NHKドラマ「サギデカ」第4回|再び高齢者を狙う加地。廻谷の思惑は?

NHKドラマ「サギデカ」

「サギデカ」

「サギデカ」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜ドラマ「サギデカ」第4回。

うわぁぁ~~いいところで!!

加地は生きてるみたいだけど、どうやって助ける!?
っていうかバールで殴ったの誰?

廻谷さん、今宮を敵にまわすつもり?

第4回「金と命」のあらすじ

  • 店長(玉置玲央)の遺体を発見し、通報してきたのは加地(高杉真宙)だった。振り込めの凶悪犯化の流れを食い止めるため、今宮(木村文乃)は加地と連絡を取ろうとするが、加地の消息は途絶えてしまう。
  • 廻谷(青木崇高)は首魁(田中泯)に呼び出され、「振り込めの次の手を考えてほしい」と頼まれる。新薬承認の折衝に行きづまっていた廻谷は、厚労省の人間を紹介してもらうことを条件に首魁の頼みを引き受ける。
  • 被害額が1000万円以上という高額の振り込め詐欺が頻発し、今宮は戸山(清水尋也)と協力してネタ元を調べる。だが犯人は名簿をもとにターゲットを選ぶのではなく、社会的地位と財産を持ち、家族のために高額な示談金を払った前歴がある高齢者をピンポイントで狙っていた。
  • 今宮は過去の自分の発言から、首謀者は加地だと気づく。加地が生きていることにホッとしながらも、信じていた加地に裏切られたことに打ちのめされる今宮。
  • 見当たり班の上野(中村靖日)の目撃談から、今宮は加地の行方を追いアジトを突き止める。手塚(遠藤憲一)の指揮のもと、今宮らはアジトに突入。今宮はゴミ焼却場に逃げ込んだ加地を追い詰める。
  • 今宮は「本当に悪いやつらの顔、絶対に見てやりますから」という加地の言葉を信じ、加地を逃がす。加地は金を運ぶ途中の番頭(長塚圭史)の車のトランクに携帯を隠し、車の行方を今宮に知らせる。
  • 番頭の車を追って山奥の屋敷に辿り着いた加地だったが、何者かにバールで殴られる。現場に到着した今宮は、現場に残っている血痕の先に加地が持っていた音楽プレイヤーを見つける。

第4回の感想

最終回直前にハラハラさせる、最高の展開でした。

今宮と加地の表裏一体みたいな関係がすごくいい。2人とも純粋ゆえにグラグラしててどっちにも転びそうで、危なっかしいところがたまらない。

店長の死体をまのあたりにしてパニックになって、ネットカフェで震えていた加地。
そしてネットカフェ難民を見て、子供の頃のことを思い出してしまう。

加地にとって貧しさは死に直結してる。
お金のない生き方は、恐怖でしかないのだろう。

死ぬくらいなら犯罪に手を染めてでも金を手に入れる。
そう思ったのかもしれない。

律儀にも「やるんだったら、本当にガメつい年寄りをピンポイントで狙って下さいよ!」第1話)という今宮の願い通り、社会的地位と財産のある高齢者をピンポイントで狙って、たった5日で1億以上も稼ぐ加地。

感心しちゃいけないけど、やるなー。

彼のやり方を認めるわけにはいかないけど、今宮と同じで、許したくなってしまう。
こんな選択を迫られるまでに追い詰められることも、やりきれない。

詐欺グループの元締め(田中泯さん)は、何者なんでしょうね?
廻谷さんとの関係も、根深そうでした。

廻谷さんの母親を知っているということは、血縁関係があるのかしら。

大金を手に入れて、安全な場所で善人の顔をして生きている人たち。
いちばん悪いやつらが、何にも脅かされずに平然と笑っていられるという現実。

「あなた言いましたよね、俺に。俺たちは本当は、弱いやつらから奪ってるんだって。確かにそうだったかもしれない。でも警察だって同じじゃないですか。そっちだって、中学生とか金に困ってるやつとか、末端の弱いやつらしか捕まえてないですよね?」

加地の鋭い問いかけに、またしても答えられない今宮。
今宮自身が思っていることだから、反論できないんだよね。

有無を言わせず警察の正義を主張することもできるのに、そうしないのが今宮のいいところ。

「本当に悪いやつらの顔、絶対に見てやりますから」という加地の言葉を信じて、加地を逃がしてしまう。きっとこの言葉も、今宮自身の言葉だったんだろう。

2人が違うのは立場だけで、考えていることは同じだから。

次回はついに最終回!

今宮は加地を助けることができるのか?
廻谷さんはどっちに転ぶのか?

楽しみです!!

このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください