「不惑のスクラム」第5回|初トライとキャプテンの辞任

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」第5回。

夏蜜柑

今回は、二階堂くんと金田キャプテンの話。

ふぐ丸

マルさんが相談役みたいになってる。

以下、ネタバレを含みます。

第5回「トライのある人生」のあらすじ

  • 人付き合いが苦手で空気が読めない二階堂(高橋光臣)は、管理職に昇進したことで悩んでいた。二階堂は、宇多津(萩原健一)のように初トライを決めて自分を変えたい、と丸川(高橋克典)に相談する。
  • 大学生チームと試合をすることになったヤンチャーズ。丸川は二階堂に初トライを狙わせようと考えるが、若い大学生たちの強靱な体力の前に、ヤンチャーズのメンバーは手も足も出ない。
  • だが丸川は諦めず、積極的にボールを取りに行く。丸川に触発されたメンバーたちも必死に食らいつき、二階堂にボールが渡る。二階堂は人生初トライを決め、全員から祝福される。
  • だがキャプテンの金田(村田雄浩)だけは、喜べずにいた。金田はふがいない試合に憤り、打ち上げの席で「キャプテンを辞める」と宣言。練習もしばらく休むと言い出す。
  • 工事現場で金田と会った丸川は、金田が本当に失望したのはチームではなく、体力が衰えた自分自身だったのではないかと話す。金田は丸川に「今度の週末、顔を貸せ」と言う。

キャスト

丸川良平……高橋克典
宇多津貞夫……萩原健一
陣野進……渡辺いっけい
坂巻由理……戸田菜穂
金田順三……村田雄浩
宇多津登紀子……夏木マリ
梅塚英吾……竹中直人
緒方真一郎……徳井優
川端弘明……上杉祥三
麦田理……松尾諭
二階堂謙信……高橋光臣
柴尾和弘……増田修一朗
陣野美緒……中村ゆりか

第5回の感想

それぞれのエピソードも面白かったけど、今回は試合も面白かったねぇ。
大学生との試合、身を乗り出してヤンチャーズを応援してしまったよ。

高橋光臣さん演じる二階堂は、人付き合いが大の苦手。
会話中も相手の目を見ずにうつむいて話すし、いつもオドオドしているんだよね。

現場で機械いじりをしている方が性に合っていたのに、昇進して管理職を任されてしまい、5人の部下との関係もギクシャクしていて。

夏蜜柑

居心地悪そう…。

そんな自分を変えるため、「初トライを決めたい」と丸川に打ち明ける二階堂。
どうやらヤンチャーズでまだトライを決めていないのは、二階堂だけだったらしく。

丸川はなんとか二階堂にトライを決めさせようと、ひそかに作戦を考えます。

ところが試合の相手は大学生。
孫と同じ年齢ほどの若者相手に、おっちゃんたちはまるで歯が立たない。

それでも必死にボールを取りに行く丸川。
全員でパスを繋いで、最後に二階堂がトライを決める……。

夏蜜柑

ちょっと感動だった。

みんなが初トライを決めた二階堂を祝福する中、キャプテンの金田だけが喜べない。

金田は、花園ラグビー場に苦い思い出があるようで……。
当時チームメイトだった中岡は、その後日本代表になり、今や評論家。

その中岡から、4年後のワールドカップに向けて、ラグビーの普及活動に協力してほしいと言われる。でも、金田は今でも自分は現役だと思っていて。

大学生相手の試合で、自分の老いを自覚した金田は、キャプテンを辞めてしまいます。

ふぐ丸

急やな。

丸川の「もうあの頃には戻れない」っていう言葉、身につまされるわー。
老いは体力だけに限らないけど、スポーツやってる人はいっそう強く感じるんだろうね。

わたしはスポーツやらないし、もともと体力ない人間だけど、それでもいつの間にかいろんなところが痛くなっていたり、ちょっと前まで平気だったことが苦痛になっていたり、予想もしてなかった体の変化が次々と現れて不安になる。

しかもその「ちょっと前」が10年前だと気づいた時には、相当落ち込んだりする。

金田さんの場合、パートナーを亡くしていることも大きいと思う。
ラグビーだけが生きがいになっているのかな……。

次回は、ついに丸川が妻の由理と再会するみたいです。

それにしてもマルさん、いつの間にかみんなの相談役になってるよね。

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第6回|諦めなければ南アフリカにも勝てる NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第4回|ウタさん逝く