「不惑のスクラム」第6回|諦めなければ南アフリカにも勝てる

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想

どうも、夏蜜柑です。
NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」第6回。

夏蜜柑

金田キャプテン復活。

ふぐ丸

マルさんと妻を会わせようとするけど、そううまくはいかない。

以下、ネタバレを含みます。

第6回「ワンフォーオール・オールフォーワン」のあらすじ

  • 丸川(高橋克典)は、金田(村田雄浩)がコーチをするラグビースクールで、子供達にキックを披露する。金田は高校時代に花園で大敗し、大学に進むも怪我でラグビーを断念。「勝ちにこだわるラグビーがしたい」と言う。
  • テレビではラグビーW杯日本対南アフリカ戦を中継しており、どうせ負けると言う金田に、丸川は「諦めなければ南アフリカにも勝てる」と言う。2人が見守る中、日本は南アフリカに勝利する。
  • 翌日、丸川は金田をグラウンドへ連れて行く。チームに歓迎された金田はキャプテンに復活し、今後も勝ちにこだわることを宣言する。
  • ラグビースクールに娘を通わせる西山友子(安藤玉恵)は、丸川の高校の後輩で、元妻・由理(戸田菜穂)の友人だった。友子から事情を聞いた金田は、チームのみんなに相談し、丸川と由理を会わせようと考える。
  • だが、金田から丸川が自殺しようとしていたことを聞いた由理は、「自分のことしか考えていない」と怒り出す。後日、由理はヤンチャーズのグラウンドに現れるが……。

キャスト

丸川良平……高橋克典
宇多津貞夫……萩原健一
陣野進……渡辺いっけい
坂巻由理……戸田菜穂
金田順三……村田雄浩
宇多津登紀子……夏木マリ
梅塚英吾……竹中直人
緒方真一郎……徳井優
川端弘明……上杉祥三
麦田理……松尾諭
二階堂謙信……高橋光臣
柴尾和弘……増田修一朗
陣野美緒……中村ゆりか
西山友子……安藤玉恵

第6回の感想

このドラマの舞台は2015年なんですね。

劇中でマルさんと金田さんが見ていたのは、2015年9月19日に行われたラグビーW杯日本対南アフリカ戦。

夏蜜柑

日本中が熱狂したあの試合。

ラグビーは、基本的に「大番狂わせがない」と言われているスポーツ。
力の差がそのまま得点に反映されてしまう。

W杯で通算1勝(16連敗中)だった日本が、W杯通算25勝、世界ランキング3位の南アフリカに勝利したことは、世界に波紋を広げるほど劇的なことでした。

夏蜜柑

こんなん見せられたら、金田さんも戻らざるを得ないよね。

優勝候補と言われていたのに、花園で1回戦敗退。
チームメイトの中岡と共に大学に進学するも、怪我でラグビーを辞めることに。

以来、ずっとその「負け」を引きずってきた金田さん。

仲良しクラブじゃなくて、勝ちにこだわるチームにしたいという金田さんの気持ちはよくわかる。そしてそういう生真面目な人は、どこへ行っても孤立しやすい。

ほどほどに楽しくやれればいいと考える人のほうが、圧倒的に多いと思うから。

でも、そんな人だから、キャプテンを任されるんだよね。
みんなと一緒にワチャワチャするんじゃなくて、先頭に立って切り開いていける人。

夏蜜柑

孤独はリーダーの宿命なんです。

キャプテンが復活し、元気になったヤンチャーズ。
マルさんが離婚した経緯を知った金田さんは、マルさんと妻の由理を会わせようと奮闘。

15年前に妻を亡くしている金田さん。
生きているのに会おうとしない2人が、もどかしくてしょうがないんでしょうね。

でも、由理の気持ちは複雑みたいで。

丸川が服役している間、娘と2人だけで誹謗中傷に耐えてきたであろう由理。
それも丸川が帰ってくると信じていたから。

でも、丸川は家族を捨てた。
それだけじゃなく、自分だけ苦しみから逃れようとしていた……。

夏蜜柑

そりゃあ怒るよね。

次回は最終回です。
マルさんがまた前を向いて生きていけますように。

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第5回|初トライとキャプテンの辞任 NHKドラマ「不惑のスクラム」感想 「不惑のスクラム」第4回|ウタさん逝く