「死役所」登場人物(キャスト)・原作について

ドラマ「死役所」あらすじネタバレ感想

どうも、夏蜜柑です。
2019秋ドラマの紹介です。

松岡昌宏さん主演の「死役所」(テレ東)。

「お客様は仏様です」誰もが一度は想像する「死後の世界」…待つのは天国?地獄?あるいは――(公式サイトより)

死んだ人間が最初に訪れる場所「シ役所」。
「シ役所」の総合案内で働く慇懃無礼な職員シ村を、松岡昌宏さんが演じます。

様々な理由で亡くなった者たちの「行き先」を決める手続きを行う中で、彼らの壮絶な人生があぶりだされていきます。

死者たちが死んだ時の姿のままで現れるので、残酷描写が苦手な方は要注意です。

番組概要

  • 放送局:テレビ東京系
  • 放送時間:2019年10月16日(水)から毎週水曜深夜0時12分~
  • 原作:あずみきし『死役所』
  • 脚本:政池洋佑/三浦希紗
  • 監督:湯浅弘章/棚澤孝義/酒井麻衣/松本花奈/蔵方政俊

あらすじ

目を覚ました三樹ミチル(黒島結菜)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか?戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡昌宏)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える…。
その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。
シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、あずみきしさんの漫画『死役所』です。

Amazonプライム特典でKindle2巻まで無料だったので読みました。
とても面白かったです。泣けます。

死んだ人が生き返ることはないし、ただシ役所で死者の話を聞くだけなんですけどね。
いろんな人の(良くも悪くも)千差万別の人生が、淡々と描かれているところに好感が持てました。

衝撃的なシーンが多いので、どこまで映像化できるのかも気になるところ。

登場人物(キャスト)

※第9話までのネタバレを含みます

シ役所職員

シ村(松岡昌宏)
総合案内係。死者たちに「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応する。娘を殺した罪で死刑になったが、実は冤罪。
妻・幸子が宗教法人「加護の会」を頼っていたことから、加護の会の信者に幸子の行方を尋ねる(第9話)。

ニシ川(松本まりか)
自殺課の職員。口元にほくろがある美人。仕事はできるが口が悪い。自殺課の業務が増え、多忙なことに不満を漏らす。元死刑囚。

イシ間(でんでん)
他殺課の職員。強面だが人情に厚く、涙もろい。生前は妻に先立たれ、戦争で両親を亡くした姪のミチを娘のように可愛がっていた。
ミチを襲った少年2人を殺害し、死刑になった。自分がとった行動がミチにとってよかったのかどうかわからず悩んでいたが、老衰で亡くなったミチと再会し救われる。その後、任期満了の通知を受け取る(第7話)。

ハヤシ(清原翔)
生活事故死課の職員。ミーハーで、一見チャラい今風な青年。死者が持ち込んだ漫画を集めるのが趣味。
高校2年のとき、慕っていた祖父が実の父親で、母との間にできた子供であることを知らされる。幼なじみのまりあをいじめていた女子を窓から突き落として怪我を負わせ、高校を退学になる。まりあと結婚して幸せな家庭を手に入れるが、産まれた娘の父親が別の男だと知り、まりあと娘、男の3人を殺害し、死刑になった(第5話)。

シン宮(余貴美子)
死産課の職員。男性職員を見つけると寄って来るお色気タイプの女性。元死刑囚。

死者

三樹ミチル(黒島結菜)
20歳の誕生日にサークルの飲み会で酒を飲み過ぎて急性アルコール中毒で亡くなった女子大生。天真爛漫でわがまま。自分の死に納得がいかず、「先輩に酒を強要された」という理由で“殺人”として手続きをしてもらうことを希望していたが、シ村たち職員の過去を知って運命を受け入れ成仏した(第4話)。

ゲスト

鹿野太一(織山尚大)
第1話に登場。いじめを苦に飛び降り自殺をした中学生。継父(母の再婚相手)に無視されていると思い込んでいたが、自殺の後、自分をいじめていた生徒を轢き殺したことがわかり、継父への伝言をシ村に頼んで成仏する。

荻野泉水(酒井若菜)
第2話に登場。8年間の不妊治療の末にようやく子供を授かるが、38週で死産に。自身も危険な状態に陥るが、一命を取り留める。

荻野貴宏(野間口徹)
第2話に登場。妻・泉水と共に不妊治療を続け、ようやく授かった子供を「おチビちゃん」と呼んで産まれてくる日を楽しみにしていたが、母子ともに危険な状態にさらされる。

坂浦眞澄(三浦貴大)
第3話に登場。父親から受け継いだ定食屋を夫婦で切り盛りしていたが、父親を殺した元従業員の男に殺されてシ役所にやってくる。妻は妊娠9か月だった。

伊達夏加(豊嶋花)
第4話に登場。中学2年生。転校が決まり、片想いの相手・智也と最初で最後のデートをするが、デートの途中で交通事故に遭い死亡する。

智也(山井飛翔)
第4話に登場。夏加の初恋の相手。夏加の願いを聞き入れて1度だけデートをする。

樋田まりあ(岡野真也)
第5話に登場。ハヤシの幼なじみ。人気者のハヤシと仲がいいという理由で女子生徒の恨みを買い、イジメの対象となる。その後ハヤシと結婚して一児をもうける。

林理花(土居志央梨)
第5話に登場。ハヤシの姉。ハヤシの出生の秘密を知ってからも、これまでと変わらない態度でハヤシに寄り添う。

高関一文(重岡大毅)
第6話に登場。芸人。高校生の時、佐尾とお笑いコンビ「カニすべからく」を結成。念願の「デッドオアコント」決勝戦出場を果たす。

佐尾高茲(中島歩)
第6話に登場。高関の相棒。お笑いコンビ「カニすべからく」として「デッドオアコント」決勝戦に出場するが、遺伝性の病気を患っている。

石間ミチ(田鍋梨々花)
第7話に登場。イシ間の姪。空襲で両親を亡くし、イシ間に引き取られた。イシ間が実の娘のように大事に育てていた少女。

小野田凛(佐々木みゆ)
第8話に登場。保育士に憧れる少女。「あしたのわたし」という絵本を手に他殺課に現れる。母親から虐待を受けていた。

小野田瞳(前田亜季)
第8話に登場。凛の母。凜をベランダに放置したまま外出し、死なせてしまう。

黒川あかね(吉田志織)
第8話に登場。凛の保育園の先生。凜が虐待を受けているのではないかと疑う。

寺井修斗(柄本時生)
第9話に登場。優秀な弟にコンプレックスを抱いている。加護の会の講演会で蓮田栄山の言葉に感化される。

寺井恭平(濱田龍臣)
第9話に登場。修斗の弟。医学部に合格し、家族から祝福される。加護の会に入信した兄を心配し、家に連れ戻そうとする。

市村幸子(安達祐実)
第9話に登場。シ村の妻。画家。唯一の家族だった大伯母を亡くし、シ村と結婚する。

蓮田栄山(吹越満)
第9話に登場。加護の会の教祖。「あるがままを受け入れる」ことを説く。

▼各話のあらすじと感想はこちら
ドラマ「死役所」あらすじネタバレ感想「死役所」全話あらすじと感想|死者たちの人生に涙する

このドラマは、Paraviで動画配信されています。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください

ほかの記事を読む?

「俺の話は長い」各話ネタバレ感想 「俺の話は長い」登場人物(キャスト)・あらすじ 「同期のサクラ」あらすじネタバレ感想 「同期のサクラ」全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)