NHKドラマ「サギデカ」第2回|偽教え子に騙された認知症老人が詐欺の共犯者に

NHKドラマ「サギデカ」

「サギデカ」

「サギデカ」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。

NHK土曜ドラマ「サギデカ」第2回。

面白い~。
今回の話もよかった。

振り込め詐欺の捜査も進みつつ、別件の「地面師詐欺」や「投資詐欺」など、さまざまな詐欺の手口を同時進行で見せてくれるので飽きない。

加地くんはどっち側についてるんだろうな~?

 

第2回「流転する老人たち」のあらすじ

  • 管理官の北原(鶴見辰吾)は、末端の被害を食い止めることを優先し、手塚(遠藤憲一)が提案する「突き上げ捜査」については当面控えるとの方針を打ち出す。
  • 釈放された加地(高杉真宙)は今宮を呼び出し、「監視をやめてくれたら上と接触したときに連絡する」と交換条件を持ち出す。加地は「善良な市民に戻りたい」と言う。
  • 認知症を患う元高校教師の北村(伊東四朗)は、スーパーで教え子の原田(筒井真理子)という女性から声をかけられる。原田は「困っていることがある」と北村に相談を持ちかける。
  • 森安(眞島秀和)は投資詐欺で告発されている「シェイドツリー」社長の松澤(山内圭哉)を逮捕しようとしていたが、先手を打たれて立件が難しくなる。
  • 詐欺グループの使用する〝名簿〟を探していた今宮は、祖母しのぶ(香川京子)が取り寄せた老人ホームのパンフレットに挟まれている「入居申込書」に目をつける。その後、ここ2週間の被害者の約8割がリストに載っていることが判明する。
  • 北村は原田の父が所有している土地を8億5千万円で売却する取引をまとめるが、原田は松澤と繋がる詐欺師で、取引は虚偽だったことが判明。北村は犯罪に加担したとして罪に問われるが「教え子の力になることができた」と喜ぶ。
  • 加地はサトウ(玉置玲央)と会い、番頭のタナカ(長塚圭史)を紹介される。加地を気に入ったタナカは自分との連絡用の携帯を渡し、加地を自宅の高層マンションに招待する。

第2回の感想

最後まで「教え子の役に立てた」と喜んでいた北村先生が切なかった。

若かろうが年を取っていようが、「褒められたい」「誰かの役に立ちたい」という思いは一緒なんだよね……。

北村先生は認知症を患っていると言ってもまだ初期段階のようで、大部分はしっかりされているのだけど、ときどき道がわからなくなったり、買い物の精算をせずに帰ってきたりする。

最近は、今回の北村先生のように、軽度の認知症老人が詐欺事件に巻き込まれて「共犯者」にされてしまうケースが起きているらしいです。

わたし自身はそんな大きな詐欺被害に遭ったことはないけど、北村先生のように騙されて利用された側の人間が「共犯者」として罪に問われることもあるんだな、と怖くなりました。

それでいて、彼を騙した広瀬藍子(原田)はお咎めなしだなんて……理不尽だよなぁ。

彼女は取引現場には行かず、防犯カメラにも映らず、証拠を一切残さないようにしていました。しかも北村先生は彼女を「教え子」と信じ込んでいて、騙されたなんてこれっぽっちも思っていない。

やりきれないなぁ……。

係長が言うように、この世の中から詐欺がなくならないってことは、この世の中から「信じる人」がいなくならないってことでもあるんだけど。

老人ホームの「入居申込書」が詐欺ターゲットの〝名簿〟として悪用されていた、というのも怖い。

ほんと、名簿ってどこから流れるんだろう。
発見した今宮はお手柄でしたね。

そして気になるのは、前回釈放された“かけ子”加地の動向。

今宮には「上から接触があったら連絡しますよ」「善良な市民に戻りたいんです」なんて言っておきながら、“番頭”のタナカと会ったことは黙っていた。

どっちについてるんだ~?

振り込め詐欺グループのトップ“首魁”は田中泯さんってことでいいですかね?

次回は今宮の過去が明らかになるようです。
犯罪者の娘って、なに~~???

このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

「サギデカ」記事一覧

ほかの記事を読む?

NHK「サギデカ」ネタバレ感想 NHKドラマ「サギデカ」第1回|振り込め詐欺の実態をリアルに描く刑事ドラマ NHKドラマ「盤上の向日葵」 NHKドラマ「盤上の向日葵」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作