サルベーション-地球の終焉-|あらすじ・キャスト(吹き替え)

「サルベーション―地球の終焉―」

「サルベーション」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「サルベーション―地球の終焉―」(原題「Salvation」)の紹介です。

地球の終焉までタイムリミットは6カ月。小惑星が地球へと迫り来る中、世界最高峰の頭脳集団が全人類の危機回避に立ち上がる超大作ドラマシリーズ。(WOWOW公式サイトより)

2017年に全米CBSネットワークで放送されたSFドラマ。

壮大なストーリーと、息もつかせぬスリリングな展開にクギヅケになります。主要登場人物がイケメン揃いなのも◎。

夏蜜柑

第2シーズンの日本初放送も決定しています。

 

【再放送のお知らせ】
シーズン2の放送開始に先駆けて、2018年11月23日(金・祝)から、第1シーズン全13話の一挙放送があります。詳しいスケジュールは、WOWOW公式サイトでご確認ください。

※この記事は、2018年6月に書き起こしたものを随時更新しています

番組情報

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送日:2018年7月1日(日)から毎週日曜午後4時~(3話ずつ放送)
  • 監督:ケン・フィンクほか
  • 脚本:コリー・ミラーほか
  • 製作総指揮:アレックス・カーツマン(「SCORPION/スコーピオン」「スター・トレック」シリーズ)ほか
  • 製作スタジオ:CBS
  • 全米放送:2017年7月~9月(第1シーズン)

あらすじ

マサチューセッツ工科大で天体物理学を学ぶリアムは作家ジリアンと出会い恋に落ちるが、半年後にある小惑星が地球に衝突すると気付き、クロフト教授に相談する。しかし教授は失踪を遂げてしまう。リアムはカリスマ的天才科学者で大富豪でもあるダリウスにも発見を伝えるが、ダリウスは人類が存続できる最低人数、160人を火星に移住させようと考える。
一方、国防総省(ペンタゴン)の報道官グレースはシングルマザーで、現在はひそかに上司の副長官ハリスと付き合っているが、ダリウスから火星移住計画を提案されて驚く。やがて政府の中からある人工衛星を小惑星にぶつけて軌道をそらす案が持ち上がるが、小惑星の破片で10億人を犠牲にしかねず……。(WOWOW公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※ネタバレを含みます

リアム・コール……チャーリー・ロウ(声:浪川大輔)
MIT(マサチューセッツ工科大学)で天文物理学を学ぶ大学院生。自身が開発した宇宙監視システムで小惑星が地球に激突することを知り、テック業界のスーパースター、ダリウス・タンズに助けを求めたことがきっかけで彼の計画に参加することになる。
ダリウスの講演会で知り合った恋人ジリアンを愛しているが、人類を救うためにボストンを離れ、ダリウスのいるワシントンへ引っ越すという苦渋の決断をする。後に、夢の動力とされるEMドライブを完成させる。

ダリウス・タンズ……サンティアゴ・カブレラ(声:宮内敦士)
時代の最先端を行く科学者。自身が創業者であるタンズ社の成功で巨万の富を得る。地球絶滅規模の隕石落下説を唱えていた矢先にリアムから助けを求められ、地球の危機を知ることになる。
政府の小惑星衝突回避計画が失敗することを予見し、政府に協力しながらも自身が考える火星移住計画を密かに進めていく。ハリスとは15年来の友人だが、信用はしていない。
自身が作った世界最速のコンピューターに最愛の女性「テス」の名前をつけている。

グレース・バロウズ……ジェニファー・フィニガン(声:加藤有生子)
国防総省の報道官。上司である副長官のハリスと交際中。政府の打ち出した小惑星衝突回避案が多くの犠牲者を出すことに賛同できず、ダリウスの計画を支持する。ハリスのことを愛しているが、必然的に彼を裏切る立場に追い込まれ、苦悩する。名門大学進学を間近に控えた娘・ゾーイと2人で暮らしている。父親は元CIA。

ハリス・エドワーズ……イアン・アンソニー・デイル(声:咲野俊介)
国防総省副長官。元軍人。以前から地球に小惑星が迫ることを知っており、密かに小惑星衝突を回避する〈サムソン計画〉を進めていた。いかなるときも官僚としての立場を優先し、ルールを遵守する。グレースに対しても嘘をつくことを厭わない。
ダリウスとは中央軍にいた頃から15年来の付き合いだが、小惑星衝突回避案については意見が合わない。政府に反抗的な思想を持つディランという息子がいる。

ジリアン・ヘイズ……ジャクリーン・バイヤーズ(声:種市桃子)
SF小説「シャドー・サイド」を自費出版したばかりの駆け出しのSF作家。MITで行われたダリウスの講演会でリアムと出会い、愛し合うようになる。真実を何も知らないままダリウスに招かれてタンズ社を訪れ、火星に移住する160人を選ぶメンバーに加わることに。
アイザック・アシモフやロバート・A・ハインラインの影響を受ける。祖父は有名なSF作家のアンドレ・バルトークだが、好感を抱いていない様子。

アマンダ・ニール……シャジ・ラジャ(声:世戸さおり)
キャピトル・アイズ社の記者。野心家で、特ダネを掴もうとリアムに近づく。“アトラス”に関わったと思われる国防総省の職員が不審死を遂げたことをきっかけに、グレースやダリウスの周囲を探り始め、“アトラス”の正体を突き止めようとする。ダリウスに取材をした直後、車にはねられて入院。上司からネタを追うことを止められる。
世界的なハッカー集団〈レジスト〉から送られてきた写真をもとに“アトラス計画”について調べ、真相に辿り着く。

マルコム・クロフト……デニス・ボウトシカリス
MITの天文物理学教授。リアムとダリウスの師でもある。小惑星の衝突を知ったリアムが最初に相談した人物だが、その直後、正体不明の連中の襲撃を受けて逃亡。後にリアムと合流し、EMドライブを完成させるためダリウスのチームに加わる。
後に、ロシアのスパイだったことが判明。リアムを利用してタンズ社に潜入、アメリカ政府の動きを探って計画を邪魔していた。EMドライブ完成後、試作機と研究資料と共にロシアに渡ろうとするが、リアムに撃たれる。死んだと思われていたが、後に生きていたことが判明。

ウォルター・カーナハン……ビル・ターンブル
国防総省の職員。人工衛星の管理室に勤め、最高機密を扱っていた。ロケットエンジン実験失敗の証拠映像をグレースと一緒に見た後、謎の死を遂げる。
後に、世界的ハッカー集団〈レジスト〉の創立メンバーだったことが判明。

ストラウス博士……デレク・ウェブスター
政府の〈サムソン計画〉に参加する科学者。重力トラクターを打ち上げるロケットが失敗したことで作戦を変更、イオ探査機を小惑星に衝突させて軌道を変える代替案を提案する。

ディラン・エドワーズ……アンドレ・デイ・キム
ハリスの息子。政府に反抗的な思想を持ち、仲間とデモを行っている。ハリスを父親として認めていない。
後に世界的ハッカー集団〈レジスト〉のメンバーであることが判明。〈レジスト〉の創立メンバーだったウォルターの死の真相を突き止めるため、アマンダとリアムに協力を求める。

ゾーイ・バロウズ……レイチェル・ドランス
グレースの娘。名門大学進学が決まっているが、社会奉仕プログラムでケニアに行くことを望んでいる。母・グレースとハリスの交際を喜ぶものの、グレースが重大な秘密を抱えているらしいことに薄々気づき不安を感じている。グレースに内緒でハリスの息子・ディランと会い、〈レジスト〉の仕事を手伝うことを決意する。

クレア・レイバーン……エリカ・ラトレル
大統領上級顧問。かつてハリスと関係を持ち、ハリスが離婚する原因を作った。当初はダリウスの重力トラクター計画に期待していたが、EMドライブの失敗で態度を翻す。今でもハリスを愛しており、個人的感情からグレースにきつく当たる。

ランダル・カルフーン……ブライアン・マーキンソン
国防総省長官。ロシアに対して強硬な姿勢を取る。ダリウスを信用せず、タンズ社との提携を打ち切ろうとする。後にベネットと繋がっていたことが判明するが、グレースを襲った疑いをかけられて更迭される。

モンロー・ベネット……サッシャ・ロイズ
大統領の座を引き継ぐ。クーデターの主謀者で〈アトラス計画〉を企てた張本人。クレアと繋がっており、ロシアを攻撃するために〈サムソン計画〉を利用しようとする。ハリスによって拘束されるが、逃亡する。

ポーリーン・マッケンジー
合衆国大統領。病気と噂されていたが、実はベネットと共謀するクレアに毒(水銀)を仕込まれていた。ダリウスとグレースから〈アトラス計画〉の存在を知らされ、政府内の反逆者を一掃しようとするが、テレビ演説の途中で死亡。後に生きていたことが判明する。

ラズロ……アーロン・プール
タンズ社の警備主任。ダリウスが少年時代から付き合っている古い友人で、最も信頼できる人物。妹のテスはかつてダリウスの恋人で、最愛の女性だった。イオ探査機をハッキングした犯人がクロフト教授だと最初に気づき、クロフトに殺される。

テレサ(テス)・ピーターソン……オータム・リーザー
ラズロの妹。企業弁護士。かつてダリウスと愛し合っていたが、ニコラスによって引き裂かれる。ラズロの死後、ラズロが保有していたタンズ社の株を相続し、役員となる。ダリウスが不正会計を疑われた際、監査を引き受ける。夫とは別居中。

ニコラス・タンズ……ジョン・ノーブル
イギリスに住むダリウスの叔父。強欲で偏屈な人物。ダリウスの父がイギリスを離れアメリカに移住した後、ダリウスを引き取りMITを卒業するまで学費を支援した。ダリウスが事業を興す際、恋人のテスと別れることを条件に資金援助した。
隕石をコレクションしており、ダリウスたちが隕石(に含まれる結晶体)を盗んだことに激怒し、報復を企てる。
かつてダリウスの母を愛し求婚したが、ダリウスの父に邪魔をされたという過去があり、今も根に持っている。

各話のタイトル

リンクをクリックすると各話のあらすじと感想の記事に飛びます(ネタバレ注意)

第1話 人類の箱舟
第2話 シャドー・サイド
第3話 真実か希望か
第4話 明日への希望
第5話 信念の先に
第6話 深まる対立
第7話 アトラス計画
第8話 モスクワの長い一日
第9話 真の愛国者
第10話 新たな火種
第11話 全てを懸けて
第12話 黙示録の予言
最終話 反撃のシナリオ

「サルベーション」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「サルベーション―地球の終焉―」 サルベーション-地球の終焉-#1~#3|彼らは小惑星を回避できるか 「サルベーション―地球の終焉―」 サルベーション-地球の終焉-最終回|物語はシーズン2へ続く