サルベーション2-地球の終焉-#11~#13|小惑星じゃなかった!

「サルベーション2-地球の終焉-」

「サルベーション」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「サルベーション2―地球の終焉―」第11話~最終話(第13話)のあらすじと感想です。

小惑星じゃなかった、というものすごいオチ。

「じゃーなんなのよ!」と誰もがツッコんだことと思います(笑)
もしシーズン3があったら、謎の生命体が登場することになったのかしら。

夏蜜柑
それはそれで面白そうだけど。

悲しくなるほど薄っぺらくなりましたよねぇ……後半。
正直、最後のほうはもうどうでもよくなってしまったよ。

シーズン3はやめて正解だと思います。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

#11~#13のあらすじ(ネタバレあり)

  • レールガンの1発目の発射が成功し、安堵するダリウスたち。だが記者会見の場でCOPEのメンバーが自殺を図り、不吉な予感にとらわれる。ダリウスはレジストのネットワークを使ってバスを捜し出すようアリシアに頼むが、アリシアは裏切り行為がばれてレジストから追放される。
  • ジリアンとゾーイがいるCOPEの拠点を見つけ出したアロンゾは、集団自殺を阻止しようと建物に乗り込み、ノラに撃たれて重傷を負う。グレースはノラを説得しゾーイとアロンゾを救出することに成功するが、ノラはジリアンを連れて逃げてしまう。
  • バスの目的は人類を再生させることだった。バスはネイトをマックスウェル加速器製造所に忍び込ませ、レールガンを破壊してしまう。絶望に打ちひしがれるダリウスだったが、最後の切り札〈サルベーション〉を使うことを思いつく。
  • レールガンが破壊され、世界中に絶望が広がる。小惑星衝突を回避できないと考えた人々によって、暴動や通貨危機などの社会的混乱が起こる。そんな中、ダリウスはトンプソンに大統領の座を譲り辞職する。
  • ジリアンはノラとCOPEのメンバーが集まる山小屋へ行き、バスからネイトが死んだことを聞かされる。自分が設計図を渡したことでレールガンが爆破されたと知り、ショックを受けるジリアン。
  • ダリウスは重力トラクターを取り付けた〈サルベーション〉を小惑星にぶつけ、軌道をずらすことを考える。だがEMドライブを作るにはニコラスが持つ隕石に含まれる結晶が必要だった。ダリウスは釈放することを条件に、ニコラスから隕石を受け取る。
  • 政府は小惑星が大気圏に突入する前に核兵器で破壊することを決める。ハリスは閣僚用のシェルターにグレースとゾーイを入れるため、グレースに結婚を申し込む。
  • 小惑星までの軌道にズレが生じるという大きな問題が発生する。ダリウスは自分が〈サルベーション〉に乗り込んで軌道を修正すると言うが、もちろん生きては帰れない。リアムは解決策を見つけようとするが、方法が見つからない。
  • ダリウスはニコラスの罠にかかってCOPEの山小屋に連れ去られ、バスに会う。バスの父親は〈Q-17〉の創立メンバーのひとりで、バスとニコラスは〈サルベーション〉を手に入れようとしていた。
  • 拷問を受けたダリウスはニコラスとバスに発射コードを教えてしまい、サルベーション号を奪われてしまう。意識不明に陥ったダリウスが目を覚ましたのは44日後。小惑星の衝突が3日後に迫っていた。
  • グレースはハリスと結婚し、サルベーション号は打ち上げられ、政府は核ミサイルで小惑星を破壊しようとしていた。ダリウスは「小惑星は衝突しない」と言い張るが、最後の仮説を検証できずにいた。
  • リアムとアリシアは〈レジスト〉のネロを探し出し、ハッキングで核ミサイル発射を阻止してもらおうとするが、「ネロ」の正体はディランだった。核ミサイルは最後の希望だとハリスに説得され、ディランは思い悩む。
  • 核ミサイルを止めるため、ダリウスたちはハリスのもとへ向かう。ダリウスは「小惑星じゃない」と訴え、ハリスにミサイルの発射を中止させる。接近する小惑星は、4人の目の前で動きを止める。

#11~#13の感想

「小惑星じゃないなら、あれはなんなんだ」
「何かはわからない。でも来た」

夏蜜柑
いやもうそんな意味深な終わり方、いらんから(笑)

最後のほうは小ネタを詰め込みすぎて、何がなんだかわからない状態でしたね。
みんな大した意味もなく動き回るから、しっちゃかめっちゃかになってたし。

ディランの子供を妊娠して帰ってきてアレ嫌コレ嫌言うゾーイとか。
COPEに洗脳されてレールガンの設計図盗んでゾーイを拉致るジリアンとか。

突然出てきて「俺がネロ」ってドヤ顔してたのに、ちゃっかりゾーイとシェルターに入るディランとか。

パパと娘と海外へ逃げるって騒いでたのに、ハリスと結婚して最後はダリウスとハチドリ追っかけるグレースとか。

夏蜜柑
めちゃくちゃやん。

最終回のダリウスの言動なんて、まったく意味不明でしたよ。
ハチドリとかホバリングとか。

だから何? 何がしたかったの? 検証はできたの?

ダリウスが大統領になったあたりから、急速に面白くなくなっちゃったんだよね。
主人公が権力を握ると本当につまらない。

思わせぶりに登場した〈Q-17〉も〈COPE〉も大したことなかったし。

シーズン1に比べると面白さは格段に落ちたなーと思います。
これは打ち切りも納得だわ。これ以上続きが見たいと思わないもの。

それぞれの結末

リアム

ジリアンとアリシアの間を行ったり来たりしていましたが、最後はやっぱりジリアンに決めました。わたしはアリシアのほうが好きだったけどね。

シーズン1に比べて存在感が薄くなりましたよね……。
おいしいところは全部ダリウスにもってかれた感じがする。

EMドライブも重力トラクターもソーラーセイルもほとんどリアムが作ったのにねぇ。

ダリウス

大統領は辞職しました。
が、その直後にニコラスの罠に落ち、44日間も眠り続けるという大失態を犯す。

シーズン2のダリウスは好きになれなかったなぁ。
アリシアの件も、ダリウスに非があるような気がしてならない。

結局、ずーっと彼に振り回されていたワケだよね。

〈サルベーション〉で小惑星阻止できるんやったら最初からそうすりゃよかったんちゃうん!というツッコミは言わずもがな。

ただ、女にフラフラしないところは好き。

グレース

モテまくりでしたねー。
閣僚用シェルターに入るためにハリスと偽装結婚したにも関わらず、最後はダリウスを選ぶというなかなかの小悪魔っぷり。

知性と行動力のある女性は好きだけど、彼女ひとりだけというのが残念だった。
シーズン1のアマンダの存在は大きかったとつくづく思う。

彼女の希望を信じる力はどこから湧いてくるんだろう。敬服。
わたしだったらあの状況でダリウスを信じることなんかできないわ。

ところでお父さん、どうなったのかしらねぇ。

ハリス

「ダリウスは信じられない」と言ってましたが、最後の最後で核ミサイルの発射を中止してくれました。

グレースのことまだ好きだったんだねぇ。
プロポーズのとき「ずっと好きだった」みたいなこと言ってたけど、フィオナと恋人宣言してましたよね、アナタ。

でもハリスはシーズン2のほうが好きかも。
シーズン1より物わかりがよくなったと思う。

ま、ダリウスがぶっ飛んでたから、大人しく感じるだけかもしれないけど。

ジリアン

レールガンの設計図を盗んでバス・シェパードに渡したせいで、レールガンがこっぱみじんに。

COPEの山小屋を自力で脱出した後、犯罪者として拘束されました。
最後はハリスのお情けで出してもらって、リアムと涙の再会。

シーズン1に輪をかけて嫌いになったわ……。
今回はいいところがひとつもなくて可哀想なくらいだった。

アリシアが美人だったから、見た目的にもかすんでしまった気がする。

頭脳明晰らしいけど、まっっったくそんな片鱗が見えなかったよね。
ネイトにたぶらかされて簡単にCOPEにハマっちゃうし。

駆け出しのSF作家という設定もどこへやら。
今回いちばんみじめなキャラだったと思う。

アリシア

ダリウスに協力したせいで〈レジスト〉から追放されてしまいました。
最後はダリウスと和解して仲間になったけど、愛するリアムはジリアンを選び、置いてけぼりに。

わたしは割と好きなキャラでした。
誰からも愛されない孤独な境遇に共鳴してしまうのかなぁ。

〈テス〉を開発するほど才能に溢れていたのに、ダリウスとそりが合わなかったばっかりに悲惨な目に。不運な人ですよね。

ニコラス

COPEのバス・シェパードと繋がっていました。
ダリウスを罠にかけて〈サルベーション〉を奪い、バスと選ばれし仲間たちと宇宙へ飛び立ちました。

〈サルベーション〉は火星移住計画のロケットだけど、彼らどこへ向かったんだろ?

〈Q-17〉のボスがニコラスだとわかったときは心底ガッカリした。
もっと壮大な物語が繰り広げられるのかと期待していたのに、結局また身内の話かよっていう。

シーズン2は手近な要素で小さくまとめたところが敗因だと思うなぁ。

バス・シェパード

父親が〈Q-17〉の創立メンバーで、ニコラスと繋がってました。
で、ニコラスと一緒に〈サルベーション〉で宇宙に飛び立ちました。

彼は地球に小惑星が衝突して人類が一掃されることを望んでいて、選ばれし者たちだけで新たな世界を作ろうとしていたんですね(それ、どこで作るんだって話ですが)。

この人も見かけ倒しだったなぁ。

ジリアンにレールガンの設計図を盗ませたのは、レールガンを破壊するため。
最初からそれが目的で、ネイトをジリアンに接触させたのでしょうけど……。

壮大なことを言う割には、やることがいちいちセコい。

ゾーイ

ジリアンの誘いに乗ってCOPEの隠れ家へついていったゾーイ。
すぐに「COPEやばい」と気づき、グレースママに助けられて家に戻りました。

なんで考えなしに行動するんかねぇこの子は……。

その後、ディランと再会して、一緒に閣僚用シェルターに避難したっぽい。
グレースと別れるくだり、既視感満載。シーズン1の終わりと一緒じゃない?

ディラン

生きてました。最終回でとつぜん復活。
〈レジスト〉のボス「ネロ」はディランでした。

つまり、ダリウスから〈テス〉を奪ったり、核ミサイルで政府を脅したり、リアムたち対策チームを招集したり、レールガンを奪おうとしたりしたのは、ぜんぶディランだったわけですね。

しかしゾーイと再会して子供を妊娠していると聞いたとたん、態度が急変。
なぜかゾーイと一緒にシェルターに入ることを決めます。

いや、そうすること事態はいいんだけどね。

〈レジスト〉の仕事に命かけてた人が、急にパパに目覚めてシェルター入るって言い出したのが違和感ありまくりで。このへんの流れがどうにも雑だったように思う。

アロンゾ

クレアの弟として登場したのに、最後はすっかりグレースの用心棒みたいになっちゃった人。

ゾーイを助けるためにCOPEの隠れ家に乗り込んで重傷を負ったけど、その後元気になった様子。最終回は一瞬だけ映りました。

この人も後半どんどん適当な描かれ方になっていって、可哀想だった。
なんでかハリスと意気投合させられてるし。

けっこう好きだったんですけどね。
ピークは4話、5話あたりだったなぁ。

これにて終わり

小惑星ではないことがわかったけど、正体は最後までわからずじまい。
シーズン2で打ち切りになったので、この物語はここでおしまい。

夏蜜柑
続きはありません。

最後は文句ばっかりになってしまいましたが、途中までは面白く見ていたので、まぁまぁ満足です。

次は2019年2月12日から始まる「カウンターパート/暗躍する分身」を見ようかなぁと思っております。

 

「サルベーション」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「カウンターパート/暗躍する分身 」 カウンターパート/暗躍する分身|登場人物(キャスト・吹き替え)・あらすじ 「サルベーション―地球の終焉―」 サルベーション-地球の終焉-最終回|物語はシーズン2へ続く