フジ月9「シャーロック」第9話|レストランで繰り広げられる推理劇

ドラマ「シャーロック」

「シャーロック」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
フジ月曜9時「シャーロック」第9話。

面白かった!!

ワクワクする設定に、序盤から一気に心を掴まれました。
古典ミステリーっぽい雰囲気がたまらなく好み!

獅子雄と若宮のスリーピース・スーツ姿も眼福でした~。

第9話のあらすじ(ネタバレ有)

目の前で安蘭(長谷川京子)に死なれ、元気のない獅子雄(ディーン・フジオカ)を励まそうと、若宮(岩田剛典)と江藤(佐々木蔵之介)は小暮(山田真歩)の誕生日をダシにとある有名イタリアンレストランでのディナーに獅子雄を誘う。

江藤ら3人は一番安い「シェフのお任せコース」を頼むが、遅れてやってきた獅子雄はアラカルトを注文。しかし店の看板料理である「うずらのカチャトーラ」が用意できないとソムリエの加藤茂(田邊和也)に言われてしまう。

店には料理評論家の大石万作(升毅)と雑誌編集者の高津みずえ(遊井亮子)も取材で訪れており、2人は大声で料理に対する不満を口にする。

店にいた老夫婦・不破達彦(綾田俊樹)と凛子(島かおり)は不快な表情を浮かべ、別の客・中原聖子(峯村リエ)もみずえに苦言を呈する。

有名店の味が変わり、看板料理が出せないのはなぜか? その謎を推理してみようと言う若宮。獅子雄は、今日店がオープンする前に異常事態が起こったと指摘する。

獅子雄は凛子がなくしたイヤリングを一緒に探し、店の奥の掃除道具入れの中で男が死んでいるのを発見する。すぐに立ち上がろうとする江藤と木暮を引き留め、「コースが終わるまで穏便に」と微笑む獅子雄。

4人は犯人を特定するため、パスタイオの西岡啓介(伊藤祐輝)、パティシエの佐伯斗真(古屋呂敏)、オーナーシェフの古賀智志(大友康平)を順番にテーブルに呼びつけ、話を聞く。

すると、副料理長の新井伸吾(郭智博)が昨日いっぱいで辞めていることが判明。殺された男は新井だと思われた。獅子雄は「この店で殺人事件が発生しました。これから事件の真相を解明します」と宣言する。

料理を否定した大石とパティシエの佐伯を除外すると、みずえが「うずらのカチャトーラは新井が考案し、新井が作っていた」と発言。みずえは新井と個人的な関係にあり、今日店を訪れたのも新井に取材を頼まれたためだった。

聖子は新井を引き抜いてビジネスパートナーにしようとしていたが、新井は別の店の引き抜き話に応じていたことが判明。聖子とみずえは犯人候補から除外される。

古賀は自分がやったと発言するが、新井を殺したのはソムリエの加藤だった。加藤は今日のオープン前に突然辞めると言って出ていった新井が、パスタイオの西岡に命じて店のレシピ帳を持ち出そうとしているところを目撃。新井を花瓶で殴って殺したのだった。

客の凛子はその現場を偶然目撃してしまい、話を聞いた夫の達彦は密かに遺体を奥の扉の向こうへ隠していた。夫婦は借金を抱えて会社が立ち行かなくなり、この店での〝最後の晩餐〟が終わったら2人で死ぬつもりだった。

加藤は若い頃に喧嘩で人を死なせた過去があり、古賀に拾われた恩があった。古賀は脳梗塞の影響で塩分がわかりづらくなっており、微妙なさじ加減ができなくなっていた。古賀は加藤が殺人を犯す現場を見ていたが、止めなかったと語る。

獅子雄は古賀に頼んで若宮のためのデザートを作らせる。若宮に「ありがとう」と礼を言う獅子雄。獅子雄の口から初めて感謝の言葉を聞いた若宮は満足げにティラミスを食べる。

登場人物はこちら

ドラマ「シャーロック」フジ月9「シャーロック」各話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・原作

第9話の感想(ネタバレ有)

レストランで繰り広げられる推理劇

あぁ~楽しかった。見応えありました~。

パリッと決めた獅子雄と若宮と江藤警部とグレが4人でテーブルを囲んで話しているのを見ているだけで楽しかった。ずっと喋っててほしかったくらい。

このドラマは東京が舞台だけど、なんとなく英国の雰囲気を匂わせてくるよね。押しつけがましくない程度に。そういうところも好きです。

イタリアンレストランの中で起こった殺人事件を、偶然居合わせた獅子雄たちが解決するという設定そのものは古典的。

でもこのメンバーがやると新鮮で面白いのよね。ワケアリ客たちが抱えるそれぞれの事情が徐々に明かされていく流れも、効果的でした。

事件の経緯

いつにも増して情報量が多い回でした。
登場人物も多かったけど、全員がそれぞれの役割を担ってました。

今回の事件を時系列にすると、こんな感じ。

  1. 脳梗塞の影響で古賀の料理の味が変わる
  2. 新井が考案した「うずらのカチャトーラ」が看板メニューになり、新井が古賀の代わりに作るようになる
  3. 中原聖子が新井を引き抜こうとする
  4. 新井が聖子の話を断り、別の店の引き抜き話に応じる
  5. 新井が突然店を辞める
  6. 新井が西岡を脅して店のレシピ帳を持ち出させる
  7. 加藤が西岡に注意していると新井が現れ、加藤と言い争いになる
  8. 新井が加藤に殺害される
  9. 不破凛子が事件現場を目撃し、夫の達彦に話す
  10. 獅子雄が新井の遺体を発見する
  11. 達彦がトイレに行くふりをして新井の遺体を隠す
  12. 江藤が聖子の電話を盗み聞きし、聖子が犯人だと勘違いする

ウゥ、情報が多すぎて全部書き切れない……。

西岡が新井に借金があって言いなりになっているとか、細かい設定が入っているおかげで、レシピ帳を持ち出すという行動ひとつにも説得力があるんですよね。

殺された新井は、ホント性格が悪いよね。

古賀を困らせるためにわざと自分が辞めた後に取材に来させたり、西岡を脅してレシピ帳を盗ませたり、みずえの気持ちを利用したり、支度金まで用意させた聖子を裏切ったり。酷いよなぁ。

最後の晩餐

借金を抱えた老夫婦は、昔馴染みの店で〝最後の晩餐〟をし、心中を図ろうとしていました。

古賀が作った料理は、夫婦にとってきっと心から美味しい料理だったに違いない。デザートを食べずに帰った彼らは、〝生きる〟ことを考えてくれるかもしれない。

獅子雄と若宮にとっても〝最後の晩餐〟だったのか、どうか。

若宮は獅子雄から「ありがとう」という感謝の言葉をもらってうれしそうだったけど、最後のモノローグで不吉なことを言うから不安になるよ。

せっかく2人の息が合ってきて、ドラマ自体も乗ってきたのに、あと2話でお別れです。淋しい。物足りない。2クールでもよかったのに。

この作品は、FODプレミアムで動画配信されています。最新の配信状況と料金はFOD公式サイトにてご確認ください。

「シャーロック」記事一覧

ほかの記事を読む?

ドラマ「シャーロック」 フジ月9「シャーロック」第10話|マジシャンズセレクトと衝撃のラスト30秒 ドラマ「シャーロック」 フジ月9「シャーロック」第8話|兄・万亀雄登場でますます面白くなってきた