「陸王」第4話|村野が仲間入り

ドラマ「陸王」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「陸王」第4話。

あぁ~やっと村野さんが加わった~!
辞める宣言してからの展開がめっちゃ速くてびっくり。
宮沢社長、よかったねぇ(>_<。)

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話あらすじ

紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢(役所広司)は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木(竹内涼真)の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねるのだが…。
一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案される。年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。その言葉に茂木は……。番組公式サイトより)

ネタバレ

何度も茂木に会いにいく宮沢だが、茂木は陸王を履くことを拒む。監督の城戸(音尾琢真)は、ニューイヤー駅伝のメンバー選抜を兼ねた部内トライアルレースを行うことを決め、医者からの許可が下りたばかりの茂木にも参加を命じる。

茂木の怪我が治っても、アトランティスの小原(ピエール瀧)はサポートを再開せず、茂木を切り捨てる。村野(市川右團次)は小原の利益至上主義に愛想を尽かし、アトランティスを辞めてしまう。

有村(光石研)の紹介で村野と会った宮沢は、その場で意気投合。村野は陸王開発チームに加わることになる。

ダイワ食品陸上競技部の部内トライアルレースの日、宮沢は、完成したばかりのニュー陸王を持って村野と共に茂木に会いに行く。

陸王を履いた茂木は見事な走りを見せるが、ゴール直前に足をつって転倒する。心配する宮沢と村野に、茂木は「こんなに気持ちのいいシューズは初めてだ」と言い、正式にサポートを依頼する。

第4話感想

冒頭からラストまで、本当に気持ちのいい展開だったなー。
こうなったらいいな、という見る側の希望通りになった。

前回、前々回の感想で「原作より村野の存在感が薄い」と書いたけど、この回に見せ場を作ってドラマとして盛り上げるために、わざと出番を押さえてたのかもしれないね。
村野の葛藤がこの一話に凝縮されていたので、より伝わりやすかったと思う。

原作でも、このへんの盛り上がりが、私はいちばん好きだな。
宮沢のもとに、ひとりまたひとりと、仲間が集まっていく感じがいいよね。
すごいワクワク感あります。

今回は、竹内涼真さん演じる茂木がすごくよかった。
必死に頑張ってる姿もいいんだけど、悩んだり迷ったりする顔がいい。

村野と一緒に陸王を持ってきた宮沢に対する、申し訳なさそうな顔。
無言だけど、今まで何度も断って追い返したことを謝ってる表情なんだよね。
それと同時に、陸王を履いてみたいという興味が、目の底の輝きで表れてる。

それから、宮沢にサポートを依頼するときの表情もよかった。
アトランティスに裏切られたこととか、会社から退部勧告をされたこととか、毛塚に無視されたこととか、怪我が治らず孤独で不安だったこととか、これまで茂木が胸の内に溜めてきたいろいろな思いが、一気に溢れたような顔してた。
その何とも言えない顔が、いちばんよかったです。

さてさて、今後の展開ですが。
原作では、後半はあまりいいことがありません。
次から次へと災難が続き、憂鬱になることばかりです(-_-;)

ただ、ドラマでまだ出てきてない前半のエピソードが、いくつかあるんですよね。
おそらく後半が暗い展開なのを見越して、明るいエピソードを残してるんじゃないかと見た(笑)

いろんな見方があると思うけど、個人的には、後半もドラマならではのドラマチックな展開になればいいなーと思ってます^^

原作との違い

今回も、大まかなエピソードは原作どおりでした。
原作では、各エピソードが同時進行していますが、ドラマではわかりやすく一話ごとにまとめて見せている感じですね。

村野の辞職

ドラマでは、村野は突然辞職を申し出ていましたが、原作だと辞職を考えてから実際に辞めるまでに少し時間がかかっています。

原作では、村野は最初にアトランティスが茂木のサポートを打ち切った時から退職を考えるようになり、その後、茂木が怪我を治して復活した際に、小原が「なぜ回復を予想できなかったんだ」と村野を問い詰め責任を取らせようとしたため、正式に辞職を申し出ました。

宮沢と村野の出会い

ドラマでは、宮沢と村野が出会ったのはニュー陸王が完成した後でしたが、原作では、まだ完成していませんでした。ちょうど、飯山と大地がサンプル作りに苦労していた頃です。

宮沢が有村のショップを訪れたのは、シルクレイがソールに適しているかどうかを確認するためでした。たまたまその場に居合わせた村野は、話を聞いて「面白そうだ」と興味を持ち、陸王の開発に加わることになりました。

トライアルレース

ドラマでは、宮沢はこの日までに何度も競技場を訪れ、茂木とも言葉を交わしていましたが、原作では実は一度も面会していません。

トライアルレースの前、宮沢は村野と共に作ったニュー陸王を持ってグラウンドを訪ね、この時初めて茂木と面会します。村野は茂木に陸王を見せ、「気に入ったら使ってほしい。サポートするから」と告げます。

ドラマでは、トライアルレースの後、茂木が宮沢にサポートをお願いする場面がありましたが、原作にはありませんでした。


ほかの記事を読む?

ドラマ「陸王」 「陸王」第5話|足軽大将誕生 ドラマ「陸王」 「陸王」トンボマーク(勝ち虫)の意味は?