「シグナル 長期未解決事件捜査班」第3話|ありえない状況に戸惑う主人公

「シグナル 長期未解決事件捜査班」

「シグナル」記事一覧

「シグナル 長期未解決事件捜査班」第3話のあらすじと感想です。

ああ~めちゃくちゃ面白いです!!

無線機の謎についてはなかなか進展しないけど、未解決事件のほうでグイグイ引っ張るので飽きないですね。

先が読めない展開も楽しい。そして坂口健太郎さん演じる主人公がすごくよい。

この作品は、FODプレミアムで動画配信されています。最新の配信状況と料金はFOD公式サイトにてご確認ください。

第3話のあらすじ

健人(坂口健太郎)が1997年にいる大山(北村一輝)に5人目の被害者・中島亮子の遺体発見現場を知らせたことで、大山は中島亮子を助け、過去が変わる。変わったことに気づいているのは健人だけだった。

だが、大山は全くの別人を誤認逮捕してしまう。大山は、犯人がバスに乗って逃げたのではと考え、事件当日の夜、バスを運転していた田中修一(モロ師岡)に話を聞くが、田中は現場近くの停留所からは誰も乗せていないと言う。

健人と美咲(吉瀬美智子)は、被害者の共通点がバスの路線であると気づく。被害女性は全員同じ路線のバスに乗っており、殺害現場も路線の近くだった。健人は、大山に追いかけられてバスに乗り込んだ犯人が、口封じのために乗客2人を殺害したのではないかと考える。

健人と美咲はバスの運転手・田中に会いに行くが、田中は既にバス会社を退職していた。田中と親しい八代英子(真瀬樹里)の家を訪ねると、英子は部屋の中で手足を拘束されて殺されていた。

中本(渡部篤郎)は、健人ら未解決班が捜査を再開したせいで犯行が再開されたと危惧し、未解決班を捜査から外すよう命じる。

健人は、無線で繋がった大山に次の被害者が北野みどり(佐久間由衣)であることを伝え、遺体発見現場を教える。みどりは大山の顔なじみだった。大山はみどりを助けるため現場へ向かう。

登場人物はこちら

「シグナル 長期未解決事件捜査班」シグナル 長期未解決事件捜査班|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・原作

第3話の感想(ネタバレ有)

ありえない状況に戸惑う主人公

大山に事件の情報を教えたせいで過去が変わった、と頭では理解している主人公。でも、無線機が1997年と繋がっていることは、どうしても信じられない様子。そりゃそうか。

見てる側としては「過去と繋がってんのよ! 大山は1997年にいるのよっ!」って教えたくてムズムズするけど、無線に向かって「からかってんのか?」と怒り出す主人公の反応が普通かも。

米ドラマでは、主人公がワールドシリーズの結果を教えるんですよね。(お約束)。で、過去にいる父親が、秘密の場所(主人公と父親しか知らない)に自分の写真を埋める。

主人公は、死んだ父親と同じ名前を名乗る無線機の相手を怪しみつつ、言われた通りに秘密の場所を掘り起こす。すると、20年前に埋められたボロボロの写真が出てくる。このシーンはけっこう感動的でした。

設定は似てるけど、米ドラマとこのドラマとはストーリー展開が全然違うので、この場面はなさそうですね。ちょっと残念。

でも、今のところ、ストーリーはこっちのほうが面白いです。

誤認逮捕で死んだ木村くんが不憫で…

ちょっとわかりにくかったけど、誤認逮捕は、もともとはなかったんだよね?

健人と大山が無線機で繋がったことで、大山が木村っていう大学生を誤認逮捕して、あげくショック死させちゃったんですよね? 気の毒すぎない?

大山も健人も意外とけろっとしてたけど、自分たちが殺したも同然なのに。もうちょっと落ち込んでもいいのでは。

大山は5人目の被害者を救ったし、だからこそ健人は美咲に「過去を変えれば未来も変わる。それがいい方向に変わるとは限らないでしょ」と言ったんだろうけど…。

なんか木村君があまりにも不憫で、同情せずにはいられなかったです

バス運転手は犯人を知っている?

バス運転手がめちゃくちゃ怪しいけど、犯人ではなさそうだなぁ。

バスを運転してたのなら、乗客を尾行するなんて不可能だし。でも犯行には関わってそうですよね。犯人を知っていてかばっているか、もしくは共犯か。

殺された八代英子って女性も何か知ってるふうだったけど。

健人がプロファイリングした犯人像は、「女性との交際経験がない20代前半の男性(現在40代前半)」でした。ありきたりだけど田中の息子かなぁ。

無線機がもっと繋がればいいのに

次の被害者・北野みどりと大山って、どういう関係なんだろう? 行きつけのラーメン店の店員ってだけ?

わたしはてっきり、みどりが昔ヤンチャしてて大山に世話になったっていう、刑事もののよくあるパターンのやつかと思ったよ(※チェインストーリー見たらそのパターン+みどりの片想いっぽい)

どうやら、2話分で1件の未解決事件を解決するという進み方のようですね。

それはいいんだけど、肝心の大山をめぐる謎や、主人公の兄の事件のほうがいっこうに明らかにされないので、ちょっとモヤモヤします。

とりあえず無線がもっと頻繁に、長く繋がってくれればいいのになぁ~と思う。