NHKドラマ「ぬけまいる」第3話|花札が生んだロマンス

NHKドラマ「ぬけまいる」

「ぬけまいる」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜時代ドラマ「ぬけまいる~女三人伊勢参り~」第3話。

タッキー演じる長五郎、颯爽と登場(似合う)。
色気のない以乃にもロマンスが。

原作で読んだときから「正ちゃん面白いなー」と思ってたんですが、正ちゃん役に抜擢された深沢敦さんがイメージ通りで驚きました。しかも、妹役もめちゃくちゃしっくりきてる。

長五郎と正ちゃん、いったいどういう関係なんでしょうねぇ?

夏蜜柑

ごろさん、再登場あるよね?

ふぐ丸

これだけじゃ物足りん。

第3話のあらすじ

  • 難関といわれる箱根の関所越えを前に、温泉で一服することにした3人。そこへ、清水の長五郎と名乗る男(滝沢秀明)が現れる。お以乃は長五郎に「男前」と言われたことが気になり、いつもの元気が出ない。
  • その夜、3人が花札をしていると、相部屋の男が加わりたいと言ってくる。見ると、長五郎と政(福士誠治)だった。お以乃と長五郎は一対一の勝負に夢中になる。長五郎は「そんな男前も嫌いじゃないぜ」と言い、お以乃に関所抜けの秘策を教える。
  • 長五郎に教えられた場所へ行くと、女言葉を話す正蔵という男が現れる。お以乃は正蔵に千文で手形を作ってもらう代わりに、お化粧をしてあげると持ちかける。お以乃はお蝶を呼んできて正蔵に化粧を施す。
  • 手形を手に入れた3人は、箱根の関所へ向かう。女の体を検分する人見女は、正蔵の妹だった。門を出ようとした3人は役人に呼び止められるも、長五郎と政の機転でなんとか関所を越えることに成功する。お以乃は思わず長五郎の胸に飛び込み、2人は抱き合う。

第3話の感想

花札が生んだロマンス

今回の話は原作では第四章にあたり、お以乃視点で語られます。

男にはまったく興味がなさそうなお以乃ですが、長五郎には一晩で惚れてしまった様子。それも「花札の遊び方が潔い」という理由だからお以乃らしいです。

夏蜜柑

花札、なつかしいわー。

子供の頃、正月になると親戚の大人たちが花札をやるんですね。

それがすごく楽しそうで、小学校の高学年くらいになると遊び方を教えてもらって、たまに混ぜてもらったりしました(もちろんお金は賭けてませんよ)

それ以来やってないのでもう忘れちゃったけど、絵柄を見ると思い出しますね。

長五郎の正体

長五郎は、原作でも「目許がきりりと引き締まった二枚目」という設定なので、滝沢さんは適役でした。

清水湊の米問屋の主、と言ってお以乃たちの前に颯爽と現れましたが、実は博徒。
前回もちょっとだけ書いたけど、有名なあの人です。

チンピラに絡まれていたお以乃を助ける場面は、ドラマオリジナルでした。
その後チンピラに懐かれて子分にしてしまうところが愉快。

原作では、この後も登場するんですよね。
ドラマは今回だけなのでしょうか?そんなことないよねぇ。

長五郎はレギュラーでもいいくらいなのに……。
再登場に期待します。

created by Rinker
¥832 (2018/12/18 13:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

「ぬけまいる」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

NHKドラマ「ぬけまいる」 NHKドラマ「ぬけまいる」第4話|幻の黒い朝顔にとりつかれた男 NHKドラマ「ぬけまいる」 NHKドラマ「ぬけまいる」第2話|長五郎と政の正体は…