「プロディガル・サン」第7話|マーティンが仕組んだ恐ろしい策略

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャスト

「プロディガル・サン」記事一覧

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」第7話のあらすじと感想です。

新たなシリアルキラー登場。しかもマーティンと知り合いらしい。マルコムのプロファイルが役に立たないという、ちょっと面倒な犯人。

エインズリーはインタビューを始めますが、衝撃の展開に…。マーティンそこまでやるか。

第7話「危険なインタビュー」あらすじ

ブロンクスの廃車場で父親のステーションワゴンを見つけたマルコムは、整備士らしき男の銃撃に遭う。翌朝ギルたちが廃車場を調べると、9体の遺体が見つかる。

被害者は生きたまま車ごとプレスされており、最近のものから5年以上前のものまであった。父マーティンの関与を疑うマルコムだったが、ステーションワゴンの血痕は遺体とは一致せず、“外科医”の被害者とも一致しない。

ステーションワゴンの座席の間からナイフが見つかり、マルコムは少年時代にナイフを持って森の中を走っていたことを思い出す。父から話を聞き出すため、マルコムは病院へ向かう。

エインズリーはカメラマンのジンとともに病院を訪れ、マーティンのインタビューを始める。だが思うように進まず、なんでも都合良く解釈して話すマーティンに苛立つ。

マルコムはインタビューを中断させ、ブロンクスの連続殺人事件とナイフについてマーティンを問いただすが、マーティンは「お前に買ってやったナイフだ」と話すだけで詳細を語ろうとしない。

そのとき病院内に警報が鳴り響き、囚人のテビン・スタンディッシュが職員を刺して東棟に立てこもるという非常事態が発生。カメラマンのジンもテビンに刺され、重症を負う。

マルコムとエインズリーはジンを救うためにマーティンの手錠を外し、メスを渡して緊急オペをさせる。マルコムはテーザー銃でテビンを気絶させ、エインズリーはオペの様子をカメラで撮影する。

オペは成功し、ジンは一命を取り留める。エインズリーはマーティンに感謝するが、マルコムはマーティンが“英雄”になるために仕組んだ策略だったことに気づく。

テビンはマーティンに指示されてやったことを明かし、マーティンは懲罰房に入れられる。

その夜、20年前に塞いだマーティンの地下室にある電話が鳴る。マルコムが壁を壊して電話に出ると、相手は廃車場でマルコムを撃ってきた男で、昔キャンプで会ったと話す。

登場人物はこちら

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャストプロディガル・サン 殺人鬼の系譜|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

第7話の感想(ネタバレ有)

新たなシリアルキラー登場

廃車場でステーションワゴンを見つけたマルコムですが、そのことがきっかけで新たな事件が発覚。廃車場から大量の遺体が見つかり、シリアルキラーの存在が浮かび上がります。

マーティンはどうやら犯人を知っている様子。しかし例によって話をはぐらかし、マルコムが知りたい真実を語ってくれません。

というか、彼の場合なにが嘘でなにが真実なのかがわからないのよね(-_-;*)

わかったのは、犯人にとってマーティンは“メンター(指導者)”だったこと。マーティンが非常勤として勤めていた聖エドワード病院で出会ったらしいこと。

マーティンが仕組んだ恐ろしい策略

エインズリーは恋人でカメラマンのジンを連れて、マーティンのインタビューを敢行。なぜ殺したのかと動機に迫りますが、マーティンは脳の病気だと弁明。

「医者として多くの命を救ってきた」と話をすり替え、世界的外科医としての自分の功績を語り出します。

やっぱりマーティンのほうが一枚も二枚も上だなぁ。ジェシカが言っていたとおり。

「マーティン・ウィットリーを出し抜けると思ってる? だとしたら大間違いよ。すぐに見抜かれて、いつの間にか視聴者の同情を誘う方向に持って行かれ、逆にあなたが共犯にされる」

インタビューがうまくいかず苛立つエインズリーでしたが、そこにマルコムが現れ、さらに囚人のテビンが職員を刺して立て籠もるという事件が発生。

テビンに刺されたジンをマーティンが救ったことで、エインズリーは完全に崇拝モード。そして恐ろしいのはここから。

なんと全部マーティンが仕組んだ計画だった…!!!(|||O⌓O;)

娘の前でヒーローを演じ、テレビカメラでその様子を撮影させるという魂胆。そのために囚人のテビンを手懐けて、今回の犯行を指示したらしい。…オソロシイ。

謎の男からの電話

シリアルキラーについて聞きだそうとしていたマルコムですが、マーティンは懲罰房に入れられ、しばらく面会できなくなってしまいました。

そしてなぜか、マルコムの実家の地下室(マーティンの部屋)の電話が鳴り、出ると廃車場でマルコムを撃った男が「キャンプで楽しんだろ」と言う。

廃車場の事件の犯人とマーティンが繋がっているだけでなく、マルコムやステーションワゴン、あの日のキャンプとも繋がっているということでしょうか。

毎回1話完結で事件が解決してきたけど、今回のシリアルキラー案件は解決せず。次回以降に持ち越しですね。

プロディガル・サン関連記事

ほかの記事を読む?