「プロディガル・サン」第2話|箱の中の女と失われた記憶

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャスト

「プロディガル・サン」記事一覧

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」第2話のあらすじと感想です。

ウィットリー家の謎がどんどん増えていきますね。エインズリー以外、全員怪しくなってきました。

お父さんのキャラがほんと最高。息子が大好きすぎてウザイ感じがたまりません。

第2話「家族殺し」あらすじ

マルコムは悪夢に出てくる“箱の中の女”の正体を突き止めようとするが、母ジェシカは「女なんていなかった。それはただの夢よ」と言う。

ブルックリンハイツで4人の遺体が発見され、ギルの要請を受けて現場に向かうマルコム。遺体は海運業を営むボウトシカリス家の家族4人で、父親のアリストスだけ口を縫い付けられており、家族が処刑されるのを見せられた後に殺されていたことがわかる。

アリストスの腹の中には毒ヘビが仕込まれており、犯人が強い怒りを抱えていることを感じ取るマルコム。独りよがりで孤立し、愛情に飢えた男性だと推測する。

マルコムの携帯には、獄中にいる父マーティンから何度も連絡が入る。テレビで事件を知ったマーティンは、「手伝わせろ」としつこく電話をかけてくるが、マルコムは無視する。

アリストスにはもう一人、リーアムという息子がいた。リーアムは父親と仲が悪く、もう何年も会っていないと言う。だが動物の闇ディーラーをしていたリーアムはマルコムに毒ヘビを投げつけて逃亡を図り、マルコムはヘビに噛まれて卒倒する。

鎮静剤を打たれ、箱の夢を見るマルコム。背後から父マーティンが現れ、「大丈夫、何も心配するな」と言って10歳のマルコムにクロロフォルムを嗅がせる。

マルコムは箱の中の女を見つけてから通報するまでの記憶がなく、そこに何らかの真実が隠されているのではないかと考える。真実を確かめるため、マルコムは妹エインズリーの反対を押し切ってマーティンに会いに行く。

マルコムとの面会を喜ぶマーティンは「何でも話す」と請け負うが、箱の中の女の話になると幻だと言い張り、認めようとしない。マーティンとの会話で家族殺しの犯人が「家族に愛されたかった」ことに気づいたマルコムは、アリストスの隠し子が犯人だと気づく。

リーアムは飛び降り自殺を図り、彼が犯人だと確信したギルは事件解決を言い渡すが、マルコムは真犯人はほかにいると訴える。マルコムとダニはアリストスの弁護士リットマンに会いに行き、彼こそがアリストスの隠し子だと知る。

リットマンは警察の捜査が及ぶことを見越して家族に毒を盛り、自身も服毒して自殺を図る。だがマルコムとダニが中和剤を打ち、リットマンと家族は一命を取り留める。

マルコムはマーティンから箱の中の女の話を聞き出そうとするが、マーティンは「思い出さないほうがいい」と言う。病院のスタッフであるデビッドは密かにマルコムの母ジェシカに連絡し、マルコムが父親と会っていることを知らせる。

登場人物はこちら

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャストプロディガル・サン 殺人鬼の系譜|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

第2話の感想(ネタバレ有)

自由すぎるお父さん

前回シリアルキラーの息子だということがバレて、ダニとJTから嫌がられたマルコム。揉めるかと思いきや、「僕は僕だ」というマルコムの言葉で意外とあっさり解決しましたね。

その問題の父マーティンは、息子の苦悩などどこ吹く風。嫌がる息子に「事件の捜査を手伝わせろ」としつこく電話して駄々をこねます。どっちが子供かわからない。っていうか、死刑囚なのに電話したり診察したり、自由すぎませんか…お父さん。

事件の捜査のほうはうまくいき、マルコムはこれからもコンサルとして協力することになったのですが、彼が抱えている個人的な問題はさらに深刻化し、謎めいてきました。

箱の中の女と失われた記憶

マルコムが見る“悪夢”には、どうやら秘密が隠されている様子。その悪夢は10歳のマルコムが地下室の箱を開けると女の人が入っていた、という恐ろしいもの。

マルコムの母ジェシカが「また、あなたが見たっていう箱の中の女の話?」と言っていたので、マルコムは今までにも何度かその話をしているらしい。

しかし、マルコムが逮捕された後の捜査では、“箱の中の女”は見つかっていないため、ジェシカは「ただの夢」だと相手にしません。

マルコムはその“箱の中の女”を見つけてから警察に通報するまでの間の記憶がなく、そこに違和感を覚えて記憶を取り戻そうとします。

最初は「夢だ」と言い張っていた父マーティンも、最後は「思い出さないほうがいい」と意味深なことを語っていたので、やはり何かの秘密が隠されているのでしょうね。

謎めくウィットリー一家

びっくりしたのはラストシーンです。なんと母ジェシカまでもが怪しい行動に。

密かに病院のスタッフと連絡を取り合い、マルコムがマーティンと会ったという情報を即時受け取っていました!

お母さんも何か隠してるのかもしれないですね…。
“箱の中の女”についても、知っていて隠している可能性が出てきました。

ウィットリー一家で健全と思われるのは、妹のエインズリーだけかも。

プロディガル・サン関連記事

ほかの記事を読む?