「プロディガル・サン」第6話|壊れていた少年時代のマルコム

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャスト

「プロディガル・サン」記事一覧

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」第6話のあらすじと感想です。

被害者遺族の少年にかつての自分を重ね、優しく接するマルコム。

エインズリーは初めて父親に面会して「いちばん聞きたかったこと」を聞き、ジェシカは娘の暴走を止めるべくインタビューを妨害しようとしますが…。

第6話「サディストを追え」あらすじ

マルコムは中古車販売店を巡り、写真に写っていたステーションワゴンを探すが見つからない。精神科医のガブリエルは、トラウマの根源に迫れば精神が破綻する可能性があると忠告する。

そんな中、森の中で刺殺体が発見される。被害者のギャビン・パーカーは100回以上刺され失血死していた。傷口の様子から、犯人は初期のサディストだと推測するマルコム。

ギャビンには別居中の妻クリスタルと、12歳の息子アイザックがいた。アイザックに過去の自分を重ねたマルコムは、「心配ない」と声をかけて励ます。

クリスタルはマラソン中に事件現場へ向かい、尾行していたダニに襲いかかる。JTは現場で血のついたスウェットを見つけ、クリスタルを逮捕する。

マルコムは「プロファイルと合わない」と主張するが、クリスタルは犯行を自供。ギャビンに息子の親権を取られたことが殺害の理由だと語る。

マルコムはアイザックが庭に埋めたウサギの死体を見つけ、犯人がアイザックだと気づく。ギャビンは息子がウサギを殺すところを目撃し、精神科病院に入院させようとしていた。

それを知ったアイザックは逃げ出し、追いかけたギャビンは転んで足を折り、アイザックに殺されたのだった。クリスタルは息子をかばって罪を被ろうとしたことを認める。

アイザックはクリスタルの恋人ジェイクを刺し、刃物を手にして家に立てこもる。「誰もわかってくれない」と言うアイザックに、マルコムは自分が父を失ったときに何か月もしゃべらなかったことを語る。アイザックはマルコムを信じて刃物を手放す。

父マーティンにインタビューを申し込んだエインズリーは、マーティンから「毎日おまえのことを考えていた」と言われ、ほだされてしまう。ジェシカは局の上層部に掛け合ってインタビューをやめさせるが、エインズリーは諦めようとしない。

マルコムはダニの協力でステーションワゴンのナンバーを割り出し、廃車置き場に打ち捨てられているステーションワゴンを見つける。車内には血痕が残っていた。

登場人物はこちら

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャストプロディガル・サン 殺人鬼の系譜|登場人物(キャスト)・全話あらすじ・予告動画

第6話の感想(ネタバレ有)

壊れていた少年時代のマルコム

今回の犯人、わかりやすくなかったですか? 登場した瞬間にわかっちゃったんだけど…ウサギ飼ってるし。マルコムが同情すること自体めずらしいし。

父マーティンが逮捕されたあと、マルコムは“壊れた”状態で、何か月もしゃべらなかったことを告白。「誰にもわかってもらえない」と訴えるアイザックに、「僕にはよくわかる」と言います。

大人でも辛いのに、子供が「誰にもわかってもらえない」と感じている状態を想像すると切なくなります。

精神科医のガブリエルは当時のマルコムを診ているから、失われた記憶を無理に取り戻して、また以前のようになってしまうのではないかと心配しています。

マルコムの幻覚もだんだんリアルになってきたなぁ。ちょっと怖いです。

エインズリーが聞きたかったこと

マルコムの妹エインズリーはマーティンと面会。彼女がいちばん聞きたかったのは「なぜ23人も殺せたの?」でも「いつから殺してたの?」でもなく、「本当に私たち家族を愛してたの?」でした。

「逮捕されてからずっとおまえのことを考えてた」「想像の中では父親になれたよ」「お前は私にはもったいない娘だ」などと言われ、すっかりマーティンにほだされてしまったエインズリー。

マルコムや母ジェシカが反対しても、インタビューをすると言って聞きません。

高校時代に付き合っていたテレビ局の上層部に掛け合ってインタビューをやめさせるとか、ジェシカの妨害が毎度常軌を逸していて笑ってしまうわ。

でも次回予告を見ると、効き目はなかったみたいですね。エインズリーは交際中のカメラマン、ジンと一緒にマーティンのインタビューを敢行するようです。

一方、マーティンはグループセラピーで

「このインタビューを受ければ娘と一緒に充実した時間を過ごせるが、理由があってずっとカメラを避けてきた」

と語っていて、何やらブキミ…。

ステーションワゴン発見

マルコムはダニに車のナンバーを調べてもらい、ついに写真のステーションワゴンを発見。車内には鎖を繋いでいた金具が取り付けられており、血痕が残っていました。

写真を撮ったのは、マーティンが逮捕される前の週。写真を見たジェシカは覚えがないと言っていて、マーティンがジェシカに内緒でマルコムをキャンプに連れて行ったことがわかりました。

マーティンはこの車で“箱の中の女”を運んだのでしょうか?

ほかの記事を読む?