は対応に追われ、かすみは仕事に対してやりがいを感じ始めます。

そんな時、藤子さんが会社にやってきます。かすみに会うと、「あなたは命の恩人よ」と涙を流して大袈裟に喜ぶ藤子さん。「ふじこさん おしょうゆ」と同じ名前ということもあり、藤子さんは「恩返しをしたい」と鶴千製菓のお手伝いをすることに。

社長に取り入り、徐々に会社での幅を利かせるようになっていく藤子さん。かすみの仕事にも口を挟むようになり、かすみは藤子さんの厚かましさにストレスを感じるようになっていきます。
ハローラボの正門さんからも「そろそろ潮時では」と言われますが、続けることにこだわるかすみ。

藤子さんはかすみの自宅にも押しかけ、「ふじこさん おしょうゆ」の箱裏企画をリニューアルすると言い出します。さらに、恋人の百合岡純(塚本高史)が所属していた「カングレーホ大林」の悪口まで言われ、怒ったかすみは藤子さんと対決することを決めます。

かすみの提案で、「ふじこさん おしょうゆ」の箱裏企画をリニューアルするかどうか、社内の選挙で決めることに。さらに客の意見も取り入れることになり、かすみは「絶対負けない」と意欲を燃やします。

しかし、結果は完敗。社員の投票数もほとんど藤子さんに奪われてしまいます。藤子さんが密かにお金を渡して票を集めたためでした。

社長は藤子さんを正式に社員として迎え、今後の箱裏制作は藤子さんに任せると言います。かすみは広報全般を頼まれますが、燃え尽きたかすみは会社を辞めることを社長に伝えます。

次の仕事を探すことを決めたかすみに、純はウェディングドレスを見せて「結婚しよう」とプロポーズします。戸惑うかすみ……。

第4回の感想

このドラマ、ストーリーも面白いんだけど、毎回ゲストが良い味を出してますよね。
前回の馬場園さん演じる江里口さんもだけど、今回の高橋ひとみさん演じる藤子さんも、すごいインパクトでした(笑)

こんな人がいきなり会社にやってきて、自分の仕事にいちいち口を出してきたら、やっぱりイヤですよねー。

明るくて人当たりが良くて、一見悪い人には見えないだけに困るんです。悪口を言うと「なんで?いい人じゃん」なんて返されて、自分は心が狭いのかとひそかに落ちこんでしまう……。どこの職場にもありそうです。

さて、ドラマで馬鹿売れしていた「ふじこさん おしょうゆ」ですが、名前の由来や中身については語られていませんでしたね。

この商品は、「正三角形の角を丸くして、粉チーズを絡めた小さいあられと、海苔を振りかけた、やや薄いしょうゆ味のおせんべい」です。

「ふじこさん」は、おせんべいの三角形から、富士山をイメージするキャラクターになっていたんですね。ちなみにキャッチコピーは「やまとなでしこのように まろやかでおだやか チーズと醤油」です。

ドラマの中で、かすみの箱裏企画「ふじこさんのおだやかアドバイス」は、藤子さんが企画した「ふじこさんのズバッと相談室」に投票の結果、負けてしまいます。

だけど、商品のイメージを考えると、やっぱり「ふじこさんのおだやかアドバイス」のほうが合っている気がしますね。


ほかの記事を読む?

【原作との違い】この世にたやすい仕事はない第4回 【ネタバレ感想】この世にたやすい仕事はない第5回|原作にはない美千留の怖さ