プロジェクト・ブルーブック|登場人物(キャスト)・あらすじ

海外ドラマ「プロジェクト・ブルーブック」

どうも、夏蜜柑です。
7月から始まる海外ドラマ「プロジェクト・ブルーブック」の紹介です。

全米視聴率No.1! 史上最も神秘的で難解、そして危険な謎に挑むミステリー・アドベンチャー大作。
巨匠ロバート・ゼメキスが制作総指揮を務める実話に基づいたミステリードラマ大作が上陸!(ヒストリーチャンネル公式サイトより)

アメリカで目撃された謎の飛行物体や宇宙人に関して政府が行った調査「プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)」を元にドラマ化。

2019年1月から全米放送がスタートし、初回放送の視聴者数合計350万人を記録した注目作です。

物語は、実際の「プロジェクト・ブルーブック」の調査メンバーだった実在の人物、J・アレン・ハイネック博士が空軍大尉のミカエル・クイン大尉にスカウトされ、調査に加わるところから始まります。

ハイネック博士役は「ボヘミアン・ラプソディ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」のエイダン・ギレン、クイン大尉役は「ヴァンパイア・ダイヤリーズ」のマイケル・マラーキー。

UFOファンの間で語り継がれてきた有名な事件をストーリーに盛り込みながら、2人が各地で起こる超自然現象や目撃談を調査し、真相究明に挑んでいく姿をミステリータッチで描いたドラマです。

このドラマは、U-NEXTでも同時配信予定です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:ヒストリーチャンネル
  • 放送時間:2019年7月 ※6月29日(土)21:00より特別先行プレミアあり
  • 制作:アメリカ
  • 制作総指揮:ロバート・ゼメキス(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ/一期一会」)
  • 監督:ロバート・ストロンバーグ(「マレフィセント」)
  • 全米放送:2019年1月~(第1シーズン)

あらすじ

ある日、ノースダコタ州のファーゴ上空でパイロットのヘンリー・フラーは、飛行中に未知の飛行物体と空中戦の末、操縦不能となり意識を失う。空軍のハーディング大将は、科学的見地から調査を検証するために天文学者のJ・アレン・ハイネック博士をスカウトするようマイケル・クイン大尉に命じる。当初はクインの誘いを断ったハイネックだったが、彼の説得でオファーを受け入れ、2人はフラーの事件の調査を始める。(ヒストリーチャンネル公式サイトより)

予告動画


プロジェクト・ブルーブックとは

1952年から1969年にかけて、アメリカ空軍と政府は未確認飛行物体(UFO)の目撃証言や謎の事件について12,000以上もの情報を収集し、その調査を極秘裏に進めていました。

その調査報告書のコードネームこそが「プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)」です。調査文書の存在は長い間密かに語り継がれていましたが、2015年についに開示され、政府だけが知っていた驚くべき事実が明らかになりました。

現在は機密解除されており、「プロジェクト・ブルーブック」の全調査報告書は一般人も閲覧可能です。

登場人物(キャスト)

J・アレン・ハイネック博士……エイダン・ギレン
天体物理学者兼天文学者で、後にUFO論理学者。実在の人物。オハイオ州立大学で天文学の教鞭をとっていたが、「プロジェクト・ブルーブック」に参画し、UFO研究にのめりこんでいく。

マイケル・クイン大尉……マイケル・マラーキー
ハイネック博士のパートナー。第二次大戦で活躍した空軍パイロット。ハイネック博士の科学的なアプローチに対して、鋭い直感の異なる視点で真相を探る。

ミレン・ハイネック……ローラ・メンネル
ハイネック博士の妻。

ジョエル・ハイネック……ニコラス・ホームズ
ハイネック博士の息子。

ヒュー・ヴァレンタイン将軍……マイケル・ハーニー
米国空軍の高官。プロジェクトブルーブックの共同創設者。

ジェームス・ハーディング将軍……ニール・マクドノウ
政府高官。プロジェクトブルーブックの共同創設者。

ウィリアム・フェアチャイルド……ロバート・ジョン・バーク
国防長官。


ほかの記事を読む?

海外ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」 キリング・イヴ/Killing Eve【S1】登場人物(キャスト)・各話あらすじ 「宿命の系譜 さまよえる魂」 宿命の系譜 さまよえる魂|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・感想