「奥様は、取り扱い注意」第6話|殺すことにこだわった理由

「奥様は、取り扱い注意」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第6話。

今回は、「フラワーアレンジメント教室」からの「殺人事件」。
謎解きメインで、菜美のアクションシーンはなし。
それにしてもこの街の夫たちは、いったいどうなってるんだ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めた。花を相手に京子が悪戦苦闘する一方、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始める菜美。そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から菜美は町の広報誌の取材を申し込まれる。

取材当日、菜美は約束の時間通りに冴月の家へ。するとそこに、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)がやってきた。帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに菜美が冴月の家に足を踏み入れると…なんとリビングに冴月の夫・達郎の死体が!!現場の状況から、菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分をアリバイ作りに利用したと直感する。

翌日から“第一発見者=容疑者の一人”として捜査に協力することになった菜美は、勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚し、マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道。菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したのだが、ウワサがウワサを呼んで街には殺伐とした雰囲気が漂い始めた…。

大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!!持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付けた菜美は、自らの手で事件を解決するため行動を開始。

千尋の自宅から彼女が凶器を運ぶときに使ったフラワーバッグを盗み出し、冴月と靖子、千尋と対峙するのだが…。菜美から殺人の動機を問われた靖子と千尋は、達郎に深く傷つけられた過去を告白。夫の許され難い過去を知った冴月が、彼女たちの“復讐”に協力したのだ。菜美は自首をすすめるが結局、事件は迷宮入り。

菜美は彼女たちの哀しみを胸に秘め、“平穏な日常”に戻っていくことになった…。番組公式サイトより)

第6話の感想

前回の不穏なラストから続くのかと思いきや、闇組織は完全スルー。
まったく別件の殺人事件で、終始シリアスムードの回でした。
いつものように菜美のアクションですっきり片を付ける……とはいかなかったよう。

このドラマにリアリティは求めてないんだけど、今回の事件に至る動機と経緯には少し引っかかってしまったかなー。
殺されたダンナは酷いヤツだし、恨まれて当然だとは思うんだけどね。
でも15年も経って、「復讐」ならともかく、「殺す」っていうのはどうなんだろ……と。

だって彼女たちは今、愛する人と幸せな暮らしを手に入れた。
こんなに贅沢で平穏な毎日を捨ててしまえるほど、必要な殺人だったとは思えないんだよ。
彼女たちなら、殺人以外の(もっと酷い)復讐方法を考えたんじゃないかなって。

ああでも。
冴月のことを考えての「殺人」だったのか。
ダンナが生きていたら、冴月も復讐に巻き込まれてしまうから……。

なんにしても、この「明るく穏やかな街」の夫たちは、本当に酷い男ばかりだねぇ。
そしてもうみんな気づいてるけど、「明るく穏やかな街」ではないよねぇ。

もう一個気になったのが、西島さんの警察での場面。
警察に知人がいるっていうだけで「怪しい!」って思ってしまった。
でも談笑してるところを菜美に見られても、平然と笑ってたしなぁー。
どうなんだろ。
まあ何か隠してるとしても、西島さんなら完璧に隠し通すことができるな^^;

冒頭の回想シーンは、今回も内田未来ちゃんだった!
こちらもちょっとずつ核心に近づきつつある……のかな?

次回はとうとう優里が合コンへ。
第4話に登場した小雪(リパプール・クリーニングという組織の元締らしい)も再登場。楽しみ。


ほかの記事を読む?

「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」第7話|物語は不穏な方向へ 「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」第5話|玉山鉄二が闇組織のボス