「不惑のスクラム」第4回|ウタさん逝く

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」第4回。

夏蜜柑

ウタさんがとうとう逝ってしまいました。
素敵な遺書。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第4回「命のパス」のあらすじ

  • 宇多津(萩原健一)を見舞いに来たのは、3年前の試合で宇多津が怪我をさせ、車椅子生活を送ることとなった梅塚(竹中直人)だった。宇多津は梅塚に「まだ生きたい」と打ち明ける。
  • 宇多津の容態が急変し、陣野(渡辺いっけい)から連絡を受けた丸川(高橋克典)は、病室へ駆けつける。宇多津は「どんな試合も途中で放り投げちゃいけない」と丸川を励まし、2人は病院の屋上でキャッチボールをする。
  • 宇多津が亡くなり、葬儀に出席する丸川。梅塚は、「ウタさんから頼まれた」と丸川を励まし、宇多津の遺書を読み上げる。丸川はみんなの前で「ラグビーをやらせてください」と頭を下げる。
  • キャプテンの金田(村田雄浩)は、「尾崎豊の歌を歌い上げればチームに戻ることを許す」と言う。尾崎の歌を大声で歌う丸川。いつしかみんなも声を合わせて歌っていた。
  • 参加を許された丸川は、久しぶりにグラウンドに姿を見せる。麦田(松尾諭)は「ラグビーが好きだから続ける。だけど、あなたのことは許せない」と自分の複雑な思いを丸川に伝える。

キャスト

丸川良平……高橋克典
宇多津貞夫……萩原健一
陣野進……渡辺いっけい
坂巻由理……戸田菜穂
金田順三……村田雄浩
宇多津登紀子……夏木マリ
梅塚英吾……竹中直人
緒方真一郎……徳井優
川端弘明……上杉祥三
麦田理……松尾諭
二階堂謙信……高橋光臣
柴尾和弘……増田修一朗
陣野美緒……中村ゆりか

第4回の感想

夏蜜柑

ウタさんがいなくなってしまった…。

淋しいですね。
ショーケンさんの存在感は大きかったわ。

夏木マリさんとのキスも、とっても素敵だった。
こんなに微笑ましい気持ちになるキスシーン、見たことない。

夏蜜柑

こんな愛嬌のある老人になりたい。

ウタさんは、あの日、丸川が自殺しようとしているのを見て、わざとボールをぶつけたんですね。
そして丸川をなんとかこの世に引き留めようと、必死にラグビーに誘った。

ウタさんの何気ない言葉は、どれも重みと滋味があって、すうっと心に入ってきました。
ヤンチャーズのみんなに宛てた遺書も、粋でカッコよかった。

残された者が思わず背筋を伸ばしてしまうような。
「ちゃんと生きなきゃ」と思えるような遺書だった。

キャプテンに「尾崎豊歌え」って言われて、熱唱する丸川。
確かに尾崎豊っぽい格好してたけど、無茶ぶりだよキャプテン……いや、そうでもないか。

余談ですが、高橋克典さんは、実際に尾崎豊さんの高校時代の1年先輩で、音楽仲間のひとりでした。

のちに大ヒットした「15の夜」を生で聴いたとき、衝撃を受けたものの、悔しくてそれを素直に言葉にできなかった……とむかし某番組で語っていました。

夏蜜柑

「15の夜」も「シェリー」も「僕が僕であるために」も、高橋さんが歌うとグッとくるよね。
ウタさんからもらった命をパスを、これから丸川がどう繋いでいくのか。
最後まで見守りたいと思います。

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第3回|丸川の前科が問題に NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第1回|罪を犯した元ラガーマン