「奥様は、取り扱い注意」第5話|玉山鉄二が闇組織のボス

「奥様は、取り扱い注意」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第5話。

今回は、「太極拳教室」からの「家出」。
なんかいろいろ動き出しましたね~。
玉山鉄二さん率いる闇の組織、満を持して登場にワクワク感しかない。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

菜美(綾瀬はるか)は、優里(広末涼子)と京子(本田翼)と一緒に、太極拳を習うことに。言い出しっぺの優里の様子がいつもと違うように見えるのを、菜美と京子は心配していた。

数日後の日曜日。菜美は自分との約束はそっちのけで、休日をのんびり過ごしたいオーラを隠そうともしない勇輝(西島秀俊)に少々キレ気味。姑の嫌味に耐えかねた京子は、渉(中尾明慶)に本気の子作りを提案するがまんまと逃げられてしまう。そして仕事に出たいという願いも聞いてもらえず、休日なのに家事にも育児にも協力する気のない啓輔(石黒賢)の何気ない一言で溜まりに溜まった不満を爆発させた優里は、遂に家出を決意!優里に誘われた菜美と京子も、夕食の支度を放り出して家を飛び出してしまう!!

妻の家出に気付いた勇輝と渉、啓輔が対策を話し合う一方、優里に連れられてクラブに向かった菜美たち。優里と京子は久々の自由を楽しんでいたが、そんな2人を怪しい男たちが狙っていた。男たちの存在にいち早く気付く菜美。しかし菜美が目を離した隙に、酔いつぶれた京子がVIPルームに連れ去られてしまう!!

菜美は、京子を襲おうとしていた男たちを一瞬で蹴散らし、京子を救出。男の甘い言葉に一瞬心を揺らしそうになった優里も、結局、菜美と京子と共に家に帰ることになる。そして翌朝。優里は、菜美たちに乳がんの可能性があることを告白。優里が家出した本当の理由を知った菜美たちは、一緒に病院に行って結果を聞くことに。組織検査の結果は良性。大喜びの3人だったが、優里に新たな暗い影が忍び寄っていた…!!番組公式サイトより)

第5話の感想

西島さん演じる勇輝は、完璧な夫に見えたんだけどなー。
「すぐ忘れる」のは世の男性の共通事項みたいですね^^;

理解のないダンナの言動にブチギレし、家出をする3人。
こういう時に、一緒に羽目を外せる友達がいるっていいな。
お互いに本気じゃないのがわかってて、楽しもうとしてるところもいい。

クラブで酔っ払った京子が連れ去られちゃうけど、菜美のいつもの活躍で大した事件にもならず、今回は平和に終わるのかと思いきや……優里が突然の告白。

最初からちょっと元気なかった優里。
ダンナに対する鬱憤だけじゃなかったんだ、とわかる。

私も数年前に職場の健康診断で「乳がんの疑いあり」という結果が出た時、誰にも相談できず、不安で不安でたまらなかったことを思い出しました……。

今は何でも相談できる人ができたけど、啓輔みたいなダンナだったら私も相談しないな。
優里を手に入れるために妊娠させて結婚するとか。
嫉妬心から優里を社会に出さず、家の中に閉じ込めるとか。

嫌な感じのダンナだとは思ってたけど、ここまで酷いとは思わなかった。外道。
しかも優里が乳がん(診断の結果、問題なかったけど)のことを打ち明けた後でも、まだ優里の気持ちを尊重しようとしない。
どんだけ自分中心やねん!あほかーー!!ヽ(`Д´)ノ

ホント優里が可哀想でならない。
ついに堪忍袋の緒が切れて、合コンの誘いに乗ってしまったよ(>_<)

が、優里を誘った友人は、闇の組織に使われてるっぽい。
(やたら優里をしつこく誘うから怪しいと思ったんだよ、あの人!)
で、その元締めらしき人物として登場したのが、玉山鉄二さん。びっくり。

菜美のナレーションで「この頃が私たちの友情のピークだった」みたいなフリがあったから、今後、この闇の組織が絡んだ事件をきかっけに、仲良し3人組の友情に亀裂が生じる……という展開になるのかな?

菜美が玉山さんにどう立ち向かうのか、楽しみ!
ふたりのアクションシーン、あるかな?見たい^^

そうそう、私が毎回楽しみにしてる冒頭の回想シーンは、前回と同じく中学時代の菜美でした。やっぱりいいなーこの子。
クールビューティーな中学生の菜美を雰囲気たっぷりに演じてるのは、「梅ちゃん先生」や「とと姉ちゃん」の幼少期を演じた内田未来ちゃん。今後の活躍に期待大。

次回は菜美が殺人犯の容疑者になるみたい。
相変わらず“平和な街”には事件が多いね^^;


ほかの記事を読む?

「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」第6話|殺すことにこだわった理由 「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」第4話|西島秀俊が読んだ本はツルゲーネフ